平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS さよならの季節は 詩人達の落書きのようにもううんざりさ。

<<   作成日時 : 2007/11/26 14:43   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 先週をまとめるならば、「風邪と戦った一週間」でした。
 いや、もとい、戦ってはいない。いません。そんな気力毛頭なくてー。えーと、共生? 共生かなァー。やんわりと、共に生きた感じ。愛し合ってはいないケド、特に追い出しもせず…みたいなー。つか、ホントーはがっちり、木っ端微塵に!追い出したかったんだが、消えてくんないんだもーーーんアイツぅ!! というわけで、今もまだ微妙にひいております。
 ゲホゲホゲホ!!なんつって、かなり重―い咳が出て、苦しい。三連休は毎日用事があったので、会う人ごとに「だいじょうぶ?」と聞かれたりして、なんだか申し訳なかったです。心配はねー、されるほうよりするほうがいいです、私は。そっちのほうが性にあってるようだから。
 でも、やさしくされるのとやさしくするのではされる方が好きーー!!つーガーリィな一面もあったりなんだり。って何を言ってるんでしょうか。まあコレも一つの風邪の症状のアレだということで〜〜削除せずに進みますよーーハイ!
 …今朝、ちょっと心に残ったことは、駅から会社への道のりで「オハヨーゴザイマス」的挨拶を交わした勤務先の(名物)編集者との会話で。
 「Yさん(編集者)細いから、コート着てても寒そうですよねー」 「ええ僕痩せてるんですよ。痩せてるしハゲてるし」 「頭のことは言ってません!(笑)」 「あと肌が白いから体毛が濃いのも目立ちますしー」 「あーそうですかー(適当 →私は本当にそういうことはどうでもいい。あえていえば避けたいのはデブだけ!) でも、いいじゃないスか、本も売れてるようだし。仕事が出来れば男性は」 「うーん売れてるのかなァーー最近重版もそれほどありがたみがね…。営業マジックっていうか」 「数字のね、操作っていうか」 「やっぱりわかってるんじゃないですかー!(笑) わかってるんだよなァー本当はみんな…」
 そんな弱気&凹み気味のやりとり。これは主にYさんの性質によるものなのですが(実際はこのヨワーイ感じが魅力にも繋がっているタイプ)。でも、この人は芯から!イイ人なのです。
 びっくりするような豪華な交友関係もうなづけすぎちゃうほど、心がきれいで〜〜謙虚で〜〜深みと広がりのある知識人。編集者としての素晴らしさは私が保証スルヨー!つーか、私なんかがしなくても、あの方この方が著作物でこぞって感謝を捧げている偉大な人です。
 会社を辞めたら会えなくなるんだナーうーん残念〜〜とか思う人って、考えてみたら今の勤務先には3人くらいしかいないのですが、その一人だわね確実にィーなんてことをその横顔を見ながら思いました。
 もうそんな気分になっているんだなアタシ…年の瀬も近いしな〜〜…(関係ない。てゆか、仕事について全般、今すぐどうこうってことでは決してないのでご心配なきようにー!)

 (いきなり)連休やったことで公の報告に向いている地味な事柄を二つ。

 <髪を切りました。>
 装苑で見た「大森さんご推薦の」恵比寿のサロンに、今度は行ってみたいワー!(オリーヴ育ち!)な〜〜んてぼんやり思っていたものの、風邪ひきの「ダメ状態な自分」でそげなオシャレなところのデビューはとーっても無理だべ!てな決断を下し、いつもの「実家近くの美容院」に…
 至近にオシャレサロンが沢山ある地区に住んでいるのに、交通費出してわざわざ遠方に出向くことに対し疑問を感じないわけではないのですが、大人になると「面倒くさくないのが一番」になってしまうものなのです。美容院は。あらゆる意味でねー。
 でも、今回ばかりは「卒業」を考えざるをえませんでした。なぜならーー!!担当の方(40歳男性。妻子あり)の好きな芸能人が「オオツカアイ」だとわかったからです。
 彼女に恨みはありませんが、あーいう人をね、即答で「タイプの有名人」に挙げるよーな男性に…自分の頭を任せるのはどうなんだろーかー!? っていう…そーいう思考回路は、あながち間違ってはいないはずですからええ!!そーやって生きてきちゃったし今までだって!
 (一番絡んでくれるシャンプーなどの男子はいいんだけどね〜〜。「上野樹里」が好きですねーボクは〜〜だそうだしィ〜〜 →この選択はマジで上手い!いいところを突いてる!この子はモテるでしょう!)
 次回は。次回こそは、あの敷居の高い…そしてお値段も当然よさそうなあそこに行くか…行っちゃうかアタシ…

 <ヴィンテージのグッチのバッグを買いました。>
 一部の方には相談までいたしましたが、AとB、どちらを買おうーー? 買うべきーー? どう思うーー? みたいなことが先週、風邪とともに私の悩みの種になっておりまして〜〜(どっちも買わなくていい。という選択肢は私にはありません)、
 それがねーー。Bになった。つー報告です。結果的に。
 バッグの置いてある行きつけの古着屋さんには着々とコートも届いていて、試着しているうちにそれらも欲しくなってきましたが、コートはなーー。金銭面でもそうだが、長期計画に則って購入しないと暮らしが厳しいことになってくるので。そう、収納がね〜〜!!
 いずれ春も夏もやってくるこの国で、ロングコートを何枚も持つのは不自由極まりない道だからのうーー。不自由…それは私が敵対視する単語。概念。自らそこに突っ込んでゆくこともなかろうて…
 というような成り行きで。ひとまずバッグ(だけ)を買いました。現金とカードで補填しあって。つか、補填はウソか。どっちも自分のお金なんだもの。最終的には自分で払ってんだもの。出所は同じなんだもの…
 しかしながら。それはそれとしてかわいいです!!黒!!ベージュは使い倒してるから〜〜黒がほしかったのー。斜め掛けしてガンガン使うわよーー!!
 (バッグもお洋服も、昔のラインに惹かれちゃうのはなんでなのかしら。心は昔の人なのかしら。前世は1960年代くらいに華々しく生きたマダムなのかしら。それは調子がいいかしら。)

 追記。
 本日のタイトルは、さっき口をついて出てきたブリッジの曲より。他意はありませんよ。
 でも 僕は笑顔見せるのさ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
やっぱり、ブリッジはいいなぁ〜大好きだぁ。
フリッパーズは勿論ヴィーナスぺターも再評価されているのに、
ブリッジは今も昔も…悔しいぃ〜って個人個人盛り上がっていれば良いんでしょうけどね。(今年の春先に某人の日記に現在の男子メンバー3ショットが掲載されたのには小踊りしちゃいましたけど)

バッグにしましたか!まぁAも面白そうではありましたけど。
良い選択だと思いますよ〜
hazu
2007/11/26 17:43
 おーhazuさん!早速ありがとうございます。相談にも乗っていただきー。Aも今後ずっとナシなわけじゃないんで。視野には入り続けてますよー。つか、遠回りしないでピアノと暮らしたいよ!ピアノと犬とな。
 ブリッジ、でも、今の感じもよくないですかー。ほとんど黙殺かもしんねーけど、今でもいいってゆってる人が確実に少しはいて(ここまで誰かが読んだら泣くかも…でも以下フォロー入りますから!)しかも!その人たちみんなカッコイイじゃない!?(男女問わず)なぜか!!みたいな、そんな2007年現在がー。ジャンル遠い人でもいきなりブリッジだけ大好きサ!とかもありますしね。
 どれもかなり好きですけど(声が既に好きだから)時間がたつにつれカジ君の曲が好きになってきましたねー私は。すごいヒネたツクリなんですよねー。詞も。怒ったら怖そうな人だよなあーカジ君…(妄想)
まき。
2007/11/26 18:16
こんにちは。はじめまして。
多分、乙女美学校で検索して少し前にたどり着きました。
私は乙女美学校は行っていませんが、
沼田元気さんのカフェ講座の第一期と第二期に通っておりました。
多分、まき。さんと同じ世代かしら。。。。
恵比寿の美容院はfで始まるお店ですか?
私は3年ほどお世話になってます。
夫もお世話になっております。
毎回行くのが愉しみなお店なのでおすすめです。
みなさんフレンドリーで敷居高くないですよ!
夫が編集者なので、なんだか勝手にまき。さんに
親近感を抱いております。
またお邪魔させていただきますね。


el
2007/11/28 20:26
 elさま、初めまして。コメントとっても嬉しいです。カフェ講座から続けて乙女学校に通われている方もいらっしゃいますよー。私は一年で中途退学した堕乙女なので純粋乙女の方に読んでいただくには恥ずかしい日記ですんません。
 というか、こんな地味な呟き日記を読んで下さって感謝です!足を止めてくださる方がいるだけで幸せですけん当方は!!
 そして、そうです。恵比寿のそこはfで始まります。多分当たってますねー。行っちゃおうかなー。髪って重要ですもんねー&美容院で過ごす時間ってけっこう大事だしー(実際長時間だし)
 elってニックネーム、かわいいですねそれにしても。私もかわゆいのにすればよかった! これではモー娘。などのファンみたいだし、単に本名なだけだし…。レーベルのアレがお好きなんでしょうか…沼田先生の教え子さんたちは本当に素敵な人が多くて、なんだかすごいなあーー(ひとごと)
 またゼヒ遊びに来てくださいませ。旦那様にもよろしくお伝えください !(あ、きっと同世代だと思いますよelさんと。同世代にウケがいい様子の日記なので。上下三歳とか)
まき。
2007/11/29 10:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
さよならの季節は 詩人達の落書きのようにもううんざりさ。 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる