平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS (ややあって)残留決定〜〜。

<<   作成日時 : 2007/07/18 14:27   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 前略、 (略した部分を知りたい方は前回の日記をどうぞ!)
 日記の引っ越しは当分やめにしました。ということで、横井さんのよーに、「恥ずかしながら」!戻ってまいりました。
 心が半分離れているこの部屋から出て行くことを中止し、契約更新までしてしまうのは、ひとえに、ひとえに〜〜〜!!
 めぼしい引越し先に出会えなかったから!!(自分にとって)。で、あります。(だけど日記は書きたいしーーー)
 この一週間で、二つ日記を書き、二つ解約。ある意味大忙しでしたよ。しかも結実しなかったんだから、んもーーーう!不毛な多忙(ライム)です!!
 どうにもこうにもあっちもこっちも使い勝手が!!!そして、広告が入りすぎる!!!
 今いるこの小さな小さなアパートですら、新規で入居すると広告がついてしまうことを発見し、「株分け」するのも諦めたしだいで〜〜〜。
 広告なんだなーなんでも。広告。ああ広告広告。仕事でも思い、ネットでも思うこと。お金を出す人が偉いのね。その言うなりにしか生きられないのね。

 ・・・何事もなかったかのよーに元の鞘に戻ることができない体質なもので説明してしまいましたが、余分な内容なので、そこらへんのことはこれくらいにしておいて〜〜〜(引越し自体を諦めたわけじゃないですし!)。

    ***********************************

 三連休でしたね。つい最近まで。(唐突)
 洗濯物が見事に乾かず、「いつになったら乾くんだろう・・・三日後にはさすがに乾いているかしら・・・」と途方にくれていましたら、台風だと教えられ(電話で。 テレビがなく、ネットも自室では滅多に繋がないので →繋ぐときはラジオ聴くためだけだったり・・・しかもそれは「コラムの花道」ばかりだったり・・・ 心ある人からの伝達でしか情報がないのよねーー)、
 あらそーーーと思い、籠もっていても仕方ない!これから余計ひどくなるのなら!てことで、お得意の図書館に出かけてみたり。
 (それもねえ〜〜常識を心得た方々には引かれてしまいそうですが、三冊返して四冊借りるよーなことを二日連続でやっておった。しかも、午前と午後で二回訪れたりなど。図書館の近くに引っ越してよかったねーー!みたいなことを安易に言えないような、そんな鬼気迫る、中毒に近い入り浸りぶりでした。どんだけ暇なんだ・・・)

 連休二日目の夕刻から実家へ。 弟夫婦が夜ご飯を食べにきて、楽しくお喋り。
 弟は相変わらずのようで(優しくないわけではないが、心が常に13%くらいしかこもっておらず、何を喋っても相談しても真剣に聞いちゃーくれない。あと、ある部分で女性に非常に厳しいのも特徴で!→デブと出しゃばりに対する彼の冷酷な対応は、見ているだけで背筋が凍る)、
 でもって、ヤツが20歳くらいのときから薄々そうだろうなーーとは思っていましたが、やはり!「子ども時代、自分が大変なわがままで、お姉さん(私)がそれをどれだけフォローしていたかをまるで忘れている」!!!末っ子(つか、フタリキョウダイだけど)って調子いいぃ〜〜!!ムキー!!と強く思わされました。
 現状で比べてしまえば、明らかに弟のほうが総合点(つか、各部門の得点全て)で姉をはるかに凌いでおり、ま、それはそれ、立派だと思うよ、努力もしてると思うヤツは、でもでもーーー!!
 あんた昔スゴかったんだから!ちょっとしたことですぐヘソ曲げて!!親も慣れたもんで大して私に感謝もせずに尻拭いさせてさ〜〜(つーか、自分も不思議と拗ねたりせず、「この人(弟)はそういう人だから仕方ない」と思っていたのよね〜〜。ああ6歳くらいのときのオレを抱きしめてあげたいヨ!)、おねーさんばっかり砂をかむ思いをしてたんだからもーー!!とゆう、長女のやるせなさは時空を超えて宙ぶらりんのまま。
 そして今となっては、しおらしく、「お前もしっかりしろよナーーー」とか言われて頭を垂れるしかない私です。
 無念だなあ。まあいいんだけどね、弟がいておもしろかったから。あの人が(今は!)しっかりしているお陰で、こちらも助かっていますしね随分。
 つか、義理の妹に、私の「すばらしい日々(私がすばらしかったのではなく、運命のいたずらで、すばらしい人たちが近くに沢山いた時期のことを指しますが)」のことを訊かれ、
 おもしろがらせたがりの私としては、ほんとーは!!こーゆうチャンスにこそ!ここだけエピソード★みたいなのをあれこれ披露したかったのですが、あまりにも記憶になく〜〜〜(忘却の彼方も無理のない時間が経っていますしーー)、プラスそーゆったことを自分にいいほうに捏造するのは憎むほど大嫌いな行為なので勿論それもせず、そこも!残念至極でした。もっと、あの頃、積極的に外部と触れ合っておくべきだったなーー!!
 ・・・物心ついて以来ずっと考えていることではありますが、私が、天真爛漫で人懐こく、何かと「他人に喋りかけられる」人間だったら、
 人生はどのように変わっていただろうか。
 少なくとも、連日(公立の、地元の)図書館に通ったりはしないよねーーーーだよねーーー。そして、こんなに長い日記を書いたりもしなかったことでしょう。 ハイ!

 最終日はヘアカットーー。
 この日なによりびっくりしたのは、うち(現住所のほう)の近所に住むサロン男子(22歳だそう)に、
 「台風が去ったら、●●小学校(小学校は徒歩圏内に2つあるのですが、中目黒駅寄りのほー)のプール開きでしょーー。良かったら一緒に行きましょうよ〜〜!」と無垢な瞳で誘われたことです。
 正直、 こいつあったまおかしーんじゃねーの!! と思いましたが、悪気はないようだったので、「いきませんよ絶対!」 と、やわらかく拒絶したしだいです。
 あのあたりの小学校では地域住民にプールを開放するらしいのですが、私はキョンキョンでもルミコ(古いし破局している・・・)でもないので、えらく年齢差のある男子とそんなところに出かけて水着になんぞなりたくないし(罰ゲームにしてもひどすぎやしないか!)、
 ましてや、そこでもし小学生の母親とでも間違われたりしたら??? ・・・ぎゃーー人生サイアクの夏になってしまうこと必至!!
 これ以上、誰も私を傷つけないでくれ頼むから!!(絶叫!) という切ない願いが彼に届くといい・・・
 嘘。 そんなんとっとと忘れてくれればそれが一番です。 おしまい。

 ※ 結局南極こんな日記って・・・ しかも・・・ルミコ・・・(テレビがないので情報が遅れた)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(ややあって)残留決定〜〜。 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる