平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS おんな道いろいろ。

<<   作成日時 : 2008/06/13 14:40   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 前回、偶然再会しその喜びと驚きを記したKさん(旧姓)と、なぜか急にメールのやりとりなどをしているここ数日です。
 誰が見ても納得!の美人姉妹二人の〜(そっくりー!! ELTの人みたいな、目が大〜きくて親しみやすいかわいこちゃんで、しかも今時の洋服が似合う体型…デニムは23インチとかゆってるしイー。都会的なルックスてやつですね。要は。勿論、都内のイイトコ出身オーラに溢れています。「東京育ち」の人って自然とにじみ出てんだよなア〜〜どこに行っても…)
 その姉のほーと私はともに働いていたのですが、その期間は短く…半年? 十ヶ月足らず? てところで〜〜(私が辞めたからね!)。
 そこは、私にとって筆舌に尽くしがたくツライことのあった会社で、人間関係で体を壊し入院までしましたが、自分の甘ちゃんぶりを学んだってエことでそれはいいとしても、Kさんは若く(当時20代前半。今でも30になってないはず…)入ったばかりなのにキツイ状態の私を察してなぐさめてくれたりして(シークレットバースデーパーティを開いてくれたりしたのよー!一緒に泣いたりもしたワ〜〜)、超いい子だったな〜〜!と今でも思います。ウン、いい子だったー。
 そんな見た目も心も素敵なKさんの妹さんは、当時からKさんの話に頻繁に登場しておりまして、なんでも全国一位の東大進学率を誇る女子校出身なのに美術が得意でやりたくて、変わり者よばわりされながらも現役で東京藝術大学に入学して卒業、その後は「やりたいこととか特になくてー」一部で有名な<往来堂>でバイトをしている…てことだったのです。
 ああ〜〜そりゃホンモノだー!!ザ・都会の頭のいいお嬢さん!(いいか悪いかじゃなく、とにかく「ガツガツしていない」のが特徴。ガツガツできないのが当人は悩みだったりするのもまた特徴…)じゃないか〜〜!と、聞けば聞くほど思っていた私でしたが、
 Kさんったら、ありがたいことに「私、妹とまき。さん、気が合うと思うんですよー!」とか「ああーそういうこと妹も考えそう〜!!」とかなんとか言っていたんですよねー。私は頭も別によくないし、美術の才能に至ってはほぼゼロなので、エーーー合うかなア〜〜? って感じだったけど…
 でもー。まあ、ね、それは〜〜そーいう話半分の社交辞令的な流れとして、流れにまかせたまま私はいつしか退職し、それから幾星霜… でー。このたび偶然にも「姉妹揃って」ばったり〜〜!!!て状況なのですがー。
 ベビーカーの姉を気遣って、私と二人でスタバの会計に並んでいたときも、妹さんは都会人っぽく「今は画廊に就職してちゃんと働いてますよーーふふふ…」とか言い、私が「アレでしょ? それはイルカの絵とか売らなくていいところなんでしょー?」て突っ込んでも、アハハハ〜〜!と素直に笑ったりして(これがおっかない人だと「そんなところ…!最初から受けませんから!!」なーーんつって過剰に反応されるんでやばい…)和やかで賢そーうな女子でした。豊かな育ちってイイヨネー。
 でもって、妹さんはお姉さん同様に物好きらしく(というか、私が<同性にだけモテ系>てコトなだけなんだろうナー…結局…)、その日は帰宅してからソッコーTSUTAYAに行き、「まき。さん見てたら、聴きたくなっちゃったアー!」と、お姉さんが何も言わないうちからフリッパーズとかピチカートを借りてきて、大懐メロ大会を姉妹で開いたりしたそうで〜〜(注・都会の娘さんの基本で、Kさんの実家と婚家と新居は近い→そうじゃないと結婚しない!って人いっぱいいるもんネ〜〜)、
 …(世代が世代なだけに、私の容貌を見て思いついただけかもしれませんが、とにかく〜〜)そんな反応をしてくれる妹さんも大変かわいいが、わざわざ報告してくれるお姉さんも相変わらずすばらしくエエ子じゃないかーー! てか、アタシのツボをよく知ってるじゃないかーー!!
 てことで、このイキオイで姉妹揃って今度は約束して会っちゃったりしそうですよ。がっつりとー。6月は再会のとき! なのかもーー?
 (余談ですけれども、Kさんの旦那てのがネー、これが!!古典的な体育会系で「オンナ子どもには等しく優しいが全員庇護下にいるべきと思っている」壮絶な人のようで、幾つかエピソードを聞いただけでこちらは戦慄を覚えているのですが…。
 繊細で、我慢しがちな長女らしいKさんは、これまでもどうしようもなくなって、爆発しては家出をしたりしているらしいんですけれども、そもそもそんな人とKさんが合うと思えない私としては、男女の縁に驚くやら謎やらでメールだけでもいっぱいいっぱいです…。婚姻ってなんだかすごいんだなア〜〜 →「俺の前でケータイいじるな」「俺といるより友達といる方が楽しそうだと腹が立つ」とかゆうんだって!!ひ〜〜〜〜!)

 それから。そうそう、辛酸なめ子さんの『片付けられない女は卒業します』を一気読みしました。我ながら…(以下略)
 スマッチ!掲載時から気付いていたのですが、辛酸さんち(新居)のカーテン(北欧ファブリック)はウチのクッションと色違いでーーす!!光栄〜〜!はいいとしても、こーゆうの買っちゃうんだなア〜〜女ってやつは。と自嘲気味にも感じました。浮かれている時期ってねー。
 反応箇所は幾つもあるんですけど、まず、なによりも!最初の物件(あの若さでマンション二つ買うって…)についてー。
 A区って…。都内で、中古つったって三十平米あって…それでも!720万円でマンションが買えるところなんだなアーー!!って。衝撃すぎでしょーー。ちょっと(?)離れるだけで(こっちのほうは)億がついて当たり前なのに…昭和の中古でも。びっくりするくらい狭くても。
 あと、「<繰り上げ返済>みたいな言葉は、できれば独身女性は知らないほうが幸せなのかも…」とかいうくだりも味わい深かった…。
 それから、そうだそうだ! 辛酸さんは自分で経済を担っているのに「誰かとお住まいなんですか?」て訊かれるとイラ!とするらしいのですが、
 私は先日、会社の営業女性に「なんでまたそんなオシャレなところにーー!!家賃えらい高くないですかー!? (私なんか社員なのに川崎ギリギリの世田谷区…と軽くつけたしてから) あ〜!彼氏と住んでるんでしょー!」とか言われて、「ひとりですよー。もーきついのなんのー。ご存知のとおりの薄給ですからア…(てか、木造だし)」と答えつつも、悪い気はしなかったことを反省しました。
 浅はかな私…。そこでキッ!となるほうが女性は成功するんですねきっと…(女性性と経済能力のどちらかで勝負しなけりゃオンナが生き延びられない現代社会で、前者の能力が壊滅的な私は後者をどうにかしないと天寿をまっとうできないのに…。反省反省!)
 か弱そうに見えて強く、根性と才能のある辛酸さんって素敵…!!と思いました。その文章はやはり、比類なくおもしろいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
おんな道いろいろ。 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる