平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS 微調整は自分でするものしたいもの。

<<   作成日時 : 2008/01/22 15:54   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 <はじめに二つばかり>

@ 近頃また毎日毎日「友部百男」検索で来訪される方がいらっしゃるーー!!先に申し上げますが、すみません、ここにはなんの情報もありませんのでー!(本人ですら、何書いたかも忘却の彼方――) 次のどこかに行かれたほうがよいですよー。ご訪問ありがとうございましたー! (慇懃無礼スギ?)

A 電車にて。カップルの女子が(広告かなんか見て?) 「JALってなんの略―?」と無邪気に聞き、対する彼氏が堂々「そりゃナンカだろォーー」とルーズに男らしく答えているのを目撃。ナーイス!!お似合い!!皮肉でもなんでもなく、爽快な気持ちになりました。
 興味薄い分野の知識がないなんてーのは、当たり前だ!(たとえば私だったら二次関数以降の数学など…)そこそこの美人ならば皆「スチュワーデス試験、受けようかしら…」みたいなことを考えたらしい(ヒトゴト)時代とはえらい違いだよー。いいねいいねーー!!件の彼女はけっこうキレイなコだったから余計に、邪な上昇志向がない様子にぐっと好感を持ちました。
 必要なときが来るまで、知らないことなんていっぱいあったっていいのよねー!(これって自己保身?)

 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 さて、本題です。
 週末、ぼーっと眺めていたQJ(2005年の。カエラが表紙のやつ)に、「独身女性の自殺率は、日本が先進国内ではダントツ一位!!」つー大塚さんの書いた記事を見つけてしまい、戦慄が走りました。
 この一行の破壊力ったら…。またまたァー!なんつってまぜっかえす隙が一ミクロンもありません(読んだ当時はここまで反応しなかった自分を思うと、そこもまた感慨深いですが…って、深くなってる場合じゃないですが…)。
 実家時代は繰り返される圧力by両親 の針のムシロで…一人暮らしをしだしてからは(私の場合)寂しさから…というより「金銭&将来両面における恒常的不安」で…グラグラするのは日常茶飯事、
 「死のう!」とまで思ったことないものの、「お先真っ暗!!」くらいなら毎日考えているし、独身女性と一口にゆっても十人十色であることも充分承知の上で〜〜!それでも生きづらい人が沢山いるだろうことは想像に難くなく…つーより、生きづらくって無理はない…というか、むしろ、そー感じるくらいのほうが人として自然じゃねーのー?? みたいな、そーゆうさァーーそーゆうのーー超!あるもんねー。あるあるー。未婚女性のライフには、そこ此処にトラップがありあり!もう沢山!!てくらいだものーー。
 あーーあーーイヤなもん見ちゃったなあ〜〜〜!!!
 …といった流れでー。寒さも相俟って、かなり落下しながらも〜〜(あと、友達からのメールで凹んだのも大いにあるんですが、それはまた別の話なので…)。
 ダメダメダメ!!! このままでは何もイイことないよ!! 凹んでても一人!
 ブルーを軽減すべく、なんらかの手立てを打たねば!!ということでーー(全ての行動は「哀しみからの逃避」であるような私の「自分で決める楽しい」暮らし…)、
 行ってみたかった美容室に挑戦してみることにしました。それが日曜日でしたのーー(以前、励まし?&お薦めコメントをくださったelさん、ありがとうございましたー!お言葉通り、感じのよい、かわいらしいサロンでしたよー)
 受付にいた子がすごーーーくかわいくて(mottoのころのYUKIちゃんみたいな頭。それで栗毛色。カッコは昔のフラボアみたいな感じ。グー!! 決め付けですが、若いときに一度は通りたいファッションだものネこういうのは!!)、入店早々いい意味でドキドキでした。
 担当してくださった方(初回なのでアトランダム)も、落ち着いていてお洋服も素敵で(私は、おとなしくて芯が強そうで決して暗くない人、を初対面では一番信頼する)、話している間だけでも「ちゃんとした大人だ!イイ!」みたいな印象だったのですが、
 シャンプーをしてくれた女子と<何故このお店を知ったのか>みたいな話になったときに、「あら。だったらFが大森さんの担当なので、ちょうどよかったですねー!」と教えてもらい!!キャー!!大森さんと同じ人に切ってもらえるんだ私!!とオリーヴ魂に火がつきました。こゆのは運だけだものねーー!!うれしー!
 間接バサミ!!間接指!!(いや手はさすがに洗うよな…)。ちゃんとお化粧してくればよかった…と後悔しても始まりません…(女子失格! つーか、ちゃんとお化粧ってどういうのだろうー?? という地点を彷徨っている駄目な人…)
 ヘアスタイルは、第一回目なので今の感じのままお願いしたのですが、すごーーーく良かったです! 気持ちが入ると違うわーー!(こっちの)。
 それから、受付のかわいこちゃんに髪を乾かしてもらったとき(多分マニュアルなんだろうけど。お客様の良いところを最低一つ見つけて褒めましょう、みたいな…)、「髪型も口紅もとてもよく似合っていて素敵です!」だの「かわいらしい」だの言われ、消え入りたくなるほど恥ずかしかったです。
 自分よりはるかにかわいい年下の女子にそんなこと言われるのって、嬉しいけれども一種拷問だわよねえーー。
 …アナタのほうがずっとずっと素敵な髪型で素敵なメイクで顔だってカワイイのにーーー!!と叫んで、首から下にビニールみたいなのを巻いたまま遁走したかったですよ! しないけどサーー。
 かわいくなりたいなあーーーとか、魅力ってなんだろう? とか、人をキレイにする仕事って素晴らしい…とか、いろいろ考えあぐねながら帰りました。すべて解決は難儀だが、せめて!こういう気持ちだけは忘れないでいたいです。
 他にも降りかかる難題はいっぱいいっぱいあるけれどーーありすぎだけれどもーー…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです。
あけましておめでとうございます。
おお!私も担当はFさんです。
来週夫と伺うのです。
あの美容院はほんと褒めてくれるので
「・・・女子として、この言葉を素直に聞けるくらい精進しなければ」と
身が引き締まります。
夫は「いらっしゃるたびに、いい感じになっていますねー」と
言われたらしく、照れています。
お勧めして、気に入っていただけて嬉しいです。
明日は沼田元気さんが名付け親という「乙女美肌室」という
サロンに初めてエステしてきます。
感想お知らせしますねーーー。
el
2008/01/23 00:25
 elさん、あけましておめでとうございます。過日はありがとうございましたー(?)。日曜の一番最後の予約だったせいか、人が多くてカジュアルな感じで(もっとロハス!みたいな? ほっこりしたところなのかと思ってたのです)そこもよかったです。おっしゃる通り敷居も高くなかったし!
 そして、elさんもFさんとは!間接バサミですねー!(笑)私の前にご夫婦でいらしている方たちが精算してて、elさんかなー?と思ったんですが、来週なら違いますね…ふふふ。
 褒め言葉はねー、それに相応しい自分にならねばいいのだが!遠いー!という気分になるほうがまだまだ多いですよ私は…精進しなければーですね。ほんとほんと。嬉しいけれどもー。誰からも褒められなくなったら…って考えるだけでもしょんぼりしちゃうし。

 乙女美肌室、噂に聞いているだけです!興味あります!ゼヒご感想をお聞かせ願えればー。私、ホント失格なのでね…いつもすっぴんだし(ファンデーションを塗らないということ…いい年してなァー)エステとかネイルとか行ったことないし…
まき。
2008/01/23 10:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
微調整は自分でするものしたいもの。 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる