平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS 言いかけて言えなかったの 二度と逢えなくなりそうで。

<<   作成日時 : 2007/06/15 15:20   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 私があなただったなら きっと私に恋をするのに だけどあなたはあなただけ・・・ みたいな、要約すると(もんのすっごく強引に、かつ適当に。余韻もムードもへったくれもなく)そんな詩が、その昔にあったのです。銀色夏生さんのけっこー有名な作品で。
 それを思い出したきっかけは、ミクシなんですけどーー、
 私は現実でもインターネッツルでも友人が少なくて、はっきり言ってほんとーに!ちょっとなの、マイミクとか。無理にというか、そんなの、努力して増やしたくないしさあ〜〜。
 意外に振り回されるタイプなので(感応する、というか・・・振り回されるのが大の苦手なのに、根が気を遣う人間なので、振り回しそうな人とは付き合わないようにしてるくらいですもの。小悪魔キャラとかドタキャンが続く人とか躁鬱の激しい人とかは、人としてキライではなくても、親しくなるのはありえないなあーー私は →つーか、自由を第一に選択すると、常に孤独は覚悟しなければならないので、それもこれもしょーがない・・・)、無駄に付き合いが広がるとあとで面倒なことになるし!てのもあり、それはそれ、現状で幸せなのですが、
 それほど少ない電脳社会の友人の中に、自分も会ったことなかったりするのに!「この人とこの人・・・なんかすごく合いそうなんだけどーー!!」なんて思うことがよくあるわけです。
 同じよーーーな悩みを抱えていたり。で、同じ時期に凹んだり良いことがあったり、同じ本で感動したり(それは私の読んでいない本だったり)、同じ日に同じライブに出かけていたり(それも私は行っていなかったり)、同じ人が贔屓だったり(その人を私はよく知らなかったり!)・・・
 て。そんな日々を過ごしているのを。私だけが!たまたまどちらも縁あって「お友達」ということで知っていて、なおかつ!どちらも「彼氏募集中」「彼女募集中」とか書いていると!!ね、
 もう、なんだろうか〜〜〜 えーーーーー!なら連絡取り合えばいいのに!!てゆか、私が一肌脱いだ方がいいのかしら??? つっても・・・全然知らない人だからな〜〜片方はなぁ〜〜(性別とか年齢とか嘘だったらたまんないし〜〜)・・・みたいな気持ちになったりするわけです。普通に。
 いや、冷静に考えまして、人様のことをとやかくお世話できる立場でも性分でもないので(自分の頭の上もぶんぶんさせっぱなしですし・・・)、まー思考は結局そこで留まるわけですが。
 でもねー。不思議よねーーー。異性問題に関係なく、なんでこーやって集うんやろーーーーと思うことも、多々ありますから。
 たとえば、鳩とか。 鳩ね。鳩。白山陶器の、鳩の箸置き。 これがどの程度世間で有名なのかはわかりませんが(私は木村衣有子さんの本でちょっとだけ知っていました。まーだからアレ? 乙女界のマストアイテムてこと? 持ってなかったけど、私・・・・)、それを日本列島のはるか西に住んでいる、生身では会ったことのない友人が、郵送でぴゅーっと送ってくれたのですよ。ある日。
 嬉しがりやの私は、それを思いきり、きゃっほうーー!!って写真撮って、日記にハイ、書きました。そしたらーーー!コメントやメッセージで続々「私も持ってます!」「うちにもいますよー」「お揃いですねーーー」って・・・・
 すごいなあーーー!!と。感動したなーーあれには。そりゃちっさいことですけどーー。でも、この人たち・・・みんな、相互に友達になれるんだろうなあーって。大前提として出会ってないから(真ん中にいる私もだからなあ!)知り合いですらないのだけれども。いやはや・・・って。
 よく「まき。ちゃんの周囲には似た感じの人が集まるねえーー」とかいわれるけど、周囲の人同士が似ているのよ、きっと。私は鳩を持ってなかったしサ〜〜〜(こけしとかマトリョーシカまでなら「みんなが持ってるだろうアッチっぽい小物」の想像範囲だけど、鳩は考えが及ばなかったもの・・・)
 ・・・とまあ、以上のようなことを考えて。 巡りめぐって銀色夏生の詩が、ぼんやり(お得意の)と浮かんできたという具合なのでした。

 そして。 そんな風に、人それぞれの縁やら想像やら思いが!こうしている今も錯綜しあう電脳社会では(けっこう無茶な展開ですが)、その延長線上に人違いもまたあって、
 流れで書きますが、これまた私レベルの小ーーーさな一般人の参加の仕方だと多いほうだと思うのですが、「***さんですか?」って、別人に間違われたことが、過去二回ありました(それぞれ違う人)。
 へーーーそうーーー知り合いですらないのにーーとか思いつつも、事情を尋ねてみたらば、なんとなく間違えた人にも一理あるみたいなんですけどーー。ウーン、でもー。残念ながらそれは別人なんだな〜〜〜〜!!って話でした。
 どちらも装ったりしてないのがおもしろいっちゃおもしろいですが。 あーそーでもないか。どっちでもいいかーー・・・いいねーーいいややっぱりーーー(えーー)。
 ま、リアルワールドでも、誰かと間違われて挨拶されたりしたりしているので、まああれかぁ〜〜よくいる顔(及びタイプ)ってことなのかなーーーそうなんだろうな〜〜。

 と思いつくままだらだらと書き連ね。 まとめる気もなく、これで今日は終わりです。
 タイトルはあまりにもかけ離れていてどーしようもないので、やむなく説明しますが、銀色つながりです。
 (つーか、意味があるように取られてもなあーーて方向でのエクスキューズとして〜〜書き加えてみた、というのが正直なところ・・・)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
言いかけて言えなかったの 二度と逢えなくなりそうで。 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる