平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS ノヴァとシーザーの話までできるとは。

<<   作成日時 : 2007/02/09 15:08   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 と。ま、そのようなワケでーー、前回バトンを渡してくださったやかもちさんからe-mailもいただきー。昨夜、お茶してご飯食べて喋ってきました。
 乙女学校の同窓生同士ではあれど、am/pmで違うクラスの私たちは、部活動をともにしたコトで知り合ったのです。だーかーらー顔と名前も一致するし会話したことだってあるしーー、
 要するに、気張らずー普通に「こんばんはー」でいいんですけどね。緊張とかはなく。や、ないけどー。
 「一対一で会ってから 全てを決める」信条の私としては、新しいステージへの第一歩ではありましたよなんだかね。

 説明的になりますが、そもそも彼女は去年の春あたりから、検索ワードでたどり着いたこの日記を〜〜〜私の名前や顔が判明しない状態で読んでくれていて、学校でも「どの人かしらーまき。さんてーー」と思ってくださっていたそうで、私にとって非常―――にありがたい人であったのです。
 いつかの登校途中、追い抜きざまに違う乙女に「・・・あの!日記!いつも読んでいます!!」とか言われたときも、いやあなた!お礼をいいたいのはこっちですよ!!と思いましたし、
 好き勝手書くヨ!つー初心は変わらなねど、あまりにも「岩に染み入る蝉の声」では寂しいじゃなーーい?? てのがやはり人情ですから。偶然の一回きりではなく、続けて日記を読んでくれる誰かさんの存在、というのはいつまでたっても光栄でーー。
 と同時に。 この日記の「私」が100%ナマの私でもまたないので(特に作ったり大げさにはしてないし、嘘も書いてないけど・・・隠し事だっていっぱいあるしさあ・・・)、これ読んでさぞかしなにかと浮き沈みの激しいきゃっきゃした人なんだろうな〜〜〜!!(いや、実際ある程度はきゃっきゃもしてんだけど・・・)と思われて〜〜〜いざ、現実の私と対面で話したら。
 「わーーなんだ、普通に落ち着いた人じゃん・・・」と、かなりの確率で思うはずで〜〜(だって私、打ち解けないとほんとおとなしいし。心開くとすごいけど。辛口度が・・・)。それもなんか悪いかもなーとかヘンに思ったり〜〜するときはしちゃうんですけど。すこーしは、ね。
 でもね。まあね。
 そーゆう「中心はブレてないんだけど、自分の思い描いてた円とは違う円形がそこにー」みたいなことを楽しむのが「電脳社会で出会って、実際お話をしてみることになった二人」の場合アレなんじゃないかなーと。数回あれやこれやあった末の現在はーーそう思えるようにーーかなりなってもいてーー。
 何度かやり取りをしてりゃ、大筋で自分とあまりにも合わないヘンな人とは遭遇しない!のはまぎれもない真実ですし、へーーそーいう部分もあるんだーとゆうような感情が不快の方向で生まれたことだって、今のところ幸運にも私にはないですしーー。
 あーー ま、いいや(いいのか!)。 こういうアレはこのへんにして。

 そんで、やかもちさんの話。
 やかもちさん、ね。日記おもしろいんですよーーーー彼女の。あの、もし、やかもちさんの日記を読みたい人がおられたら、コメントをくだされば貼りますので。メールでも何でも「やかもちさんのヤツ教えてよ!」と望まれれば。
 そう。彼女からの最初のメールに、ご自分のブログアドレスも書いてあって、そっからすごい読んでんですけどね私のほーも。
 ご本人は「そんなつもりは・・・」とおっしゃるかもわかりませんが、
 「唯我独尊(!!)」「サブカル(アングラ方向)」「同世代としか思えない」「猫」というよーなー印象が主なものだったでしょうか。
 こんな博識な方に自分の日記を読まれていたってぇのは・・・取り返しがつかないこととはいえいやはや・・・・とも思ったわ。強く・・・
 でも。平気でべらべら喋りましたけどね昨日は。だって同窓生だもん!!!部活仲間だもん!!
 インドのお土産話(彼女の)とかーーー乙女学校の謝恩会のこととか来期のこととかーーーーオーエル社会の話とかーーーーオーバーオールの話とかーーーアンジーの話とかーーー(えーーー・・・・)。
 日記を読んでいる時点で、すでに自分とは案外似てない人(なんつーんだろ、共通点は多々あっても、同じタイプではなさそう、なのが重々わかっていたつーか)なこと、は理解していたんですが、正反対のテイストがお互いの内部にあることも、よーーーくわかった。 いい意味で。
 やっぱり会って喋ると全然違うね!!会いたい人には会ったほうがいい!!!
 ・・・私は「なにか、ひょんな一言」で、それを発したその人をすごーーーく好きになったりキライになったり頻繁にし、しかもその判断が一生続くしぶとい人間なんですが、やかもちさんは「割と忘れちゃう」そうですよ。うらやましい・・・でも性質なのよねーこればっかりは。ま、例えに出すと、そーゆうところとかー。新鮮ねーみたいな〜〜。
 つーか、漫画のこととかアイドル(つってもマリマリ・・・)のこととか、話したりないことがまだまだあることに帰り道気付きましたので、また是非お会いしたい!!!と思ってやみません。
 楽しかったです。一言でいうと。(でも乙女度がどーだったかは内緒)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちわー。「唯我独尊」と「博識」は人違いではないでしょうか‥。と冷や汗をかきつつ。あの学校のなかで、自分がいちばん冒険したな!と思ったのは新聞部への入部だったんです。そのおかげでまき。さんにも会えたし、勇気をだしてよかったなーと今はつくづくそう思います。ちゃんと熟考したのなら、やりたいことはやったほうがいいし、会いたい人には会ったほうがいい!ほんとそうですね‥。というわけでぜひまた!(ほんとはまき。さんに会うために好きな男・嫌いな男をそれぞれ10考えておこうと思ったのだけど、好きはともかく嫌いが。嫌いになるとなるべく視界からはずすので、そんなに選べないことに気づきヤメました‥。まき。さんのぶんだけでも聞いておけばよかった。ということでつづく。次回へ。
やかもち
2007/02/11 10:20
 いやいやいや!どちらも意を強くしましたが。私は・・・ふふ!!
 そうそう、まだ喋り足りなくてーー私もいろいろとー。最初はやっぱりちょっと緊張しちゃいますからねー。お互い全然「社交的」じゃないし(一緒にしてしまうと失礼かもですが)
 新聞部、私もマジで!!参加してよかったです。いやーーどのへんがよかったとかも今度はお話したいですね。最初Yさんから連絡がなかった時点でやめなくてよかったよと!!(しつこい。でもあそこで止めて「通常時」の性分なのです・・・勇気って大事!というか素直って大切!!だって大人になって一番いいことって素直で許されることだと思うもん。って去年くらいにやっと気づいてんですが)
 嫌いな人は視界に入らないって・・・そこもうらやまC----!!! 私はわざわざじーっと見て「やっぱり嫌い!!」となる厄介な人です・・・(嫌わないで!!)ananぽいことも次回はいっぱい話しましょう!!好きなほうもじっくりー。楽しみです!今後ともヨロシクおねがいします!!!
まき。
2007/02/11 19:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
ノヴァとシーザーの話までできるとは。 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる