平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS 寒い国に行きたくないスパイ。

<<   作成日時 : 2007/08/18 11:33   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 てな表題のSFを大昔に読み、自分だったら暑い国のほうがよっぽど行きたくないけどなーーーと思ったんだ確か・・・と、この年になってはっきり思い出しました。
 それほどまでに、今年は暑い。このままでは狂う!!と何度思ったことか。
 北欧の都市を歩いていて、小さいものから大きなものまであまりにも「ダサくて安っぽいものが一つもない!つーこと」(これは百聞は一見にしかず!!行かれるがよい・・・→長老?)に仰天するのは我々日本人のお約束なわけですが、
 それともう一つ、かの国々の街で気づくことに「本屋がたくさんあるなーー!!」というのがあって、ハデでもなんでもない首都の街に(商店街が3本くらいで終わりーみたいな感じ)、本屋を見つける確率は大変に高く、そこでまた驚かされるのです。
 一冊の値段が高いし(高度な福祉国家ですのでー)、なにより言語をまるで理解しない私が(あの人たちはほぼ100%とてもきれいな英語を話すので、旅行には全然困りませんが。一人旅もほんとしやすいのー。寒さと極端な時期にだけ気をつければ・・・)、売られている本を購入するか?といわれればしないわけですが、いい国だなーーーととりあえず感じずにいられない。そういうのって。
 物静かで、センスがよく、ことさら前に出ることをよしとせず、家の中の時間を大切にする人たち。そーいうのを無言で教えてくれる(一応)繁華街。
 さすがノーベル賞発祥の地・・・みたいな。真面目で思慮深く、勉強家な人ばっかりだから、こーやって建築とかデザインとかが発展すんだろーなーーとアホな外国人でも確信できるのです。(実際問題、そこんところはイタリアとかでソレが発達するのと違う所以だと思うのよねー)
 想像を絶するほど長く寒い冬に、人は本を読んだり、学問を究めたり、時間をかけて縫い物や編み物をしたり、お部屋のなかのメンテナンスをするのでしょう。インターネットも北欧が一番早くいきわたったってゆうしねー。
 って、えーーー遠回りしましたが。(地球規模で)
 要するにその逆。 暑い国はどうだ。と。暑いなか人はものを考えるか? 真面目に勉強しようと思うか??と。 否。そりゃ否ですよ。もう全然否に決まってんじゃない!!!
 暑ければ(それも35度超えとかゆーレベルで)、人は深く物事を考えなくなるし、集中力も記憶力も著しく低下し、読書だ勉強だって、そんなあんた!冗談じゃないよ!!こんな暑いのにどーせーっちゅうの!クーラーの効いた部屋の中で延命をまず第一に考えて過ごして何が悪いんだヨ!!てなことになりがちです。
 ここ数日、私が思っていたのはそれでした。
 暑いのイヤ・・・。 このまま日本が暑くなり続けるのならば、違う国に住むのもやぶさかではない・・・。読書しよーって気持ちに自然になるような、本屋が多くて、屋内で地味〜〜に過ごす人が多いような、そんな環境で日々を過ごしたい・・・
 と、そんな気持ちしか生まれんかった。
 気象学のことには明るくないですが、何が起こってこんなことになってしまったのか・・・今日は少し涼しいですけれども、これでピリオドになってくれるのか? 来年はまたこんな風に暑くなるのか・・・??
 ただでさえ大嫌いな夏に、さらにさらにうんざーーーりさせられた「記録的猛暑の」週でした。記憶もあんまりないくらい「暑かった・・・」
 (私は日焼け止めも塗りたくなく日傘も差したくないタチなので、決死の覚悟で<素>で出かけ、マジで死にそうになることも数回ありまして。・・・親にもらった命を「意地のために削る」のもいかがなものかと思うので、今後はそこらへんは気をつけたいと思っていますが・・・実行できるかは別問題・・・シミそばかす系につきましては、私の人生は時間的にも手遅れだと思うし・・・)

 そんな暑い暑いこの数日間の、自分メモ。

@ お盆から帰省し(なんつって週末しょっちゅう帰ってるけどー)、テレビが朝から晩までついている状態に身を置いておりますもので、浦島な私にもいろいろ合点が・・・
 たとえば、朝青龍のこととか〜〜小池百合子のこととか〜〜噂のソフトバンクの犬のCMとか〜〜あとホンモノの「どんだけー」を見たりとか。そーゆうのを目の当たりにして、やっと「なるほどね!」「これか!」とうなづいておる地点です。フレッシュ!
 とはいうものの、ネットであれこれ書かれていることをヒントにざっくり推理すりゃ大体当たるようなので(今はゆーちゅーぶがありますしねー)、やはり「テレビはいらないや・・」というのが結論でもある。
 ・・・テレビといえば。あれあれ、あの西洋の美術家の名がつけられたチェーン喫茶店のドラマ・・・(どういう説明!) あれもー、この期間にまとめて見ましてーー、
 数回目からはなんだか・・・「意外におもしろくなってきたような・・・」「いやよくできてるねコレ・・・」「しゃれてる、みたいな感じすら・・・」と、気持ちの変化が・・・
 実は、最初の二回分くらいを見た私は、何を思ったかいきなり「素直な感想」のよーなものを思うがままひゅーーっとメールで送ってしまい(注・作家あてにではない)、
 まー相手は忙しい人だし読むかどーかわかんないしーーなんつって心で胡坐をかいていたら、瞬時にご本人から返信があり!!(非常にびっくりした) 
 ・・・内容としては、半笑いと反論で半々て感じの、そりゃそうだろうなーってえ文面でして、「ひょっとして!とてつもなく失礼なことをしてしまったのかしら!あたし!?」と送っておきながら後でえらくびくびくすることになり〜〜(根は小心なので・・・) 自分のこの、病ともいえる「一応言っちゃう性分」を本気で反省したりもしたんですが(人生百回目くらい・・・)、時すでにおそし。覆水盆に帰らず。
 しょーがない、あれはなかったことにして!(って目を背けるだけか!)
 今はそれこそ<フラットな気持ち>で、最終回まで「楽しく拝見して」いく所存です。つか、ほんと、普通におもしろいです。(えー) 坂井さんのモノマネも修行中〜〜(・・・)

A 暑い暑いゆって無為に過ごす自分を見かねたのか、避暑目的で富士五湖のほうにドライブに連れていってくれるというので、山梨県のほうにも一度でかけました。道の混雑加減とか交通規制で多少アレがあり、微調整のすえ、主に過ごしたのは河口湖畔でしたが。
 これだけが今年の夏らしい行動かと思うとちょっと寂しいかなー・・・いや、高望みはするものか。こんな一日があっただけで幸せです!!
 とーにーかーくー!!来年以降こんな酷暑に見舞われなければ、私はそれで充分なんで!!来年といわず、今年の暑さがこれで〆になりますように!!それだけを切に祈るのであった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
寒い国に行きたくないスパイ。 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる