平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS 私も10年この部屋に住み続けたりしてね ←悪い冗談!

<<   作成日時 : 2007/03/15 15:47   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 金井美恵子さんの最新作読了をきっかけに、どんどん過去へ過去へ(流行りの逆)遡ってーー目白モノを読んでいるところなのですが。
 おもしろい、です。何度読んでもどれもこれもおもしろい。だけでなくーー、その文章の上手さも、映画についての著述部分も、ささやかながらこちらの味わえる力にですね、読んだ当時より伸びしろがあるらしくーーよりいっそう楽しめる結果になり。日々のささやかな喜びとなっております。読書はほんとに楽しいな。
 読み返しの順番はめちゃくちゃで(つーか目白モノ全体が時間軸に沿っているわけでもないような・・)・・・えーと、今は「彼女(たち)について私の知っている・・・」を、4/5くらい読んだところーー。
 まあでもあれですよね、簡単に言っちゃえば(その立場に感情移入!とゆーより感情全注入!!しちゃうくらいの勢いで共感する私だけに、ちょうよくわかる!という強調も含め)、
 女子の無気力、あるいは反抗心、あるいはナナメなものの見方、というのは年齢に反比例し、魅力の推移と同じくする。 てことですね。
 まーそんなん、とっくのとうにわかってたことですけどさーー。あーあー・・・
 SDPの某さんが「20歳のときにかわいいなーと思った子を、30歳になってもそのままかわいいなーと思えるかってゆうと、それはもう必ず違うワケでー」というようなことをズバリ言っておられたことがありますが〜〜(彼の名言で、ほかに心に残っているのは「最前列にかわいい子がいるとびっくりしちゃう!→頑張って最前列に来るような人は、並とかそれ以下とかが多い・・・ の意」などでしょうか。・・・て、まあ、そんなことをいちいち覚えている私も、イコール苦労知らずのかわいこちゃんとかでは全然ないんで〜〜そこらへんはもう放っておいていただければ幸いなんですが!!→狂犬!)、
 まあそういうことね。
 ハタチの桃子と、三十の桃子と、三十五の桃子では、ぶーぶーゆったり、斜に構えたり、なまじ知識がソコソコあったりすることの「特徴(ある種の魅力)具合」にも・・・やはり情け容赦なく・・・陰影が、こう・・・みたいな。女子らしい活気もねーー如実になくなってくるしね!!(つか、なくならないとさらにやばいしね!!それはまた別のジャンルで「はた迷惑」ですから!要注意!!)
 わかる!!わかるなーーー。僭越ながら、いや僭越でもないんですが、それを体現しつづけて 「年を重ねている」よーな私としては〜〜(しかも、私なんて仕事を斡旋してくれるよーな義理の父親もいないしー・・・なんて愚痴りつつ・・・以下略・・・)言葉少なにならざるをえないわけですが・・・←て、少なくもなっていない感じもしますが・・・
 ・・・同じ人物が飽くなく登場し続け(ロンドのよーに)、味付けは変えずに、こーやって「女子に差す影」だけはきちんと描く・・・この上手さが!憎い!!ということです。
 でもって、懲りずにーーー私らしく(まさに!)桃子と花子の分かれ目はどこか?? とか考えたりまでしているしだいです。
 (似たもの同士のようですが、私は花子には全く共感を覚えません。絶対!桃子なんだなーーー。自分のことを俺とか言ったことないし、男の子に間違えられたこともないし。気が狂ったようなベリーショートにしても、穴あきのジーンズ履いても「男の子みたい」てゆわれたことがないのなぜか。だからっつって凹凸もなくフェミニンなわけでもないんですが〜〜そうそう、不倫もしたことないし!! ほいで、このあたりについて全部アル!つー女性に限って中年期にかけては、広い部屋に住んで、プライベートも充実することになっているのよねーー。
 それで連想した全く関係ない話もしてしまいますが・・・レンホウにはびっくりしたわーーーこの間、近所の選挙ポスターで久しぶりに顔を見て・・・あーご活躍なんだなーーって。知人でもなんでもないけどさあーー・・・短髪系秀才のクイーンご健在!と思いましたよ。 とりあえず、あーいう風に絶対ならないのが桃子!!なのよねーーー良くも悪くも、いやこの場合に限り良くもだけ・・・)。
 うわーーーーなんて暇なんだろうーーー!!自分。 と。このよーに考え事がめくるめくよーな感じに行き渡ったあとで、素直に感心したりもしつつ・・・。

 100%脳内だけでもアレなんで(つか誰にも迷惑かけてないからいいんですけどーー)、実生活のほうにも言及しておきますと、
 料理。というか、調理。とまでもいえませんが、何かそのままでは食べられない材料を買ってきて、なんとかして、食べる。という活動もーーー不思議と続行されていますよ。
 有言実行!!てやつです。珍しいわーーー私にしては。不言実行か有言不実行ばかりの人間だから。思いついた瞬間やってるか、口ばかりでやらないか。ほぼ、どちらか。・・・書かないほうが良いのかしらこんなこと。
 とりあえず、会社のMさん(他部署)の予言通り、どんな人間でも半年もすりゃレトルトとかカップラーメンばかりの食生活には嫌気がさしてくるようで。
 この私が!!この料理大嫌いの私が!!包丁とまな板を毎日使ってるのだから、その説は真実です。  以上、報告終わり!!(びし!)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
そうですね〜、昔好きだった女の子とか今思い出すと「何であんな娘がよかったんだろうなあ」とか思ったりしますからね。
やっぱり過去って振り返らないほうがいいのかもしれません(美しい思い出のまま)。
100失恋
2007/03/16 02:34
 いやいやいや、そんな美しいあれじゃなく、棒ちゃんの言ったことも私が言いたいことも、女子は「若い」ってことで随分いろいろな「無茶」も魅力に変えている生き物なんだなーって話ですよ。そしてそれは戻らない。
 なんで、年取ってからは大変です。桃子はそーいう処にまで成長してきてしまったのねという日記でした。(100失恋さんは読まなくていいですよ。男性にはまるで理解できない小説だと思うので。いますけどね。男性で金井ファン・・でもどうなんだろ・・男性でフランス語習う人と同じでどっかアレな気がしてならない)

 で。まーね。おっしゃるとおりのーそうゆうこともありますよねー。30過ぎて17歳くらいの容貌(とか輝き)の男女がいたら気持ち悪いしー 適当に枯れていく人のほうがすき。両性とも。レンホウとかタカミキョウコみたいなのはほんときらいです私は。(個人の趣味!)
まき。
2007/03/16 10:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
私も10年この部屋に住み続けたりしてね ←悪い冗談! 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる