平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS ヤツらのいない町で。

<<   作成日時 : 2007/04/27 10:48   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 どうなのだろうか、このタイトル・・・と不安に多少かられながら。
 「暇」と「レベルの低い考え事」が三度のメシほど好きな私は、何かしらを見たり読んだりしては脳内で一方的に分析や分類などをしておるわけですが(それがずばり当たるとかタメになるとかは一切望んでません!!むしろ無益なことを「考える」ほうがスキだ!といいたいくらい。宙に向ってでも!)、
 えーとね、今住んでいる町、半年ちょっと前に越してきた〜〜その町に彼らがいないなあーーと。それに気付いてしまったもので、それについて勝手に浅く考えたことを日記に書く。と。今日はそういう内容です。
 同じ電車に横浜方面に向かって15分ほど乗れば、実家のある駅に着く。私の場合、広い日本で考えれば一つの点の中、そんくらい近距離の「引越し」ではありましたが、実家地方にはあって現住所地方にないもの、またはその逆、みたいな事柄も幾つかはあるもので。
 その一つが、ストリートミュージシャン、いいかえれば路上音楽家(いいかえなくてもいい)の存在なのでした。
 こっち来てから一秒も見たことないのよねーーーー て、昨日いきなり気付いたんだけど!
 実家最寄の駅前ロータリーには最低週に一度はそれが登場し、男二人組の構成で(数組いたのか同じ顔だったのかも定かでない・・・)、マイク&ギター&アンプつーくらいの音で、歌い上げ、シャウトし、そのコーラスまでもを大衆に聴かせていたものなのに・・・(しかも、常にファンみたいな人たちもいたんだよなあ・・・友達なのかなあ・・・)。そ・れ・が! なんだよなんだよ川一本隔てたら、急にコレかヨ!!みたいな。
 いや。 それは全然ウソでした。「今は滅多に彼らに出会わない」 という事実、そのこと自体に問題は全くないのです。寂しい〜〜とかの気持ちはまるでないですから。
 はっきり言って、私はあの人たちが苦手で・・・上手じゃない、だけでなく〜〜チューニングすら微妙〜〜〜なギターをかきならし、微妙〜〜〜なハモりで、微妙〜〜〜(とゆうより積極的に×)な詞の歌を、なにを目当てに、だれに許されて、人前で演奏してんのかなーー??・・・てな疑問をもつこともしばしばあったしぃ〜〜〜(邦楽のカバーを演奏するときなど、より謎に拍車が・・・目的はなに? カラオケでは不足なの?? スタジオ練習ではダメ?? あーーでもねーー洋楽ならばいいかっつったらそれまた違うし〜〜とか・・・考えれば考えるほどいい要素がまるでない感想を持つ結果に・・・)みたいな、
  ・・・違う、そうじゃない!! 私が今回考えたのは、そーゆうことじゃなくてーーー!!
 なぜ、地元では「気軽に」彼らは演奏できるのに、現住所では「なんとなく避けられる」ことになるのか? てあたりのことだったんです!!
 ・・・と大声にするほどのこともなく、答えはきっと簡単。あれあれ、神奈川県と東京城南部の土壌の差。磁場の違い。雰囲気的に。なんとなく。 ま、そーいう類のことですよ。
 神奈川県てのはほんとにいいところでねーー!!(故郷愛。死ぬなら神奈川県で。という思いを引っ越して一層強くする私・・・)なんつーか豊かなのよーーー。東京の一部に見られる「貧乏臭さ」「きっちきち」な感じが相当どこにもない。横浜川崎は言うに及ばず、箱根でも鎌倉でも平塚でも足柄でも厚木でも、ない。ないのです!(このくらいしか知らない)。
 包容力があるっていうのかしら〜〜 横浜駅にはヤンキーもおばさんもフェリスの女子大生も雙葉の女子高生もいるのよーー みたいな。渋谷と池袋と代々木上原と大手町と東武練馬と分倍河原と九品仏ではホームに立つ人は全然違うでしょ? みたいなーー(すみません。実はそれが東京の一番の魅力だとは思ってるのですが〜〜)。
 そのうえ神奈川には海と山があり、それと関係あるのかわかりませんが、音楽を奏でやすい雰囲気があるようで。ほらーーーサザンオールスターズもチューブもゆずも加山雄三も神奈川県が生んだミュージシャンなわけだし〜〜〜(とりたてて誰のファンでもないですが・・・)。
 そんなこんなで(?)、なんでもないような一青年も「オレは顔を見て演奏したいんだ!!ネットとかじゃなくて!」みたいなイキオイだけで、駅前ロータリーでギターを弾き始めることができる・・・のではないでしょうか。ね。
 「のではないでしょうか」 というまとめもひどいですが、確固たる知識のない自分が5,6分の間にぼんやり考えた弱々しい憶測なので、仕方ないと思われたい!(開き直り)。
 やっぱり「癒し」「赦し」みたいなことって重要なのかもネーーー(てきとう) なんつうことも、ついでにゆるーく思いました。実家のほうにはあるもんなーーそれが。ふわっと包み込むようなそれが。というより、神奈川県全域に!それはあるといって差し支えない。
 しかし、ココ(現住所)には明らかにそれはなく〜〜。このへんって、ラッパーとかDJの方などは住んでいらっしゃるみたいなんですけど、望み薄のバンドマンなどが長居できる雰囲気は、ないからね。全然ないね。見事にすっからかん!ちょう居心地悪いんじゃないのーー(あ、すでに成功されている方は別ですが)・・・
 なんつってもかっこ悪くだらだらしてる人が滅多にいないから。昼間ぶらぶらしている人もどことなくスタイリッシュ。なんなんだろうな〜〜アレは・・・それが悪いとかは全然思わないけど・・・しかも、一応再確認しておきますが、私は「ストリートミュージシャンといわれる人たちのことを全然好きじゃない」のではありますが。だから悲しんでもいないし、どっちがいいとか悪いとかゆってるわけじゃなくてーー。ただの比較。しかも心の中の。そんだけ。
 猫は暮らせるけれども(割と歓迎されているようです)、ストリートミュージシャンはいない。ここは大東京の、そんな町。
 ああ厳しいのう!! つか、私だってあと数年後はここにはいないと思うしなあ・・・(なんのタマゴでもないけどよ)・・・あれかしらね、こーやって人間は故郷のよさに気付き、疲れて帰っていくのかしら・・・それもまたいいけれども・・・ なんつって・・・
 で。 ハイ、ここで降りる駅――!!みたいな。 そんな感じだったと。それをメモしてみましたよと。日記なんだからいいよねーーー 以上!!(ほとんど書き逃げ!!)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
すっっっごくわかる!!
一部にものすーく反応いたしました!!
実は私が犬の散歩で通いつめているY公園に、いるのよ!ストリートミュージシャンなのかなんなのか(ストリートミュージシャンですよね…)大音量でカラオケ流して歌ってる若者が!
はぁ?っていうような曲でも(毒舌)オリジナル曲なら、私は許せるのです。そっか〜色んな人に聴いてもらうことが第一歩だよね☆って微笑んで通り過ぎることが出来るんだけど、許せないのがカバー!なんでこんな海が見えるステキな公園で、大音量でピッチを外したプリンセスプリンセス(昭和かよっ)を歌ってるわけ?何が目的なの?カラオケボックスじゃダメなの?
はぁ…私も川を越えたいです…。
まび
2007/04/27 15:48
 (ひとしきりニヤニヤ笑ったあとで)日本で一番デートしたい公園でもそうかーー困ったもんだねーー。
 つーか・・・プリプリ(馴れた感じで略してすみません。昭和育ちなので)てのがすごいね・・・見上げた勇気だな・・・革命級・・・今どきカラオケで歌う人もいないんじゃないのーーー川の向こう(故郷のほう)は懐豊かでいいなあ〜〜。

 コードと声があってない人ってさあ、まず自分が気持ち悪くないのかなあ?てすごい思うんだけどね。あれは暴走族とかと同じで、本人は気付かずに轟音が出せるものなのかしらねーー謎だよねーーー別に知りたくもないけどさーーー(そんなことへーきで出来る時点で未来はないと思うのでー)←意地悪すぎるかしら・・・
まき。
2007/04/27 17:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヤツらのいない町で。 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる