平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京砂漠のトイレ並みの部屋たち。

<<   作成日時 : 2006/07/17 09:41   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 おはようございます。
 連休でも早起き(今日は6時半。寝たのは2時なのに。もー眠る体力もないのか・・・)の私です。
 今日は雨みたいですが、これからどうしようか・・・はっきりいってやることが多すぎて(問題山積)・・・とりあえずは逃避で(これ必要ですよね!!!)日記書いたり、mixiやったり、珈琲いれたり(豆から挽くと全然違うわ〜〜→にわかミルユーザーならではのゆるい感想)などしつつーーー。
 午後からの自分をどーしよーか考えてみます。
 
 土曜日は、物件を見に行ってみました。物件、って建物(まー駐車場とか土地も指すのはわかるけど)だけかと思ってたら、違うんっすね。このバヤイ、賃貸物件(都内格安、激せまボロ)を言い表しております。私は。
 今自分が住んでいる私鉄沿線のよりいっそう都心より(にしないと会社に近づかないので家賃を払う意味もないし、意気もあがらない)のとある駅で、アパート三つ。
 この日、一番驚いたのは、なんとお門違いなことに!不動産屋のお姉ちゃんのあまりの運転の上手さでした。
 あたしね〜〜あまりにも!完璧なペーパードライバーなので、だからこそちゃんとゴールドで。素で、バスの運転手さんとかすごいな〜〜とか、ちゃんと高速道路に入れる人とかすごいな〜〜とか(めっちゃ低レベル)運転関係については、「できるだけでリスペクト」なんですね。
 そんな運転方面にはいたってハードルの低い私ではありますが、この不動産屋のおねーちゃんは、ただ事ではないうまさだったね!!
 あの都内でも有数の入り組んだ住宅街(潮田さんだったらひとしきり語るところ。あっちの地区ではないですが・・・)でびゅんびゅん走り、しゃきーんとミラー引っ込めたりして、ぐいぐい進む・・・彼女は将来タクシードライバーになるといいよ!!と思った(人の人生より自分の人生を考えたほうがいいですね・・・・)。無駄口をたたかないけれども、言うことは言い、なにしろ、運転が上手、言わせてもらえば!しつこいよーですが、タクシードライバー向きの彼女でした。
 さて。肝心の物件の感想ですが、
●一つ目 ここがu的には一番広かったんですが、もーなんつうか・・、「ここに入るの?ひとが??住む??」というくらいのショックな物件でした。狭くて古くて、なんだろう、神田川かなあ・・・でも神田川的な町じゃないのに神田川もどうか・・・それでもけっこう家賃はするんだよね・・・呆然としつつ、ベコベコ(プロレスラーだったら一発で蹴破れそう)のドアをソウソウに閉めて、退散。
●二つ目 これはいろいろな意味で、今日の中では一番いいかもーーーーーーとゆうところだったんですが、いかんせんまだ人が住んでらっしゃるところなので、内見はできず、外から眺めました。見た目はまあまあですが(それにしても築20年ですから別にきれいとかじゃない)、
 なによりも、車での走行距離を考えただけで駅からの遠さ(公称10分ですが、絶対無理!!15分でもアタシだったら早足かな〜〜くらいの)に気持ちも遠くなりかけました。
 でも住環境は良!!です。運転のうまい女性不動産屋が言うには「芸能人が一杯住んでる」そうです。そーゆうアレでその気になりそうな人間ぽくみえるのかなー私は・・・と一瞬ぼんやりした。
●三つ目 これは二つ目の部屋と全く同じ間取りで、4年くらい古い物件。駅からは一番近いです。徒歩4分だって。
 でも・・・私が一番気になったのは両隣が若者男子の様子で(チャリンコとかでわかった。学生かも。20代前半ぽい趣味。)その隣の人と〜〜ほんとに手がつなげそうなくらいの近さの洗濯物干し場・・・
 私だってバカじゃないから下着を外に干すつもりはまったくないですが、スカートだってタオルだってTシャツだって手を伸ばせば盗まれるよーな距離って・・・しかも若者は夜中もうるさいに決まってるし・・・(知人が隣にブランキーを熱唱withギターつー若者が住んでて辟易した話を聞いていたので、若者男子はいやなんだよね!!私!! いやなら女子専用のオートロックにでも住めヨ!!といわれちゃおしまいなんですが。あと毎日彼女連れ込まれていろいろな意味でやかましくなるのもいやだし、昨日聞いた壮絶な友人の経験話(隣の男性の元彼女がらみの小事件)とかきいて・・・ますます、男子の若者はなあ〜〜と言う気持ちは高まるばかりで・・・

 まーなんですね、私としては二つ目が一番気に入りましたので(この日のなかでは)、昨日駅から自分の足で歩いてみましたよ。そーいうあれで。
 大体20分近くかかりました・・・。でもほんとにいいところ!!辺りの雰囲気は住宅地育ちの私には超マッチします!!ただコワイかな〜〜。すごい静かな住宅地とか公園の脇をただただもくもくと歩かないといけないからねえ・・・なにがあっても不思議じゃない道のりでした。
 でも、基本、スーパーお家っこで、こもって週末暮らすことを考えたら電車が見えたりするよりもここのほーがいいかなーと思ったりとか(週一で通ってるでかい図書館も自転車で10分かからない、ここからだったら)。犬の散歩とかもいっぱいしてて犬不足にも対応できそうだし。
 でも決定打ではないので、まだ探し続けますよ〜〜〜。よっしゃ!!
 
 ・・・・そんで、昨日は一人暮らし経験者(両方まだ賃貸継続中)の二人のお友達に話をいろいろ聞いたりしておもしろかったれすーーーー。
 その二人は乙女美学校のクラスメイト、というか班の人たちなのですが、その学校の授業が昨日ありまして〜〜、
 そっちの詳細は、一杯書きたいことがあるので、また後日書きます。
 そろそろ仕事にとりかからないといけないから!!(主に荷造りと、内見申し込みなど)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは〜。こちらではお初にお目にかかります。
運命(?)の物件にめぐり合えるのを、柱の影から見守っております。
杉浦さやかさんがこちら[http://www.shodensha.co.jp/essay/index.html]で、引越しにまつわるエッセイを書いておられます。
おもしろいし参考になることもあるかも。既にご存知でしたら御免なさい。
引越し先は、まきさんのなじみの薄い中央線沿線なんですけどね。
ちなみに杉浦さんが頼んだ引越し業者は私もお勧め!
(実家からの引越しだから業者は頼まないかもれませんが…)


きゅう
2006/07/18 15:24
 うわーきゅうさんありがとう〜〜。
 実際の友達でも、こーやって広がっていくとお友達が増えたみたいで嬉しいわ!
 先日聞いたきゅうさんの一人暮らしばなし(とゆーかどっちかというと妹さんとのステキ関係のほーが心に残ったけど)もとても楽しかった。今、一人暮らし(賃貸)の人と会うと、部屋の話ばっかり聞いてしまって多分ウザがられている私であります。

 杉浦さんのはお気に入りに入れたよーーーさんきゅー。ちょくちょく読んでいきます。あの人の、オリーブなんだけどクール!みたいなところいいよねー。あまあまじゃないっていうか。きゅうさん好きそうーーー。てゆーか、多分みんな好きそう(笑)。
まき。
2006/07/18 17:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京砂漠のトイレ並みの部屋たち。 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる