平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS だってお天道様は大事だモン。

<<   作成日時 : 2007/12/03 16:28   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 おっそろしー!!もう師走だってー。きゃーーー!!

● 最近の「私とピアノ」
 金曜の夜に実家方向でレッスンがあったんですが、先生のわくわくぶりが何しろおかしかったです。
 生徒の私は、風邪も治らず鍵盤も丸一週間触っておらず、大した進歩をお見せできずに非常に残念でしたが、それでも一応!ピアノピースでいうところの最難関の曲(A-F表記だっけ…? それの〜〜なんと、F!なのでーー今の曲はー!!て、ま、EとFなどは大差ないと思いますが。得意分野だと限界超えても弾けちゃう〜〜みたいなところあるしねピアノは。作曲家や曲との相性が大きいので…)を、最終小節まで譜読みできるようになり、
 おまけに!先月あたりからは「それを場合によっては一度も間違えずに最後まで弾くことができる」てえところにまでたどり着き〜〜!!(書いているだけで涙が出そう…長い道のりだった…半年以上かかったよ〜〜!わーん!)、その状態に対して〜〜なぜか、先生のほうが浮かれていたわけです。
 先生は、年下の大変明るい女性で、数ヶ月前お互いがとあるバイト先の先輩後輩関係(勿論私が先輩で、時期もカブってはいませんがー)だったことが発覚して以来、さらに人懐こさに拍車がかかり、
 (「応募条件・女子大生」という大変なお店でした…。条件に反して、仕事内容は清く正しく薄給の販売でしたが。女子大生限定!ってのは店長のモロ趣味で、遅番の子は店長のジャグアで家まで送ってもらえるのが特典でしたのー。私も何度か送ってもらいましたが、ジャグアのオープンは、歩行者にジロジロ見られて居心地が悪かったなァ〜…ま、おもしろかったけど〜!それから、店長は髪が薄く、意地で!帽子を被ってオープンカーを運転していたのですが、その帽子が全く飛ばないのが不思議で不思議でー!「どうやってくっつけてんのかなーアレ?」と、休憩時間に論議になっていたものですよ、「女子大生」同士で)
 そんなこんなで。なんていうんでしょうかー、私たちは、先生と生徒ながらも、今やキャッキャ!!みたいな〜〜そういう仲になっており、
 プラス、褒めて伸ばす方針…というよりも単に事実なんでしょうが、現在、彼女の生徒さんは子どもばかりで「**さんがダントツ一番上手なのよねー!!だからも〜〜教え甲斐があってあって〜〜!」だそうでー。
 私が今やっている曲も、先生は「私なんて、コレ、音大入ってから弾けるようになったのよー(→こういうこと言っちゃうところが好き…)**さんってすっごく上手かったのねー。高校二年で弾けたんでしょう?? ピアノ科に進めばよかったのにー。頭が良くて普通の四大しか考えなかったの?」とか言いだしたりして(いや頭はそんなに…ピアノで身を立てるとか思いつかなかっただけつーか…)、とにかく素直な、愛らし〜い性格なのです。
 お嬢さんがそのまま大きくなった女子の典型ですね。いっつも真っ白だし。肌がじゃなくて、全身が白なんですよー!コートも靴も時計もイアリングも…。電車で出勤したことない人ならではのファッション…(→そーゆうところも当然私は好きだったり〜〜)
 と、そんなこんなでー(私はまだまだ今の曲を弾きこなせていないのに)、先生のほーがフライング気味に「次、どの曲やりましょうかー!!」みたいなモードではっちゃけまくっててー。これはどう〜? これは〜? じゃなかったらこれは〜〜?? とかいって模範演奏を立て続けにしてくださった夜でもあった、と。
 えーー。その様子を見て、女子はやっぱり屈託なくかわいいほうがいいなー。いいに決まってんなー。こじれたりしている人はこう、ナンだ…(以下略)と、腕組みしながらつくづく思う男らしい私でした。

● 布団を干すのが好き。干した布団で眠るのはもっと好き。
 丘陵地帯の戸建て育ちの私にとりまして、元来、「人間が日当たりのよいところに住む」というのは至極当たり前のことでした。
 核家族は子どもに甘いもの。付近一帯のどの家でも、子ども部屋は全て南向きにしつらえてあり、去年、私が都内の人気地域で賃貸部屋を探し始めたころ、実は何よりも驚いたのが、ヘーキで(しかもとんでもない家賃で)、北とか北西とか北東向きの部屋が存在するっつーことでー!! アンタ、西向きくらいだって神奈川の人間なら躊躇するよー?? 東京ってのは怖いところだなあーー!!(百回目くらい)と、そりゃあもう頭がぐらぐらしたものです。
 そんな私の現在住んでいる部屋は、木造で昭和物件で狭くはありますが、方位は熟慮いたしましたので、そこんところはまあ良いのです。南東。ええきちんと朝日が当たります。
 残念ながら、駅徒歩5分という立地ゆえ、もんのすごーく近くに!!「お隣」があるもので、正午過ぎたら翳っちゃうんですが、
 でも、休日に目が覚めた瞬間、「よかったー晴れてるこりゃツイてる!」と思ったら、もー眠気なんてサヨナラ!!ガバッ!と起き上がり、寸暇を惜しんで布団を干しております。季節は問いませんね。あの部屋に住む限り、私は今後ずっとそうすることでしょう。
 お布団干すの大好きだからーー。取り込んで匂いかぐの大好きだからーー。その夜ホットミルク飲みながらそれに包まれて本読んだり考え事したりするの最高だから〜〜!!
 できれば、今度住む部屋は広いベランダがついていて、お布団も洗濯物も同時に干せるよーなところでありますようにー!!と天の神様にかわゆくお願いしつつも〜〜!現状は仕方ない、二つに一つですよ。そんなとき!いつだって迷わず「布団」を選ぶ、それが私です。
 夜でも洗濯物なら乾くけど、お布団はお日様に当てたいものー!!そう思って咳き込みながら布団を干した週末でありました。(寝てろ)
 
● 筑前煮を作りました。
 公約(?)通り。けっこう簡単に、ハズレなく作れるものなのですね。煮物ってよく出来た子かも…!!
 つか、私が苦手なのは幾つもの野菜を剥いたり切ったりする箇所なんだなー!と確信いたしました。誰かが予め剥いたり切ったりしてくれれば、料理もやぶさかでないかもしれないのにーー!!
 なーんつって。それが嫌だからみんな料理を面倒くさがるんじゃんねー。そこがキモなんじゃんねー。うん知ってるー。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
だってお天道様は大事だモン。 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる