平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS それこそクオヴァデイスとか・・・。

<<   作成日時 : 2006/05/02 15:12   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 長年にわたる友達がほとんどいない私にとって(時代で変わるタイプ。この点について大変深く考えた時期もありましたが、考えてもどうしようもないよーな気がしてきて、現在は棚上げ中)、超!貴重(←ライム)な2人の友人と、日曜日に会いました。
 一人は、遠方より新幹線に乗って東京シティーにきて、なんちゃらかんちゃらとかいうワークショップを受けるということで、その授業ののち連絡をよこすそうで、
 もう一人は比較的頻繁に会える仲(渋谷区在住)なので、昼過ぎからその子と落ち合い、だらだらべらべら喋っておいて、遠方より来る友人からの連絡を待って合流だ!!、とゆー計画です。
 2時過ぎに、渋谷でまず友人Aと待ち合わせしたんですが、前日、彼女は結婚式と二次会とさらに別の飲み会だったとかで今朝は何も食べていないらしく、おなかが減った減った減った〜〜とかなんとかいって「かわゆいカフェじゃないとイヤ!!」みたいな私と10分ほど対立。いつものことです。
 種別すると、明らかに、私はドリーミィさんで、彼女は超がつくほどの現実派、ってやつです。考えてみりゃ、初対面からそーでした。
 ってか、なんちゅうのかな〜〜、そういうところ含めて!!合うんだよなーーーーー不思議と。てゆーか、私は彼女のそんな部分をわけてもすごく好きだったりしてね〜〜!!てへ!。ないものねだり??・・・ぽんぽん叱られて、のろまだドジだイライラする!とかいわれても〜〜ニコニコついていっちゃう私なのです。そしてそのまま長い年月が流れて・・・今に至る、と。
 で、両者折り合いをつけ(てゆーより私がごねて)、表参道のmaduにいき〜、彼女は軽くのほーがいいんだよなあといいながら、大変に甘そうなフレンチトーストをがつがつ食べ、お互いの近況報告をしあいました。いいね〜やっぱり女子話最高!!
 というよりも。女子を超えて、途中からはとある男子の話でかなりの毒舌家に二人とも大変身!!でした。でもアタシもひどいと思ってたからさあ!!ノってくれてありがたかったよ!わが意を得たり!!。私は間違ってなかった!と思ったもん。
 女てのはもともと優しくされたい生き物ですが、特に私は優しくない人がダメなのです!!。褒めて!!とかじゃなくて(いや褒められたいけどさあ)子供や老人や犬猫などを粗末に扱う人や、礼儀をわきまえていない人ってのが、ほんと〜〜にダメ!!どんなに整った容貌でもどんなに整った条件でも。
 他人の前では明るく振舞うがけっこう傷は深く、なかなか癒えないタイプの自分を、こーやってちゃんとわかってくれる古い友人っていいな〜〜〜〜〜〜!!!!と思いつつ、友人のバカ部下(およびバカ上層部)へのものすごい罵詈雑言を聞いたり(働く業種が全く違うのでよくわからないことだらけなのだが、しっかりモノにはバカがつくというのか、彼女がしっかりしている分いつも周囲にはキテる人が多いようで・・・)、あとはラブハンターの彼女の現在のお相手やらその進度やらを拝聴(!!)したりなどするうちに、あっという間に日は暮れてゆきました。
 さあ、ここらで東京駅から実家に帰る友人Bを迎えるために、有楽町方向に移動です!。
 って、あんまりとんとん拍子にはいかなかったのですが、その一時間後くらいにはマリオンでBも含めて3人揃って「ひさしぶり〜〜〜!!!」「今回は何泊なの??」「金曜日から来てるんだよね〜〜」とか言い合うことができまして、良かった良かった。
 友人Bは9時くらいの新幹線に乗りたいとゆーことで、即座に夕飯だ!!それからお酒だ!!ちゅうことになり・・・来月いくらしーのにタイ料理を食べたがる(よっぽど好きなんだね。タイかベトナムしか食べたくない!とかほんとによく言うし)友人Aの気持ちを汲んで、タイ料理屋へ。
 そこで、友人Bの詳細な近況(メールとかではやりとりしきれなかった心模様などを)を聞いたり、実は手相を見られるBにAと二人で見てもらったり(←これも恒例。女子っぽいね〜〜)お互いの憂さみたいなものを口にすることではらしたりなどして・・・うお〜〜〜〜っという間に時間は過ぎてしまいました。
 名残おしいな〜〜〜おしいね〜〜〜といいながら、JR有楽町駅までBを見送りに行って、ほんと、時間がもっともっともっとあればいいのにね〜〜といいながらしばしのサヨナラを。
 ・・・まとめると、みんな何かを学んだり習ったりするのが好きなんだなあ、って話でしたね。平均すると3つくらいやってるからね、習い事。これがOLの生きる道なのかね??っていうかBは留学までしちゃうそうですから。これから。しかも来年あたりとかから。壮大すぎないか??? 一生勉強ってことでしょうか? 松陰先生も喜ばれているといいのだが・・・・。
 何かを持て余したり、足が止まったりしたときに、スローなあれやこれや方面に行く人は私の友達だけに!あまりいなくて、お稽古事なんだなあと!!そっちに行くんだね!!みたいに思いましたよとにかく。
 ・・・・自分を勿論含めて、激しくそう思った日でもあった。女子の落ち着き先ってどこなのか、何なのか。などと果てしないことを考えたり考えなかったり。
 そんで、タイ料理屋のメニューは全て忘れた。そーゆうの書かないとブログっぽくないんですよね。すみません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
それこそクオヴァデイスとか・・・。 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる