平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS 三茶経由ヴィクトワール広場ゆき。

<<   作成日時 : 2007/03/26 16:04   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 土曜日。乙友でありーー班友でありーー部活仲間でもある〜〜(願いをこめて現在形表記にしてみたが・・・)Tさんと、「世田谷線ぶらり旅」に出かけました。
 彼女の「打ち合わせ事情@神保町」で開始が遅くなったもののーーTさんの今回の主だった目標であるところの「中華まん・豪徳寺(招き猫鑑賞など)・三軒茶屋のカフェ」 これら全てを達成することができ、友人ながら何よりでした。
 「世田谷通り沿いの、あの」とか書けば付近の方にはすぐわかるのかもね〜くらいの人気店らしくー(行列!!ライブで売り切れ!などを肉眼で確認)、さすがに肉まんはおいしかったのですが、お店の方に「肉汁が出ますのでお気をつけてー」と言われたにもかかわらず!杜撰な行動でとみに有名な(自分内)私らしく、指や袖口に肉汁をぶちまけ、終日肉まん臭い女として生きたことが、我ながら心残りといえば心残りでした。自己責任てやつですが。
 そして、豪徳寺はなぜだか人が少なくて不思議でした。あんだけ大きいお寺なのに、拍子抜けするほどの閑散ぶり・・・絵馬もおもしろくなかったし・・・(どうしてもムカエマを見つけたい人・・・)。まーでも、あれだけたくさんの招き猫を見られたからいーや!!招き猫って一匹でもけっこうかわいいけど(目つきとか)、沢山いてもかわいいんだなあーー。ヒューモア溢れていましたよ。たらこのあれっぽい感じ、というかー。
 それから三軒茶屋に戻り、何年も前からTさんが行きたかったというカフェを訪れたんですが、そこが!数時間前に、バスで三茶に行く道すがら、私自身も「あら素敵なカフェ・・・今度出直してチェキってみようかしら」とか思っていたそこで!乙女魂の素晴らしい合致に大感激!!(とかいいつつ、多分私とかTさんは乙女の中では異端児なんですが〜〜)。
 まさか当日中にそのカフェに入ることになるとはねーーーさっきの私に教えてあげたい・・・うっきっきーーー!!イイナアーー気の合う友達って・・・
 そこで(も)、当然のよーにすごーーーーーく喋り〜〜。喋りすぎてカフェにいるつーのにお腹が空いてきたので、私の提案で「どっちにしろ(三茶に戻るにしろ、こっから目黒区方向に歩いて東横線を使うにしろ)中央線までの遠さには変らないのだから、時間が平気だったら場所かえてうちの近所のカフェでご飯食べようヨ!!Tさんお誕生日だったし、ご飯はご馳走するよ!」てことで、うちのほうまで歩くことに。
 あーべつに徒歩でイケるなーとか思いながら。うん、歩けるわこれは。三茶も池尻も歩けるよフンフン(脳内ちょうアナログ計算)・・・
 で、その近所のカフェで〜〜〜、予想していたことですが、二人してまたまたまたまた喋りつくしてしまうことに。 女子ってどうしてこんなにおしゃべりが好きなんやろーーー。スキじゃない人もいると思うけど、私は好き!好きったら好き!!(改めて宣言しなくてもわかってますって!)
 乙女学校一年間のよい思い出、学友たちの近況、現在自分が燃えているあれこれ、彼女が今度参加するイベント(こりゃすごい!)、お互いの今年チャレンジしたい事柄や、私の部屋のソファ問題など(重要!)・・・
 Tさんは「あーもー帰りたくなくなってきたーー面倒くさい〜〜」とか言ってたけど、実際は思ったよりも彼女のうちと近かったみたいで、駅でお見送りしてから数十分後には「こっちの駅に着いたよー」メールが届き、そこもよかったです。
 万事よかった。いい休日でした。Tさんありがとう。お仕事頑張ってね。てか、私だってしょーがないから死なない程度に頑張るけどさーー(この態度!) これからもよろしくね!
 って、最近こればっかですが、幸せな言葉ですよね。今後もよろしく付き合いたい人たちとの関係が存在するということ・・・

 日曜日。相当レベルでの<荒れ模様の朝>、目覚めて「どどどうしよう〜〜」と思うも、最初の回に行かなかったら今日は出かけたくなくなってしまう!と自分でも分かっていたので、傘を片手に意を決し、ガーデンシネマへ。
 「パリ ジュ・テーム」を見に。こういう類の映画は、見るでしょう、て感じで出かけ、そうそう、て感じで帰ってくることが多いのですが、まさにそういう枠内でした。「パリのランデブー」とか「恋するシャンソン」とかのほうが「ちょっといい気分」が長続きしたかもしれないなーー(いや、出来が悪いとかむかついたとかでは全然ないですが。ただ、想定内だった、て話なだけでーー)。
 この意地悪な感じ。パリの街の。薄汚くて。それが的確に表されていて、よかったです(ストーリーもいちいちリアル。てゆーか、全員いそう、探せば)。
 人々が(オシャレな人はすっごいんだけど)見た目からして汚いもんなーって、「その感じ」をまざまざと思い出したりしました。
 カッコがもうね。メトロとかバスも汚いから、どうせ汚れちゃうし、洗濯機なんかアレだし(ビバ日本の家電!)、パリパリに干せないし(洗濯物は地下で干す。干すというより乾くまで放置ってだけ・・・)、清潔好きな人だったら無言になるくらい、街も服装も汚く、実はほとんどの人は髪型とか靴なんて適当で―。お風呂なんてホテルにしかない。それがパリ。
 時々はっとするくらいキレイなカッコして厚化粧の人を見つけると、ああ日本人観光客だわ!みたいなーーー(今だったら韓国人とか中国人もぶいぶい言わせてるけど)。それが、確かにあの街なんでした。
 私が以前滞在していたのは移民の多い地区だったので(バスで見渡す限り有色人種しかいなかったりした。メトロであのへんまでわざわざ観光に行く人もいないだろーよってへん)、映画でもかすっていたので、見ていて懐かしいってゆーか。あー懐かしいじゃないなー、どっちかってゆうと、「恥ずかしい」かなあ・・・。
 ・・・映画を見に出かけた5区や6区で、お金持ちそうな日本人に会うのも恥ずかしかったし。16区とか17区には二週間に一度くらいしか行かなかったし・・・モノプリにすら行けなくて、フランプリで買い物したよなーとか・・・(これは後におなじことを言う人に多数出会ったし、特別な貧しさではないんだけど・・・旅行客が異常なだけよ、そうなのよ!)。
 あまりに「おしゃれなはずのパリ、らしくない暮らし・・・」に自分でも嫌気がさし、最後はサンジェルマンの(安)ホテルに一月くらい滞在して気晴らししたりーー(地区ごとの物価の違いにイラつき、決して心は晴れなかったが・・・貧乏性!)、楽しかったけど・・・いいことばかりじゃなかったなーとか。 うん、楽しかったけど。好きなんだけど。
 ・・・そんなことを思いながら、雨上がりのアメリカ橋を歩いてみたりした昨日だったのでした。
 で、やっぱり早いうちにパリに(旅行に、が一番私向きだから旅行限定で!)行きたいなー!!!とかうずうずしてみたり。
 で、あれよね、こういう愛憎半ばする感じが!!「好き」って気持ちの正体なんだろうしー!!とか思ったりして・・・(100%清くクリアに「好き!」てゆーのは、やっぱりこー・・・・妄想じみていると思いますので。と、私がいうのもなんですが。アラは見えるもの。いくら好きでも。感受性があれば。どんなものにでも)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
三茶経由ヴィクトワール広場ゆき。 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる