平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS 新宿で、また物語が生まれた(大げさ)。

<<   作成日時 : 2006/11/04 12:56   >>

トラックバック 0 / コメント 5

 どーーー考えても、2006年は、私史上、新宿を訪れた数がダントツ一番多い年だことよなあ〜〜!!と、
 昨日、何年ぶりだろつーー記憶も定かでないくらいのインターバルをあけてー、伊勢丹詣でをして、思いました。 高校のとき以来かも。こんなに来るの。
 世界中の大都会がそうですが、複数のカルチエを内包する街の場合、自分が得意とする雰囲気の場所以外の区域で〜〜人は活動をしないことが多い。観光客を除いてですが。
 東京もしかり。誰だってあるはずだ。なんだかんだ言いながら(みんなちょっと悪口は言う。カワイさあまって、ての?)〜〜、渋谷だーとか新宿だろーとか銀座でしょーとか下北沢さーとか吉祥寺がーとか。
 そのアレでいきまして、私が都内で一番使わないのは大昔から池袋です。シンプルに嫌いだから。そして、遠いから。上野あたりのことははっきりいって視野に入ってないので俎上にもあげん。
 東京城南部、そしてそこに隣接する川崎北部(東急東横線や東急田園都市線の川ぎりぎりの街)の住民の方で、好きだからもーついつい行っちゃうんだよねーーなんつって池袋に行く酔狂な人はまずいません。遠いからね。そして、あまりにもこっちと雰囲気が違うから!!
 池袋のほうが好きな方はとっくに池袋のほうに住んでらっしゃるでしょうしーーー。
 というところで。そんなブクロ(この下品な言い方!)と大差はつきますが、これまた私が育ったり現在住んだりしているところから、傾向としてかなり「遠く」感じられる町、それが新宿です。
 30分足らずでついちゃうんですが(特に今の部屋からは)なんかねーーー映画でも買い物でも渋谷があるし。てゆーか、歩いて代官山に行けばいいし!!!なんのために高い家賃を払ってんだって話になるでしょう???使わないとさあ。このへんを。

 それが。そんな、ある意味頑固に曲がりくねった(とゆーよりオリーブ育ちの結局直球単細胞ともいえるのかしら・・・)私の出かけ先選択観が、こんなにも変わった一年もなかったことよのう!!って話です。
 半年に一回だって新宿になんぞに出かけなかったこの私が、正確に数えちゃいませんが、月に3回くらい行ったりしてるからね今年は。
 アウェー感は相変わらずですが。山手線の乗り換えが遠くてうんざりするし。人が多いし。(渋谷も多いけどさ)

 ってまた枕が長くなっても、まるで日記ではなくなってきそうなので〜〜、本題。
 昨日は、上京してきた友人と、都内在住の友人(引っ越して練馬区民になったばかり。以前渋谷区民だったときのざっと3割り増しくらいいい部屋に住んでいるそうです)と、ご飯を食べました。
 都内在住の友人のほうが、仕事の都合で9時すぎないと新宿にこれないということだったので、上京友人と夕方からお茶しながら、かなりもー語って、体があったまったころに、
 超!!ごっきげんな3人目の友人が登場〜〜〜〜〜!!!!
 これでご機嫌じゃなくいられるかいってのおい!ってくらいに、
 彼女(えーと、練馬のほうね)は、今!!結婚を前提に〜〜〜男子とーーー一緒に暮らし始めたばかりだってことなんでした。
 しかも驚愕!!!! 昨日知ったんですけど、相手の男性は24歳だそうです!!!
 24歳・・・・あまりにも大変な衝撃のその数字に、口あんぐりです。残りの二人とも。
 28くらいだったら全然アリだと思うんだけど、でも・・・その子ったらその前の彼氏は22歳だったしね〜〜〜。
 「オッサンはいやなの。若くてかわいい顔をしていないといやなの!!!」
 と、性別が逆なのでは?みたいなことをずーーーーーっと言っていた彼女。
 結婚したいような年齢になって「もう我慢する。普通の人で気が合えば多少年取っててもゆるす」と傲慢なんだかよくわからない決意をして久しかった彼女(そのあとの彼氏もみんな20代・・・かと思うと、子供もいる45歳の方と不倫とか・・・)とかいいつつ、平気で偉い年下の男子とばかりつきあってきた彼女・・・そんでいろいろな目に遭ったりもしていた彼女・・・
 都会の女性の年下好き(あるいは都会の男子の年上好き)は去年一昨年から始まったことじゃありませんが、夢って、あきらめなければ意外とかなうものなんだなーーーーーーと半分呆れてますが、感動しました。
 てゆーか、異性の好み、ね。意外引っ込めなくてもいいのかもよーーー。全国の独身のみなさん!!(あまりに無理なことを願っている人は自分が悪いのであきらめてもらわないといけませんが)
 もちろん24歳の男子に稼ぎがロクにあるわけもなく、毎日千円とかあげて、完全に友達がママっぷりを発揮して暮らしてるようですが、その子はそれがすごい合うっていうか。
 仕切られたりするよりも「バカねえーー」「ほら掃除して!」とかいったりするほうが、彼女も自然なんだよね。ずーーーーーっとそうだったからね。
 も・の・す・ご・く!!安定して幸せそうでした。経済とかじゃなくて、やっぱり、その前に相性ですね。愛し愛され生きているのを目の前で見るのはいーもんだなーーーーーー。特に友達のそれはね。
 酒井順子さんも言ってらっしゃいましたけど、負け犬てゆーのは意外に「先に嫁ぐ」友達には寛大ですよね。普通に「よかったねーーーー」って思うものです。
 そのへん男性は邪推するかもしれませんが、そんなことないよ。真剣にそんなことない。
 だってつまんないつまんないって言い合ってる集団にいるなんて反吐がでるじゃん!!いい話なんてあったほうがいいじゃん!!!!
 あと、個人的に結婚してて文句ばっかり言ってる人のそばにも行きたくないので、できれば結婚後も幸せ(というかしてもらうじゃなくて、自分でわかってて幸せにしていく覚悟のある人)であってほしいです。特に友達には。
 大人になってからの結婚っていいなーーと、彼女のいろいろ打ち明け話をききながら超!!思った。
 器が大きくて、過度に相手に期待せず、ちゃんと働き者が多いので、大人の女性はいいですよーーーーー!!!(宣伝)、とここではいっておきましょう。

 それからは、お約束で「職場の困ったちゃん」の話に花が咲いたりして、あっという間に終電でした。ザ女子トーク!!!
 そして、このくらい大人になると、とっとと結婚して今までまったく働かずに「働いている人ってかわいそう」くらいに言ってた人が仕事を再開したがってイラつく、つーよーな内田春菊ぽい毒舌も残りの二人の口からは飽かず飛び出していました。
 私が働いてきた会社(てゆーか業種)ではそんなご婦人はあんまりいなかったので、救われてるかもしれませんね。

 とりあえず、たいへんに文化の日ぽかったね!!(どこが) 昨日は。
 おめでとう!!友達!!! 理想のタイプ(年下で、なついてくれて、でも「ちゃん」とかで呼んでくれて、借金のない人(貧乏でも)を手に入れて!!お幸せにーーーー!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
新宿は歩いて15分です(笑)
池袋は呪われてるというか病んでる感じがしてあまり行きません。プチ埼玉ですね。あそこは。
そういえば一年くらい前に池袋で阿部サダヲとすれ違いました。
100thing
2006/11/05 02:04
 だって、新宿高層ビル郡が窓から見えるんでしょーーー100thingさんち!かっこEEEEEEEEE!!! トレンディドラマみたいですよね。昔の。
 池袋はなんだかもー磁場ってゆーか、なにもかもが苦手ですね。呪いとかそーゆうのに弱い私ですら、どうかと思うようなアレが漂ってますからねー。
 練馬区に引っ越した友人でも!!買い物は新宿でしているそうです。

 猫田は見てみたいなー。至近で。すごーく目がキレイだって話を聞いたことがあるので。それから彼のトークの種類が好きなんですよーー。視点?てゆか展開??
まき。
2006/11/05 09:10
池袋嫌いは前にも意見の一致を確認した事があったよね〜。サンシャイン60の寂れた感じ、グレーな街中、床面積の広過ぎるデパートなどがダメ。でも一歩離れて町探検の気分で市電の辺りを散歩するのは結構楽しいんだけどね。やっぱり自分が普段使っている電車の終着駅が一番親しみが湧くものなんだよね、きっと。まき。さんの場合は新宿は終着駅じゃないものね。

お友達は好み通りの人と落ち着く所に落ち着いた感じで良かったね〜。
弥生
2006/11/08 22:00
池袋嫌いは前にも意見の一致を確認した事があったよね〜。サンシャイン60の寂れた感じ、グレーな街中、床面積の広過ぎるデパートなどがダメ。でも一歩離れて町探検の気分で市電の辺りを散歩するのは結構楽しいんだけどね。やっぱり自分が普段使っている電車の終着駅が一番親しみが湧くものなんだよね、きっと。まき。さんの場合は新宿は終着駅じゃないものね。

お友達は好み通りの人と落ち着く所に落ち着いた感じで良かったね〜。
弥生
2006/11/08 22:04
 そーそー。わたしたちの出会いの場もそれぞれの路線の終着駅「渋谷」だったもんね〜〜〜。
 弥生さんが当時住んでいた杉並区もそうだけど、池袋には乗り換えなきゃいけないわけで、乗り換えてまでいきたいか?つーと否!!つー。

 そんで、人間もあるよねー。性別問わず。その人の善悪というよりは、自分にとって、その人がしっくりいくかいかないか。
 私は、24歳で甘えてくる感じの男子とかってどー扱っていいか想像もできないけど、友達にとっては趣味ど真ん中!!でなによりでした。幸せそうだったのが友達としてとても嬉しかった。
 付き合い始め(うまくいき始め)の女子ってかわいーなーって思いました。あやかりたい!!
まき。
2006/11/09 13:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
新宿で、また物語が生まれた(大げさ)。 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる