平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS わが人生はレディメイドか オーダーメイドか?

<<   作成日時 : 2006/10/16 15:24   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 あと二回。
 と、地球滅亡の日までのカウントダウンのよーな気持ち(ヤマトよ永遠に・・・といいつつ、私は999のほーが好きですが。メーテルファンなもので。松本零士モノは全体的に好物ですけども。ハーロックもけっこうタイプだし! ハーロックといえば、後輩に「男はハーロック!」てことでハーロックを目標に生きている男子がいておもしろかった。わかるけどさ〜〜その気持ち!そして、そんな私は前職の上役に「ピノコに似ている!」と仕事中に突然言われた思い出もあったんでした。アニメ方面はなんだかまるで詳しくないですけどね。)、を抱えながら〜〜、
 日曜日は乙女の美学校でした。あと二回。あと二回だよ・・・(自分に言い聞かせるように)。
 テーマは「身の回りのものをオーダーする」です。
 授業内で、自分の名前入り!の・・・・各々用紙を選び、罫もフォントも決め、デザインも選んで!!便箋を作るんですよーーー。って、マッキーか!!!!(クララ白書参照。知らない人はもーいーです!)。贅沢・・・・てゆーか、乙女・・・・
 オーダーメイド。 それはなんて素敵な響き。私はレディメイドも好きですが。あの、アレの効果ではなく(それもあるけど)、オートクチュールもプレタポルテも素敵じゃなーい?みたいなことで、単語として好きです。どれもこれも。
 先生も例に出しておられましたが、オーダーメイドつって女子の心に最初に閃くのはあれでしょあれ、向田邦子さんのお姿!!いまや写真でしか見られない、しーかーしーどんな女優さんよりもある意味で輝いておられる職業婦人のイメージトレーニングにいまだ欠かせない(長い説明)あの女性の!スーツとかワンピースとか(ひらひらじゃなくてちゃんと仕事する人のそれね)・・・とにかくあの感じ!!
 あれこそ!婦女子改め妙齢の乙女、にとって「オーダーメイド」の究極の形なのではなかろうか。素敵だわーー。何度でも思う。素敵ですよ。
 あの人があんなに美人ではなくて、スタイルもセンスも悪かったらこんなに人気は出なかったはずですが。美人で仕事が出来る→仕事が出来る→美人→仕事「は」出来る→どっちもこうなんつーか・・・(以下略) てーのが職業婦人のランキングだと思ったりするので、通常。
 て。そんなことはともかく。今回の授業は時間配分もゆったりめだったので、私としては大好物の「先生の毒舌交じり談話」がたくさん聞けて、幸福でした。
テーマに沿って、私の心に残ったことを挙げてみると
● 仕事はイヤイヤやっちゃいかん
● 職人さんと密になると とてもよい
● ヘタなセレクトショップのシャツよりもオーダーするほうがずっと よい
● 良い靴を履くと (靴が)良いところに連れて行ってくれる
 てなところだったでしょうか。
 高度に成熟した資本主義社会に生きる我々は、すべからく、かごに乗る人鬻ぐ人そのまた草鞋を作る人 とゆー原理に則り、誰かにとっては お客 誰かにとっては 下請け として労働することばかりですよね。そんで、片方の、お客さんに気に入られるように努力する方向ならば、バイトでも新卒でも「やらなきゃいかんだろう!仕事だから」と納得して目配りする範囲ですが・・・下請け側はね、そっちは案外ぞんざいになってしまったりするもので。
 しかし!下請け側に愛される、そーれーをー実践できたら! どんなに良いことが生まれるか(&そのコツ)みたいなことも教えてくださった今回の先生でした。
 わかるなーーーと思った。モノって一人では作れないですからね。どんなに稀有な才能に溢れた芸術家でも、一人でできることって実はあまりなくて、結局「この人のために一肌脱ぐか!」つー気持ちにさせることが大成の秘訣だと思うし。それは媚とかじゃなく「内面で愛されるか才能で惹きつけるか(外面もありだが)」ってことで、あんまり努力とかと違う感じなんですけども、
 とにかく、モノを頼むほうにも愛されることに人生が幸福に進行することの大事な要素が存在するってのに一票!の私としては、さすがにいいことを言うなーーとひたすら感心いたしました。それが、一つ目と二つ目の私の感想です。
 三つ目についても、実は私はそう思っていました。齢30を(随分)過ぎたことだし、私もちゃんとしたテーラーでウエストぴったりのジャンパースカートとか作りたいもんだなーーとかって。生地持込で。採寸とか髪をアップにしてやってみたい〜〜★って(妄想。アップどころか実物はクビ出てますけども私は。でもオードリーっぽく、ほら〜〜!←バカ)、
 それから、4つ目。これは良い靴を履いていると良い殿方とめぐり合えて良いところにエスコートしていただける、ということではなく〜〜「その靴が」てところが!!ミソ。素敵な話じゃないですか〜〜? うっとりしましたよ、聞いてて。サボは「良い靴」ではないと思うので「耳が痛い」のも多いにありますが、女子って真剣に!そうあるべきだと私は思います。身だしなみをきちんとして、良いものを身につけていると、それらが幸せに導いてくれる、はず。異性じゃなくて。
 おーー気合がいるなーーーー!!でも、爽やかな気合ですからね。頑張ってゆきたい。私も。せっかく学んでいる乙女道であるからして!!全く進歩してない疑惑は多々あれども、千里の道も一歩から。少しでも。あの高みを目指して!!(自衛隊のポスターみたいな角度と笑顔で)

 そんで、授業の話がこんだけ長くなってあれなんですが。この日のお茶当番はスミレ班と我が班でしてーー。日記なんつったら、本来、ここんところをこそ!!凄――く詳しく苦労話やアッと驚くアイデアも含め、懇々と書きつめてゆきたいところなんですがー。
 すみません。今回は私はお茶当番としては無に等しい働きぶりだったもんで、あんまりえらそうに書きたくなくて〜〜〜勝手に簡略に済ませます。
 おいしい〜〜(本当においしかった)お菓子をチョイスしてくれた班長!秋の始まりに相応しいアールグレイベースの紅茶を選んでくれた、のみならずイガ付栗まで用意してくれたR子さん!!それから、レースペーパーにゴム版のリスと木(これ実の部分もハンコなのよーー!←乙女たちへメッセージ)をつけたりとか〜〜種をテトラパック型に詰めて縫ったりもしたTちん(なに言ってるかわからなくてけっこうです。学外の方には)とか、お菓子を手作りしてくださったりヘーゼルナッツを準備してくださったりしたスミレのNさん、フウセンカズラの種(超かわいい、ハート型なんですよ!!自然ってなんてチャーミングでミラクル!)を用意してくださったりなんだりかんだり、いろいろしてくださった素敵なみなさん・・・スミレ班の方々も我がたんぽぽ班の班員も、みな佳き(働きものの)乙女たちなので、全員漏れなく幸せになることでしょう(すごいまとめ。でも愛をこめてです!ほんとに!)!!

 で、授業のあとには目白のパンのおいし〜〜い(ここはホントに素敵なところで、毎月行ければ行っている。行けないときは満席のとき・・・)長居のできる(ここも重要!)カフェで班長とTさんとR子さんとご飯食べてかなり喋りまくりました。
 マジな学生時代はほんとにもーシャレにならないくらいでしたが、私は、授業そのものよりも「数少ない(私は友人を多く必要としない。とゆーかできない、タイプ)友達を作る」こと、と「放課後だらだら喋る」ほうに女学生としての歓びを見出すタイプで、この年になっても!この乙女学校でも!!そのよーにして明け暮れる予定です。
 ああ、充実した「放課後」だったことよ・・・今月も・・・(うっとり&疲労、で遠い目)
 社員旅行(海外だって!景気いいね!!)で足に負傷し、外人医師の大雑把な応対に遭遇したR子さんや、もはややむなくどうしようもないほど仕事に生きている現在のTさんと・・・乙女だったりバカだったり単におもしろおかしかったりする話に花を咲かせました。楽しかったーーーーー。
 そんでそんで、勿論いろいろな話から、溜息が出たり、生きることの厳しさ・感慨も覚えずにいられなかった!!!(女子トークの行き着くところは、常にけっこうそこだ)。
 私が独自に救われたのは、Tさんの「私も毎週帰ってるよー。実家」てセリフでしたが。
 あと、そうじゃないかな〜〜??と薄々自分でも思ってはいましたが、「まき。さんいろいろありすぎるよー。普通そんないっぺんに集中しないって!」と言われて、「そうだよなあ!」とちょっと安堵したりしなかったり。
 この調子で一人暮らしをしている間中ずっと事件まみれだったら、とうてい長生きできないもん。私!薄い時期も希望切望!!です。今、心から。
 2006年内レベルで、もーこのくらいでけっこうですから、といいたい。神様といわれるものが存在するならば、それに。11,12月は無事に過ぎればそれでいい!!ほ・ん・き・で!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
わが人生はレディメイドか オーダーメイドか? 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる