平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS 恋は遠い日の花火だ。

<<   作成日時 : 2008/02/12 14:57   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 我ながら残念な感じのタイトルですが。しょーがないネー!そう思っちゃったんだから〜〜。
 巷の噂を独り占め!の「人のセックスを笑うな」を観てきましたよ。映画を観ることがこんなに大変だとは思わんかったとです。マージーで混んでんだもんなー。
 てゆか、一周廻って「映画鑑賞」が流行してんのかなアーー今。だとしたら、いいハヤリですけどね。KYとか言う前に(て、もうそれすら下火かもしんないけど)、みんな映画にいけばいいんだ!!(とか言えるほど自分も観てないのですが…)

★ 何はさておき、私は井口監督の映画が好きでたまらない!!
 あの尺で長―い、と思う人、「なんでこんなシーンを執拗にダラダラ撮るのー」と思う人、いろいろおられて当然ですが、私は好きで好きで、もうずうーーーーーーーっとあのまま6時間くらいでも構わなかったです。
 「犬猫」がホントーに「私の人生を変えた映画ベスト10」くらいに入るので、このたびの作品も「好きには違いないだろうけど…思い入れが強すぎて胸の鼓動が聞こえちゃうカモー!!」てな状態で出向いたわけですが(そして、一度では観られなかったわけだが…。朝イチの十分前に着いたのに満席、次の回も最前列の5席のみ!!エーー! その次のでやっと後方中央部左端の席だったんだよー。どんだけーー!!→すみません…)、
 とにかく、私は井口さんの撮る「お家」「町並み」「川原」「犬や猫」「三叉路」「自転車」だけで…もう…。特にお家ねー!
 「犬猫」のあの家が特別素晴らしいのかと思っていたら、今回もまた、みるめんちもユリちゃんちもユリちゃんのアトリエも、外から中まで全部私好みで、死にそうになりました。インテリアがものすごーーくいい。昭和で。でも、ほっこりじゃなくて。和室もしびしびしびれるーー!!ああゆうお家は今どこにあるんですか?? 住みたいです!(勝手に!)
 恒例の「カメラ長回し」とか「フレームに誰も入ってなかったり、出て行ったりする」のもすごく良かったし、評判の「えんちゃんがクッキーをずるずる食べる」シーンも大好きでした。視線が低いんですよね。で、どの場所でもその「高さ」が変わらなくて。それら全て良いんだワーー。
 「犬猫の本」(ちょういいヨ!!正式名はググってくだされ。てか、貼ってる人も死ぬほどいることでしょうーー)を読むと分かりますが、この女性監督の志の高さと根性は並のものではなく、映画監督って…と絶句するやら感動するやらなのですが、
 どの映画でも観るたびに少しずつは思う、「結局、映画は監督のものなんだな…」を、しかしここまで大量に思い知らせる監督も珍しく、そーゆうことをより深く考えずにいられませんでした。

★ そして、俳優さんたちや「恋愛」とゆうものについて。
 「犬猫」同様、キャスティングは最高。 永作さんが遺憾なく本領を発揮(「幾つになっても」がつく妖精みたいなーとか小悪魔系のーじゃなく、かつ、自ら「恋はいつでもしています」的なことを語りださずとも成立する、そんなモテモテモテモテそ〜〜う!!な女性チャンピオンはあと数年彼女の独走だろうー!)されていたのも想像通りでしたし、
 蒼井優ちゃんの神がかった演技(彼女は現在すごいところにいるのでは…)にもすっかり心を奪われ(観覧車のシーンなんて…!アタシかと思った!!→ここは忘れてください…)、えんちゃんを好きな男子(あの人…顔だけしか知らなかったけど、最後とかほんとキュンとしたー。現実のタイプとしても、私はみるめよりこっち派…)も、もうもう!全員ばっちりッス!!でした。
 で、世の中の人が大勢、萌―!中らしい松ケンさんのことはよく知らないままでしたが、あの「何も手につかない感じ」はああいう状態の人そのもので、「いつもと違ってカッコよくない…」みたいな文句も聞いたけれど、そうだよ冴えないんだよ!恋をして、それがうまくいかなかったら冴えねえよ!どんなイケメンだって!!としか言いようがないので、そういう意味ですごくよかったんじゃなかろうかー。
 そして。 えんちゃんが言っていたように「人生にはどうにもならないことがある」わけでー。あるヨネー。超、ある。
 えんちゃんがみるめをどうにもできないだけでなく、えんちゃんは自分自身すらどうにもできない。そーゆうのが恋だったなーー…とリアルに遠い目になりました。幾つか思い出すシーンはあるけど(特にみるめの熱っぽい感じ…私はユリちゃんみたいに太っ腹じゃないので、あの地点で失敗してこじらせる名人…)、
 私はもう二度とああいう感じはなくてもいいし、自動的にないような気もする…(シーン!)
 (最後に、くだらないようですが大事なポイントを一つ!!永作さんのかわいくエロい後ろ姿を見て、三十代中盤以降の女子はもっともっとうなだれて、のちに頑張ろうー!!オー!←自分にも喝! 足がほそーくて、お尻が小さくてきゅっと上がってんのよねー。アレはすごい…必見です!)


<以上と関係のない覚書>

@ 赤ちゃんの生まれた友達の所に近々いくので、中目黒の子ども用品店でプレゼントを物色したのが、スーパー楽しかった!!赤ちゃんの服ってめっちゃかわいいのなー。びっくりした。あんなに嬉しい買い物は久しぶりかもーー!
 ロックTシャツ仕様のロンパースを買ったのですが、AC/DCとツェッペリンとメタリカとストーンズのどれにするかで25分くらい悩みました…(どれにしたかは内緒―! て、友達も私もハードロックなどは特に好きじゃないのですが…)
 浮かれるままに、安くなっていた(子供用)ダウンを自分用に購入してしまいました。せめて140cmの…と思うも、お店の人に「お客様でしたら130cmですネ!」とアドバイスされ、それがあまりにもぴったりで複雑な気持ちに…。
 でも、今日会社に着てきたら早速褒められて、ラッキー!服のサイズ感って大事よねー。

A 弟よ、誕生日おめでとーう!!お互いいい歳になってきたねえー!(彼はこの日記なんぞ読んでないが…&誕生日自体が今日でもないのだが)

B 会社の友達に「まき。さんの日記もっと読みたいよー!もっと更新しなよーー!!」と言われ、それだけで単細胞の自分はホクホクだったのに…その夜、ちょう素敵なメール(サプライズ的なー)が届いて、さらに大喜びーー!!小躍りしました。おとめー。
 僻地でも、小規模でも、日記ってコツコツ書いてるとこうやっていいことがあるんだなアー!(←手の甲で流れる涙をぬぐいながら…。現時点では7対3くらいで「書いててよかった」の勝ち!てところでしょうかねー)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。
「須賀敦子」から偶然このページにたどり着き、文章の雰囲気がとてもよく、「いいな」と感じたので、お気に入りに登録し、ときどき読みに来ていました。
が、先日ちょっと驚いたことがあり、とうとうコメントしたくなりました。
というのも、先日なんでだったか枡野浩一のページからここにたどり着き(※ちなみに枡野浩一自身については私は特に何の関心もなかったのですが)、「ああ、いい文章だな。」とお気に入りに登録しました。
‥で、数日後にやっと、この2つの文章の載ったホームページが、実は同じだったということに気づいたんです。

でも、これってすごいですよね。
私、他の人のブログってめったに見ないですし、おまけにネット上には無限にブログなんて転がっているのに。
文章の力、言葉の力ってすごいと思います。
もた
2008/02/12 20:43
 はじめまして!もたさん。こちらこそびっくりっていうかなんていうか(指先ふるえながら)二度もこんな日記に目を留めていただき、ありがとうございましたー!(としか言えない…)
 見つめなおしたってたいした日記じゃないんですが、とくに勢い重視で推敲もできるだけしないようにしているもので…はぁ〜身に余る光栄というかなんというか…!須賀さんの検索でいらしたりする方にそんな…立つ瀬がないみたいな気持ちまでうまれちゃいますが。
 いや、うれしいです!!ほんとはすごくうれしいです。今後もたまに気が向いたら読みにきてください。あまりブログとか読まない方がコメント書くぞ!って思ってくださっただけでも、ああうれしいー。ありがとうございました(二度目)!
 枡野さんのところのことは、あまり深く考えないようにしているのでアレですが、そんな風にフラットな気持ちであそこからここに来た人もいるんだ!という証言? は季節外れのプレゼントのようであります!
 私のほうからも「言葉の力ってすごい」みたいなことを、もたさんにお返ししたいですよー!ではまたの機会がありましたらー。
まき。
2008/02/12 23:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
恋は遠い日の花火だ。 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる