平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS ミネコ&ナンシー。

<<   作成日時 : 2008/06/16 17:57   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 土曜日。
 今、私が、もっともその姿を見てみたい女性!である 能町みね子さん!!を拝みにロフトプラスワンまで出かけてまいりました。ご尊顔だけでなく、ジャージ姿も二の腕(白くて細い)もばっちり見てきたワヨーー!!(オリジナル六ヒルジャージを二部で脱いだだけですが…) イエーーーイ!!ピーーース!!! て、誰に対してだかわかりませんが、きっと羨ましがってくれる人も多いに違いない!という前提で、そんなこんなを自慢しつつー。
 とびとびながらも幾つか考えたことを箇条書きにしておこうと思います。あくまで私見ですので、そこらへんはご了解いただきたく存じますがーー。
@ 文章が好きな書き手の姿を知るチャンスに恵まれるときって…私の場合は今のところ「想像してたのと100%ぴったり同じだったー!まんまじゃーーん!!」てことは皆無で、案外「へーー」って部分があるもので。今回も然りでした。アレですよー? だからっつって、がっかり〜〜!!てのは全然なくーー。能町さん含め、男女問わず、みなさん良い顔(整っているとゆう意味ではありませぬぞ!)をしておられます!
 要するに。「文章が好きならその人の見た目も好きー!(逆に言えば、メールとか読んで「やべえなコイツ…(距離おこう)」と思う人は一人残らずやっぱりヤバ目ってこと!)」て経験則は、書き換えらなかった!ちゅう話でしょうか。
A お客さんは普通の女子が多かった。平均的にかわいく、流行もそこそこ取り入れてるような感じ。特段こじれてるっぽい人もいなかったなア〜〜…(てか、あまりにもこじれてる人はふざけ半分の自虐なんつう行為はできないのでしょうが…)。眼鏡率も黒髪率も覚悟(?)していたほど高くはなかったです。
B 能町さん(及びお客さん方=「私はモテない系!」と自覚している人たち)と、私はどうやら男性の趣味がけっこう違うようで、個人的に衝撃を受けました。
 …今回、「各々の妄想男子」について、その特徴・エピソード・趣味・デートで行きたいところ・出身地(全て妄想)などを書くアンケートがありまして、その回答をサカナに宴もたけなわとなったわけですが、
 全体的に、私の答とみなさんのそれの多くが違っていて(能町さんとも)…ウーーーーム!!と…。以下、覚えている限りで幾つか挙げますとー。
●「ふとしたときに出る方言」に、多くのモテない系の方々はぐっとくるらしい(能町さんもそれを熱弁しておられたし、土井さんもそーみたい)。
 しかしー!私は男子の方言をいいとか悪いとか特に思ったことがなかった…(女子の関西弁はいいなアー!と思いますが…。この会での土井さんも大阪弁がかわいらしかったしー。土井さんは星野君のことを話すときホントーにキュートで、星野君に関係も興味もない私のホシノポイントまで上がってしまう始末でした…私は「好きな人を熱く自由に褒め倒す女子」に超弱いってことを「そこだけは」確信…!)。
 仮に好意を持ってる男子が方言じみたことを口にしたとしても、カワイイ〜!!よりも純粋に「ワーー**君ってどこ出身だっけ?? それ、どういうときに使うの??」とか普通に聞いて煙たがられそう…
●上記に付随しますが、「出身地」に「東京からかなり遠いところ」を挙げる人ばかりで、そこに大変驚きました…(東京。とはっきり書いた人は、読み上げられた中には全くいなかった…。広島とか九州が大人気!!能町さんご本人は北東北出身が好きだそうですYO!!えーーー!何その限定!!そもそも北東北ってどのへん…??? )
 しかしー!私はその地方独特の人間性など皆目知らないし、よく知る神奈川か東京の人がよいなー!と。話が合うのって大事だしー。年とってからあれこれ風習覚えるのも大変そうだしーー(神奈川も山間部は除外する方向で…)
●髪はもっさりが圧倒的支持を受けている!!眼鏡は(当然でしょうか…)マスト!!!
 しかしー!これも、私はあくまでサラサラ希望で、眼鏡も正直言ってどっちでもいい…(眼鏡かけてるだけで萌〜〜!とかなったことない…)
 …などなど。
 いやはやそのズレようたるや! これはもしや…私ってば実は超難関(大多数の女子、またはスーパーモテ子までもが狙うようなMMK)の男性に目がいきがちなミーハーで、だからこそ!今こんな現状(素敵だなー!と思う異性すらいない)に立たされているのかも〜〜!!と不安になるほどでした。
 まーそうだとしてもねー、こればっかりはどーしよーもないんだけどさ〜〜。そーいいながら全然とんちんかんな方向の人にぐっとくるときだってあるわけだしイ〜〜(これはどんな女性にもいえることだと思いますが)。
 …てな類の事柄に独自かつ勝手にひっかかりながらも、イベントのおもしろさに変わりはなく、BL〜〜!!!とかゆうてる人が全員アレなわけではなくて、普通におしゃれでかわいかったりすることも分かりましたし、大変良い勉強と思い出になりました。参加して正解でした。
 ええ、正解でーしーたーがー。 その後が大変でー。
 一緒に出かけた友人なるひちんと、イベント後にお茶するだけで一苦労…つーか五苦労くらいしたり(こんなダジャレを言っているようでは本格的にモテないですよネー!)、超疲れているのに、初日だしせっかくだからーー!!と渋谷まで副都心線に乗って帰りたくなり、当然ながらその界隈は、大混雑の大遅れ…
 そして。なんと、ほうほうのていで渋谷にたどりついたあとにも、私はもう一つ用事をこなすことに…!! (いや、自分で決めたんですけど)
 …明日(最終日)出直すほうがつらいってのもあり…疲れついでにーーー!!「ナンシー関大ハンコ展」を見たんです!!勇気と根性!!
 いんやーーー!!!これがネーー。底力を振り絞って公園通りを上がりパルコの6Fまで行くと、入場するのだけで4Fまで続く長蛇の列が…。そのさまに漫画のよーに目をこする私…。しかし、根性で並び、根性で見学…!!自分を褒めてあげたい!!
 展示自体はとてもよくできていました。ヨレヨレの心身の私にもわかりやすい構成でまとめてあり、彼女の作品(ハンコ)の美しさ(使用済みのものでもすごく綺麗)、描写力・デッサン力の高さ、その文章の素晴らしいキレ味(ネタ自体が腐りかけていても改めて読むと褪せずにおもしろいって…すごい!)…!!みたいなことを余すところなく伝えつつも…
 女の子っぽくてシャイで、真面目でチャーミングな一女性だったんだなアー!!てな部分も丁寧に分からせる、愛のある回顧展だったと思います。
 ナンシー周りの偉大な方々の「一言コメント映像」もすごかった…。特にえのきどさん…!!風に吹き消されがちな喋りすら素敵だったです!!!(えのきどさんは、アタシ全部!全部好きー!全部ったら全部!!!→うるさい)
 …えーーー。以上。
 現在と過去の大好きな女性文人に触れることができ、非常に実り多かったですが、とにかく土曜日は疲れました。帰宅したとたん嘔吐しそうなくらい疲労したワ…

 とかなんとか書いているうちについ無闇に長くなってしまったので、日曜日は省略します。省略てゆうとカッコイイですが、実際たいしたことしてないし…
 唯一出来事ぽかったのは、前髪を切りに美容院に行ったぐらいでしょうか。あとは掃除したり洗濯したり調理したり本を読んだり自転車で隣の隣の駅のほうまで行ったりとか…だったかなあー?? …ウン、だったです!(昨日のことなのにもうあんまり覚えていない…)
 一日で回復できなかったくらい、土曜日が濃かったてことです。そういうことにしておきます!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ミネコ&ナンシー。 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる