平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS 時にはトリップ 時にはトラベル。

<<   作成日時 : 2008/02/01 15:29   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 今日から2月です。閏年なのねーー。四年に一度だけ、29日まである。オリンピックも、ある。
 私は2月29日生まれじゃないし、オリンピックに縁もないのでそれはどうでもいいのですが、1月よりはいい月になればいいなぁ〜〜と。現在、それを心から祈らずにいられません。
 なぜなら、冴えない話を書いてもただでさえ大したことない日記がさらに精彩を欠いてしまうので自重していましたが(って結局書いちゃうわけだが)、1月はねー、2008年の1月は、ホーント冴えなかったからー。
 ブリリアントな出来事が、全然なかった。なんつー素敵なレベルじゃなくて、ただただ地を這ってたような感じ。体調も優れないわ、気分も晴れないわ。おまけにとっても寒いわ…
 優れないってゆってもさ、生死を彷徨うような壮絶なヤツじゃなくて、倦怠感とか眩暈とか動悸息切れとかそーゆう不愉快な感じの輩が、サクっと当たり前のように日常に紛れてくるタイプで〜〜(単に加齢?)。 つか、眩暈はすごかったねー。眩暈が原因で入院したこともある私ですが、この「揺れる感じ」がずっと続くなり、悪化するなりしたら、きっとあそこまで行くなあーーやべえ!と、経験から思ったくらいだったので。
 いやはやともかく。何から何まで押しも押されぬ「冴えねえーー!」状態だったんだよなーーと。それが一ヶ月にわたったんだよなーーーと。浮上する予感もしないし、なんでこんななんだろーかー?? やだわー、なんかの厄年〜〜?(30代の一番メジャーなやつ一個は終わってるけど、三十路は厄だらけらしいから…)とかまで思い中…つーか、こんな状態が一年続いたらたまんないんですけどーー!!
 ということで。 誰にだかわかりませんが、厄年絡みじゃないことを証明? していただくためにも(←調べる気はない。そゆの気にしだしたら毎年何かしらには引っかかってしまうと思うので。これはアレです。君子危うきに近寄らず、ってやつー。君子じゃねえけど… と、そんな私には、隠しきれないオーラが出ているのでしょうか、宗教の勧誘にほとんど遭ったことがありません…。あそこではさすがにやられちゃうけどね、渋谷のあっち側…。あそこはほんと、所要時間の半分誰かにとっ捕まるゾーンだよなーーメ・イ・ワ・ク!!)、
 二月は必要最低限の身体の健康と、おだやかな精神の維持を、心から望む次第であります。
 もう、それだけでいい。それだけで充分です。つったって、相応の努力もしなきゃならんことはわかってますけどもね。愚痴って暗い顔して篭ってたって腐るばかりなことは承知しているんでーー。はあ〜〜。
 と、その辺を(溜息まじりに)踏まえてー。 明日か明後日は「知らない町」を探検してみようと思っているところなんでした。どこに行くかはこれから検討しまーす。良さそうな喫茶店のあるところがいいかなー。あんまり遠くなくて。
 こゆことを考え出すと、どんな状態でも少しはわくわくしてくるんだから、自分はどうやらマジで「一人旅」が好きで好きでしょうがない体質なんだなーと思わずにいられませんね。そうなんだなー。うーむ。
 (一人ってなんて楽しいのー。 人のご機嫌を伺うのって調子悪いときには超面倒―。 旅やらなにやらの先で人々とダイレクトに向き合えるのがすきですきでたまらなーい。 その場で気が変わりがちー。 などなど、一人が最適――!!それっきゃなーい!!としかいいようがない諸症状が持病でもありますしー)
 あと、私は「寂しい」っていう感情が結局好きなんだなあー!という思いも決定的にー!どかーんと、あるし。あるねーあるある。 イイヨネー。寂しい感じ。
 世の中には「寂しくなければなんでもいい!!」ってくらい、そこから必死で逃亡したり目を逸らしたりする人が多いようだけれども、私はそんなことないんだなアーこれが…(ちなみに、寂しいのがキライなのは自由だしけっこうと思うけれど、それに必死になる人のなかで、落ち着きのない人ってのが少なからずいて、そーゆう人だけは苦手…。おどおどしたり、過剰な反応したり、逆切れしたりなー。自分で「こっちのほうが幸せ」って思うほうに邁進してんだったら、もっと堂々としてりゃいいんじゃないのー?) 
 寂しい、って気持ちを、むしろ忘れたくない。いつも傍らにおいておきたい。集団の中にいても。二人でいても。 メランコリックがすきなのかしら。そうなのかしら。呪われてるなあー。悪いことじゃないのは知ってるけど。
 
 …と、まとまらないままに、次の話題に突入です。
 「皮膚が痒くてしょうがなーーい!!」
 (↑愚痴ゆっててもしかたない、と、ついさっき書きながらどうかと思いますが、今一番叫びたいのはソレなので許されたい…)
 もともと、私は乾燥肌寄りで(知っていながら31まで化粧水を一滴も使用したことがなかった冒険家ですが…。わーゴメン私の肌!)、冬は毎年あちこちが痒いのですが、今年は寒いからかなんなのか、それがもースペシャル級でーー!
 人生史上最悪の!痒さとの戦いです。毎日毎日毎日毎日…!!もうイヤ〜〜〜〜〜!!痒さから解脱したいヨーーー!!
 なにかと面倒くさがりの私でも、さすがに痒いのは耐えられないので(ケミカル嫌いってのとは全く違うし…)、対策はいろいろ講じてんですけどもーー。それでも痒ーい。痒いよーー!!無意識に掻いちゃうときもあるから、足とかひどいのなんの…ただでさえブルーなのがより濃いブルーになるナリ…
 痛いのはイヤだけど、痒いのもつらいー。湿気もイヤだけど(イヤよねー)、湿り気がなさすぎるのもイヤー。人はこうして春だの秋だのを好きになってゆくのかしら…。普通でマジメで優しい人が…とかいいだすのかしら…(確かにいいけどネーそういう人!頷くしかないけどよーそーゆう意見にも)

 えーーー、そんな冴えなくて痒かった、どんより気分の1月を。振り返ってみて、なぜかダントツで聴いたのが、「空中キャンプ」でした。
 すばらしくNICE CHOICEな瞬間。 と歌われて、なんで人は、こんなにもの悲しい気持ちになるのかしら…空の彼方にその答えはあるのかしら…それよりもトップページにいきなり現れた「地球に優しいナントカ」(ついてるだけで恥ずかしい!)とかゆうのが気になる私は心が狭いだけなのかしら…

<あわてて追記>
 追記っていうか、こんなダラダラ日記に追加するのも失礼なんだけども、鴨沢祐仁さんが亡くなってたことをついさっき知りました。ショックショックショック…
 (それで? 佐藤さんが亡くなったのを知ったときのことを思い出そうとしてみましたが、友達から電話があって「知った」その瞬間よりも、その日そのままサッカーを見にでかけて、スタジアムで待ち合わせした男友達にそれを知らせたときの顔のほうをはっきり覚えている感じ…)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
時にはトリップ 時にはトラベル。 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる