平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS 公園は、屋外にある喫茶店って感じ? なのかもー。

<<   作成日時 : 2006/12/30 10:51   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 ヤバイ!! と思いながら、昨日はECDの「失点イン・ザ・パーク」を読みました。ほんとは大掃除とかー年賀状書いたりとかーしなきゃいけなかったんだけど。
 それどころじゃないわよ、これちょっとすごくない???!!って気持ちで。
 石田さんとは性別も違うし年齢も違うし、何よりも私はラッパーじゃないし(笑うところ)何もかも全くかぶらないばかりか、あの人はやけに怖いのでちょっと嫌い寄り〜〜くらいの気持ちなんですが(なんかの媒体でA.K.Iのことをこてんぱんに言ってたときとか・・・A.K.Iの大ファンとかじゃない私ですら「・・・・」と思ったし、こーゆう人って敵に回したらおっかねーーーとか、近所に住みたくないタイプだなーー、とか思った覚えもある)、
 なんなんでしょうね。この胸に迫る感じは。
 一体全体なに言ってんだか理解できない人もいっぱいいるだろう内容のこういう本を出す出版社もすごいが、確実にある一定の人にはこれはぐっとくると思うなあ・・・
 しかもアレだからね、「よーし頑張るゾ〜〜!!」って方向にじゃなくて、落ちたままだから。読後も。書いたほうも読んだほうも。

 一人で何かを表現して(この場合は音楽だけど)、食べていくのは、やっていることのレベルに関係なく、難しい。 てゆー、まとめればそういう話(現実)なのかもしれないけど、
 私がむしろ感心したのは、その描写力でした。力ってゆうか、なんだ、描写方法??
 移動中の住宅街、沿道、飛んでゆく鳥、すれ違う人たち、自分の足元、広がる青空、坂を上りきったところでいきなり広がる風景・・・そういうのを淡々とたたみかけるように書き綴ってるだけなんだけど(しかもずーーーーっとダウナー)、それがまた激しく上手で、感情を織り交ぜないのに伝わる分量が半端じゃない感じでした。
 詞(リリック)とか書く人ってのは、やはりすごいみたいです。と、思い知らされる力量だ。
 あと、東京で、好きなことと生活の収入を得られる仕事が違う分野で・・・(彼の場合それを選んでいるわけだけど)「ただ生存していくだけだって」中年以降になると・・・こんだけ厳しいのかーーーーーーと思うと、ずしーんと来すぎて、言葉に出来ない(オフコース→ふざけただけです)・・・とかも思った。
 てんで明るくない内容なんですが、読み終わって感じるのは決して絶望じゃなくて、もうなんでもいいんだなーみたいな。いろんなこともあるし、誰も関係ないし〜〜そゆことばかりなんだよなーって。やけくそじゃなくて、さっぱりするみたいな。そんな気持ちになりました。
 なんかさ〜〜。贅沢いってんじゃないんだから、どんな人にも、猫みたいに生きていける隙があればいいのにね。どっかしらにね。自分とか、自分の親しい人とか、ここまでの規模(いろいろな意味で)でオトナをやっている人はいないけど、勝ったり負けたり以前に、生きていくくらい生きていければいいのにーーーって思うことが多くて。
 人それぞれ。 っていうのが存在するのは言葉の世界だけなのかな??

 とゆーところで、いきなり話は変わって、公園つながりで。
 クリスマスイブにも自転車で世田谷公園に行った私は、かなり公園が好きなほーのようで。
 公園好きだねーって、10年くらい前に友達に何人か立て続けて言われるまで(誰と会うときでも、天気さえよければ公園に行きたがる人なのです私は。そんな性質のために、これといった公園がない下北沢には昔も今も全然愛情が持てない)、本人に自覚はまるでなかったんですが、そうなの、
 公園が好きなんです!!!私。
 都内にはたくさんの公園があって、そのときの気分とか季節で、お気に入りはどんどん書き換えられるんですが、普通に代々木公園とか新宿御苑とか井の頭公園もよいと思いますし、日比谷公園も世田谷公園も駒沢公園もいいと思いますし、西郷山公園とか松涛公園とか碑文谷公園とかの小さいやつも捨てがたい魅力があるし、等々力渓谷なんて、騙されたと思ってみんな一度行ってみるがいいよ!と言いたいほどです。
 そんな私の今年の公園納め?は駒沢公園でした。
 5年位前にはだいだい大好きだったけど、落ち着いたなーって感じ。もっと土っぽいところのほうが今の気分かもーーーー。やっぱりこれも加齢のなせる業なのかしらーー。
 とにかく、冬の公園はよいなーーー。ちょっと寒かったり向かい風だったりしてる中を、息白く吐いて、自分のスピードで歩くのがだいすきみたい。て、なんかすごい自分っぽいこと言ってるなーってつくづく思うけど。

 そんな具合に、公園で〆て、部屋に鍵をかけてーーー。現在は実家(東横線で里帰り)におりますです。
 実家の空気ってのも、なかなかいわく言いがたい感じがあっていいですね。アニが昔「実家の階段って目つぶってても下りれるよねーー」的なことを言ってて、そーゆう感じ。まさしく。
 インテリアとかめちゃくちゃだし、古いし、もう自分の家って感じしないんだけど、
 馴れ合ってて、安心できて、日当たりがよくて、使いたい放題で、真にだらけられる感じがたまらなーーーい。ネットも早いし(光!!)。テレビだけはまったく興味ないけど。こればっかりは実家に帰ってきても「ここぞとばかり!」て気持ちにならないわねーーー。もう全然いらない。
 て、呑気な感じで〜〜〜今年もあと一日ちょっとですってさーーー。そうかー。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
失点インザパーク!あれは洒落にならないですね。
人ごととは思えませんでした。。。。
もっと評価されていい作品だと思うんですけどね〜
100things
2006/12/30 13:23
 確かにシャレにならない!!マジで。くそー痛いなーーと思いつつ一気に読んでしまいました。淡々としてるから余計来るんですよねー。中野区中野・・のほうもやばかったです。私的には。
 お互いお酒は飲まないけど、何かに頼らないとあまりにも不安な立場ですからねーー。100thingsさん・・・
 自分自身とか自分の未来とかを見据えたくないから、何かに耽溺するって絶対あるし。ヒトゴトじゃないですよーって年末押し迫ったこの時期に、こんなことで気が合ってんのもなんですが。
 いい本だと思いましたーーー。売れたりはしなさそうだけど・・・
まき。
2006/12/30 18:39
私も公園好きです。パリに遊びに行っても小さな公園を地図で見つけては探訪しているの。ロンドンは世界の大都市の中ではたぶん一番公園やら広場などの緑地が多い街だと思います。前に遊びに来てくれた時はグリニッジ公園に行ったけど、この次にはまた他の公園に案内するよ〜。リージェンツ・パークのプリムローズ・ヒルとかハムステッド・ヒースのパーラメント・ヒルとか眺めが良くて最高。

実家は出てからそんなに日が経っていないのにもう自分の家って感じがしないのね。一度外に居場所が出来ると感じ方ってあっという間に変わるんだね。私の場合は実家も引っ越しをしたし、家具とか細かな家財道具は昔から使っているのもあるけれど私の部屋もないし完全に訪問先です。
弥生
2006/12/31 08:03
 弥生さん。ありがとう。そちらはやっと大晦日になったあたりねー。

 グリニッジ公園!!すごく楽しかった(廻りの木々や建物も素敵だったーー)。ロンドン、公園多いよねー。私もそういう印象があります。ガーデニング発祥?の国だからか、お庭もすごくきれいだしねーーー。
 ぜひぜひ、
>リージェンツ・パークのプリムローズ・ヒルとかハムステッド・ヒースのパーラメント・ヒルとか眺めが良くて最高。
 とかのあたりも今度遊びにいくときには案内してーー。
 そのころには今年生まれた坊やも歩けるようになったりしてんだろうなーーー。楽しみ。
 
 弥生さんの場合は青春時代を過ごした杉並区が一番「ふるさと」って感じなのかもねー。自分が外国に住んでいる間に実家が引っ越したらそれは「訪問先」だよね。それも楽しいけどねー。
 来年、何かの機会があって実物同士?でも会いたいわー。
まき。
2006/12/31 08:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
公園は、屋外にある喫茶店って感じ? なのかもー。 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる