平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS 57!!

<<   作成日時 : 2008/03/17 16:17   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 梅はピークを過ぎたようですが、木蓮がきれいですね。ご近所の庭を見てほんのり明るい気持ちになったりなど、長閑な週末を過ごしました。ま、あたしゃいつも長閑だけどねー。

◆ ピアノのレッスンで、左手の指について、きっちりねっちりサリヴァン先生とヘレンのようなやりとりをしました。
 きらいきらいだいきらい!!指使いを言われたとおりにするのーー!(反逆精神というより刷り込まれたものを直すのがイヤなだけなんだけど…)
 ええええわかっているのです。今の時点で、楽譜に指示されたような指使いを会得していないと、いずれ「本当の速度」になったときにとても追いつかないであろうことは。ただでさえ私は左手を早く動かすのが苦手だし…
 でも、でもでも!切れそう!!切れそうだよーー!!(先端神経が)「ここでいきなり4っておかしくないですか!こむら返りしそう!気持ち悪いです!!」「誰もがそう思いながらも、弾いてきたんです!!結局これが一番負担のない動きなの。私も先生にエンピツでいちいち数字を振られてやっと弾けるようになったから、違和感はすごくわかるけど。 ネ?? 頑張りましょう!!ほら!!」
 いいオトナ同士とは思えないほど、熱い師弟の会話を繰り広げた金曜日の夜…。

◆ 「めぐる」が終わってしまって悲しすぎるー!当分「毎週楽しみなテレビ番組」はないかも…。
 あの天才が書いたドラマだからおもしろくないわけはなく、実際楽しみましたが、虎と竜とか「吾輩」に比べると、感激度は低かったかもしれない…。おおおおおおーーー!!!そう来るかーーー!!ってところが少なかったんだねーー!上記二作よりも。
 考えてみたら、キャッツなんていちいちすごかったもんなアーー。奇跡だよ奇跡!裏と表とか、昼と夜とか、ハリウッドスタイルとか。あれが惜しみなく放映されてたなんて…ありがたい日々もあったもんだーー!(今でも私の心には、みれい先生の「普通」のサインボールが輝いているゼー!!!)
 いーや!「岸辺のアルバム」や「刑事ヨロシク」や「時間ですよ」や「花嫁人形は眠らない」や「青が散る」もテレビドラマだったのだから、どんな時代にだって「やれる人はやる」ってことなのだろうが。
 なーんつってなーー。こーゆーことを門外漢のくせにグダグダ書いてると、よくわからない誰かさんのブログみたいになってゆきそうなので(私はテレビすら持っていないので資格もないし…)、この話はこのへんでー。

◆ 髪を切りました。(elさんお元気ですかー?)
 前回に引き続き、恵比寿のFで。二度目なのでお互いの「感じ」もわかってきて、担当のFさんともリラックスしてお話ができ、とても嬉しかったです。そして、相変わらずお店の女子が全員かわいくて目の保養…。
 先日、YOU TUBEで「なんてったってアイドル」を見た女友達が、「眼鏡かけて車(タクシー?)から手を振るキョンキョンが、すげーまき。ちゃんに似てるヨー!」とお世辞半分で教えてくれたのでチェキりましたら(似てないけど)あーー言わんとすることはワカルー!!みたいになり、そのまま「このくらいのショートボブにしてしまいたい!!」までわずか4秒…。
 そんなわけで、現在は「あのくらいガツンとしたショートボブ」の私です。単純な女だなー!!(アレ何年前だよ…とか、キョンキョン幾つだったよ…とかはなるべく考えない方向でお願いしたいトコロ…)
 それよりも、Fさんに会話の流れで「よくクドカンさんが買い物してるらしい洋服屋さん」を教えてもらってホクホクでしたー!(バカの上塗り)。せっかくだから(?)覗いて帰ろうかと思いましたが、そんな自分にがっくりきそうだったので、今回は止めに…でも、心には刻んでおくヨー(それだけで気持ち悪いよー)
 …それから、春の風に誘われて〜〜♪(ニュアンスしましょ by 香坂みゆき)…古着のワンピースを買ってしまいました。
 「細いとホント何でも似合っていいですねー!!」とヨイショ気味におっしゃる仲良しの店員さんに、「いやいやいやー!!足は太いですし、年とともに全体的に細くなくなってくることに気付いて愕然としたばかりなんで、そんなことはそんなことは…言わないでくださいーー!!」と(おかしなくらい)熱ーーーく否定。
 実は、久しぶりにウエストを測ってびっくりしたばかりなのです。57cmだよーー!!57ったらもうすぐ60じゃん!!驚いたーー!!高校時代は52cmで、家庭科(被服?)の先生にまで注目された、少ない取り得のくびれだったのに…ぐらぐらする…。
 アタシ運動ダイキライだからなー。ジム通わないとダメなのかなー。ビリーかなー。修学旅行のお風呂で「クラスで一番痩せてるのはまき。ちゃんだったヨ〜〜〜!」とフジ(友人。かわいこちゃんだったのだが、風呂長えなーー!と思っていたら全員を見てたっつう…マニア…)に報告された日が懐かしいぜーーちっきしょーーー!!!年はとりたくない…(百万回目)
 (落ち着いて)…妊娠でもしない限り60超えはしたくないので、それなりの対応をしていかないといけません!!がんばりたいです。年取るほどに痩せにくくなるらしいし〜〜(あー憂鬱!)。

◆ あとは読書メモですが、
 「犬の小説」(仮称。下巻)を一気に読破しました!おもしろかったーー!!犬の仕草や表情の描写が細かくよく出来ていて、「ドキドキハラハラ・ストーリー」を軽々しい仕上がりから避けるのに功を奏していました。古典的なラブストーリーであり冒険譚であり勧善懲悪ものであり、読んでいる間中わくわくでした。楽しかったー。リコメンしてくださった方、どうもありがとうございましたー!
 そして、『冬の花火』 村上龍。なんてことないのだけれど(定番の龍節炸裂)さすがのキャリア、いい感じにさらっと読み終われました。
 以前から、私はエイミィヤマダよりもリュウムラカミ派で、この間『無銭優雅』(まあまあおもしろかったけど…)を読んだときにも考えたんですが、エイミィは「自分に似たタイプの女性」を肯定しすぎるところがアレなのかもしれない、私には…(角田さんとかイトヤマさんは、自分的な登場人物に対して攻撃要素もあったりするじゃなーーい??)
 リュウも「成功した中年」を描くことが多いけれど、痛みとか苦味も感じるから…それでこっちのほうが好きなのかも…。なーんてことを今回は考えてみたりしたしだいです。
 それと、『青色讃歌』 丹下健太。文藝賞受賞作は、気楽に読めて、読後感もいいものが多いので、読めたら読むくらいの感じなのですが。これもけっこうよかったです。
 こういう感じって、ナオコーラさんのアレもそうだけれど、書けそうで書けないものだしねー。同時受賞のやつもいずれ読みたいでーす!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
キャッツはね!ほんと、奇跡のドラマでした。
なーんの予備知識もなく観たのにたちまち夢中になりました。また1から観たいなあ。

>エイミィは「自分に似たタイプの女性」を肯定しすぎるところがアレなのかもしれない、私には…(角田さんとかイトヤマさんは、自分的な登場人物に対して攻撃要素もあったりするじゃなーーい??)

納得です。そう・・・エィミィはあの世界に飛び込まないとね。こちらもある程度以上強くないと受取れないところのある魅力というか。
角田さんのは激痛がしばしば走ります。アイタタタ・・・じゃきかないくらいの。

しかし、まきさん脚太いですか?そんなことないと思うけど・・・。
そして、本当にボブが似合いますよね。あー、お会いしたいです。

2008/03/17 20:52
 啓さん、私もお会いしたい!こーゆうやりとりも楽しいけれど、やはりナマのトークですよねー!今年は上洛もしたいしなーー。
 ところで足ですが、上半身の貧相さに比べたら太いですよ!バランス悪いってイヤー。全体にやわらかそうな女子はすきなんで(マザコン男みたいだな)痩せてりゃいいとは思ってないんですが。むう。これは遺伝もあるのだけれど…(うちのマミーは秘書時代→何で秘書やってた人の娘がこれなんだろ ツィッギーて仇名で!細くてショートヘアできれいだったんですが、足は普通だったので…当時の写真見て諦めた…)(あ。ボブのことも!ありがとうございます…好きなので嬉しい、すごく…)
 そしてキャーッツ!!ニャー!!奇跡でしたよー。岡田君が上手でホントびっくりした。ぶっさんって難しいのに… それにしても、私この日、宮藤さんのことばかり書いてて気持ち悪いですね。この間「クドウさん好きなんですよね?」と人に言われ「不動の一位は小沢君です!」って答えた矢先なのになアー(→超くだらない人間)
 …それからエイミイのこと。啓さんのほうが愛情あるかもしれない…私は割と「またコレか…」って感じの現在なので…
まき。
2008/03/18 11:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
57!! 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる