平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS 「Army of Me」

<<   作成日時 : 2007/07/30 17:46   >>

トラックバック 0 / コメント 0

◆ 金曜日のこと。
 「きゃあーーーー!!」と叫びたくなるような嬉しいメールが届き(しかも長くておもしろいの。私は長くておもしろいメールが大好きです。二位が短くておもしろいメール。三位が用件のみのメール。それ以下は・・・大人なので仕方なく受け取っている)、
 浮かれ気分のままピアノのレッスンに出かけましたら、鍵盤に触れるのが実に2週間ぶり!て状況にも関わらず、大変上手に弾けてしまい、自分でも驚きました。今までで一番の出来かも・・・
 (先生はもっと驚いていて、「天才型なのかしら・・・」とまで言ってくださいましたが、お調子者なだけです・・・)
 つくづく自分のガーリィさ加減(良くも悪くも)に飽きれたり感心したりした夜でした。
 しかも、そのメールから受けた大感激ですら!持続はたった4時間・・・なんてマッハな冷めっぷり・・・
 つくづく自分のガーリィさ加減に飽きれたり感心したりした夜でした・・・(二度目)。

◆ 日曜日のこと。
 2週間くらい前から楽しみだったり不安だったりで心の準備を相当していた、その日!でありました。
 ひさしぶりーーに学生時代からの友人宅へ遊びに行ったんですが、この「ひさしぶり」の間に!!(8ヶ月くらいかなー?)、
 彼女は、渋谷区のゲイノー人が住んでそうな(←アタマ悪い形容・・・)超豪華マンションから東京北部にある区に引っ越し→10歳以上年下の男子と結婚(つか入籍)→犬まで飼って!(これは個人的に大反応した点!)→現在はなんともう妊婦!!つー人生の激変を果たしており、
 まあそれは非常にめでたいことなのですが、この期間にやり取りしたメールに「新しい命との出会いを今は楽しみに、新居でのんびり過ごす毎日です・・・」「植物を育てるのがこんなに楽しいとは思わなかったなあ〜〜。犬も元気です!(写メ)」みたいなのが連投されていて・・・私の危惧は半端じゃなかったわけです。
 だってだって、断じてそんなこと言う人じゃなかったんだからーー!! 基本、メールの返信は5日後。それも「じゃあ13日で。」みたいな完全に用件のみ。優しい言葉(4行以上のメール、と言い換えてもいい)を同性に送るよーな人じゃなかったの!!ほんとに!!!
 で、毎晩酒!!気がつくと彼氏が3人くらい変わってる!!毎週違う男子を泊める!!でも、社会的には超やり手で、収入は私のざっと10倍!!とにもかくにもそーゆう人で〜〜。私はそーゆーところがすごーーく好きだったのにーーー!!(憧れにも似た気持ちみたいな〜〜←バカ・・・)
 ・・・出会い以来、一貫して「アタシ知らない」「勝手にすれば」「どうにもならないこと悩んでもどうにもならないんだよ!!」「結局暇なのかねえー」みたいな扱いをされ続け、それを実はちょっと嬉しく受け止めてきたMな私としては(って、彼女に対してだけですが!)、
 そりゃーもう!「こんなの、Oちゃんじゃなーーーーい!!」とかも思ったし〜〜、
 何より恐れていたのは・・・子持ち特有の<語りだす感じ>・・・そーゆうアレにOちゃんがなってたら?? てこと、でした。
 やだーーーどうしよう!! 少ない友人がまたこれで一人減るのか・・・
 いや、仮にそーなっていようとも!他人の私にとやかくいう権利は全くないですし、エコとか〜〜有機なんとかとか〜〜田舎に引っ越しだしたりとか〜〜なにかと手作りしたりとか(石鹸とか化粧水とかよくわかんないけどいろいろ)、そーゆう行動がね、地球にも家族にも悪い道理はないわけですし、それこそが自然な「母性」たらゆうもんだよお前――!とか言われてしまえばぐうの音も出ないのですが、
 それでも。んなこと長々語られたら・・・自分は大層寂しい気持ちにはなるだろうな〜〜と。帰り道なんて、もうしょんぼりだろうと。 で、それプラス!「結婚っていいよー」「悪いこといわないから子ども早く生んだほうがいいって〜〜」なーんてことを懇々と諭されちゃったりしら・・・?? つーか流れ的に諭されそーじゃん・・・ いや諭されるわ間違いなく! 諭される覚悟で出かけるっきゃない!!
 ・・・と、持ち前の「最悪のパータンを思い描いておく(妄想気味に)」力を存分に発揮し、この日を迎えた私だったのですが・・・

 全〜〜然 大丈夫でした!!(あっけらかんと) えへ!
 給田時代から(渋谷区に引っ越す前まで、彼女は京王沿線の世田谷区内を転々としていた)、ドカーーーンと部屋に飾ってあった「無闇にでかいビョークのパネル」も新居にやっぱりドカーーンとあったし!(「・・・これも持ってきたんだねーー・・・」「捨てられなくてさーー大してファンでもないのに、人って不思議だよねー」・・・)、
 二人で一緒に探しにいったギターも処分されずに立てかけてありましたよ!(私のほうが買う気まんまんだったのに萎え、彼女が買った。買って即刻放置です。今もスリーコードすら押さえられないらしい)
 感・激!!
 人間の本質は、そう簡単に変わらないものなのねーー!!よかった〜〜!(←急に元気よく) とー。
 ・・・二人でだらだら「マリナと同じくらいの予定日なのかーーつくづくあんた縁があんだね、あの人と・・・」「言わないでよーもー。つか、アイツが出産子育てエッセイ書いて一儲けするだろうと思うと、今からむかむかしてんだから・・・」「そりゃ100%出すだろうねー。マガジンハウスからだな〜」「ムックだと思う? ヨガのやつみたいなさー」「A5じゃん? タレント本らしく」「あの自筆イラスト付きで!?」「ぎゃー あったねーー!妙に読み返したくなってきた〜〜!」・・・などと意地の悪〜〜いことを言い合っていたときなど、
 一瞬、ここは学食かなーーー?? とかすら思った。いつでも青春は時をかけるんだなあ〜〜。って、もー明らかに少女ではない二人ですが。

<追記> だんなさんはびっくりするほどいい人でした。そんなまで若いとはまるで!思えない容貌でしたが・・・(毒)。奥さん、年上? ってくらい。結婚ってすごいなー。縁つーか。
 そんで犬はかわいかったーーーー!! 萌―――!!って百回くらい思った。Oちゃん(飼い主)に「まき。ちゃんと結婚してあげなさい、かんちゃん」ってゆわれてたけど・・・犬と結婚できるならしてるもん!(本気!)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「Army of Me」 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる