平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS おしゃべり!おしゃべり!

<<   作成日時 : 2008/07/15 17:43   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 日頃なにかとアレしているので、そんなに間隔が…とは思いませんでしたが、少なくとも一年以上ぶり(一年半かなア〜〜二年近くなんのかなア〜〜)でー!!日曜日の午後、まびさんとお茶しながらおしゃべりをしました。6時間くらい。
 6時間ってすごい? でも、お友達の方々は知っておられましょうが、特筆するほどじゃないんだナア〜〜この数字も。私の場合。割と誰と会っても、次の用事がない限り…

 出会って十年以上がたち、まびさんはいろいろあって住所だって何度も変わっているのに(今回のトークで私が把握しているよりもさらに一回多く引越ししていたこともわかった…!→ここは重要ポイントなのですが、大人の事情で割愛)、かたや私ときたら…勤め先は変わっているけど(3つ目くらい?)、内面は何の変化もなくボンクラのままで、いやはやお恥ずかしい限り…!!とかいう面も確かにあるのですが、
 全体で見れば、笑えるほどお互い変わってないような感じもする、不思議な会合でした。
 抽象的な話(精神論ってゆうか)をやたらするとか、まびさんは常に仕事最優先!だとか(会った日すでに「この人は仕事が大好きなんだなア〜〜!!」と感心した記憶が…)、二人ともけっこう女の子っぽい(思春期っぽい?)んだけど、ある部分では諦念があってドーンとしてるとか…そういう本質はどうやら10年くらいじゃ変わらない(変われない)ようでー。
 たとえば「これしかできないからコレでいくしかないんだよねー」「私たちみたいなのはもうネ〜〜!」みたいな会話って、お互いがヘなちょこのヒヨっこ時代にも毎日していたけど、いい悪いじゃなくて(だってもう現実に選択肢がないし…)、肝が据わった今は、なんだかもっと切れ味鋭く語り合ったりとかできて、
 といっても、今も昔も本人は本気なわけだから、会話の意味は同じようで全然違うようで、でも、結局はけっこう同じなのかも〜〜? みたいな〜〜。外郭をなぞれば、そんなおしゃべりを熱くした、ということです。
 詳細はあまりにもプライベートの領域なので書きませんけれども、今回のまびさんの話で、私の心に残ったことを出来うる範囲で挙げますと、
@ 「うちのマンションで、缶ビンの日、覆いを開けるのは私がいつも一番最初だからね!私が広げてんの!たたまれてるから!!」(→こんなところに反応する自分もどうかと思いますが…。で・もー。私にとって、まびさんと杉浦さやかさんは同じくらい「まずビール〜〜!!(満開の笑顔で)」の人なので。杉浦さんは単に読者なだけですが…)
 ってセリフとかーー、
A 仕事上の重要なパートナー(?)で、すんごーーく仲良かった人との現在の距離だとか〜〜、
 (なりゆきを聞けば「ああねー」って感じなんですが…不思議よねエ〜〜!数年前はベタベタって音がするほど仲良かった人でも「あ〜〜あの人にコレ話すのは面倒くさいなア〜〜後回し後回し!多分わかってくれないし…」とかになっちゃうことって、ある…。大喧嘩とか異性を取り合ったりとかじゃなく仲違いに至るって、考え事を偏愛する私にとってもかなり重要なテーマでして…自分に起きた、過去幾つかの同じような出来事も含めて)
B そして当然!「一人暮らしって楽しいね〜〜〜!!」てな話全般とか〜〜。
 …つっても、お互い「いい加減にしろ!」て諭されるくらいには立派な大人なんですけれども、まびさんも…え〜〜10ヶ月前とかから? 一人暮らしを始めておられまして、気分だけは23歳同士!みたいに「アパートのココがいやだー!」とか「ユニットはカンベンよねー」とか「女の一人暮らしってどのへんまで気をつけたらいいの…? (それ!私もわっかんないのよネー。マイミクの方にまで「くれぐれも気をつけてください!」「心配です」とか言われちゃっててありがたいのですが…どこをどう…。さすがに戸締りには相応に気をつけていますし、帰り道に用心したりはしているけれども、アタシが暴漢だとして自分を襲うか? と考えると…ウームだしイ〜〜。とか言うと「いや、そんなの関係ないの!女ならいいんだって!!」って力説されちゃうから、マア考慮はしておくけれどもサ〜〜なーんか釈然としないのよね〜〜そんな釈然しなくていいんだけどサ〜〜。あとさ、あとさ、空き巣や強盗に関しては〜〜!もうねー!!気をつけようにも、アナタ、あの木造アパートに住んでる時点で限界が…!って話じゃん!!)
 あとはひたすら、加瀬君とミカコの話とか蒼井優ちゃんかわいすぎるゼ…!みたいな偏差値39くらいのことも言い合いつつ。いやア〜〜あっという間だった〜〜〜!サテンのハシゴして、もうとっくに夜!!
 …新しい友達も大事だし、その人と距離を狭めていく過程はとても楽しいけれど(同性でもなんでも、何かの拍子に「あ、これって両想い…??」ってなる瞬間とか、私、ちょう好き…!→さすがにモテない人だけある思考だのう…)、長い付き合いの友人との野放しの会話や、3年会わなくてもふと連絡取り合ってぽろっと会えたりする、そんな関係は格別に大切なものですから〜〜。ハイ!大変よい休日が過ごせましたー。
 まびさんアリガトウー!!また運よく都合があったり、話したいことが生まれたら、どんどんばんばん遊びましょう〜〜!!めぐりめぐって、今はたまたま近所なことだし…!(今度会うときにお互いがどこに住んでるか謎なところも、大人と思えなくておもしろい…)ねー。


 <最近読んだ本のメモ>
●『消費社会から格差社会へ』 三浦展/上野千鶴子 (ザッツエンターテインメント!わが身を案じて暗くなる、というよりも、80年代・パルコのくだりがおもしろかったなアー!!つーアホ感想を素直に書き記しておきたいです…)
●『おむすびの祈り』佐藤初女 (よかった…。彼女の他の著書同様、非常に考えさせられるし、自分の自己中心的でダメな現代女性ぶりに嫌気がさしましたが、初女さんの存在を知っているといないのでは、先々女性の人生は違ってくるのでは? と本気で思う私としては、ゼヒ!とも言いたいトコロ…)
●『映画の頭脳破壊』中原昌也 (おもしろかったです!対談形式の映画評をまとめたものなのですが、「人のセックスを笑うな」について、中原さんと金井久美子・美恵子姉妹の3人で語ったりしてるのヨ〜〜!夢のようぢゃないか〜〜!)
●『皇室へのソボクなギモン』辛酸 なめ子/竹田 恒泰  (なめ子さんは心からインペリアルファミリーがお好きな人で、それが自然に明治天皇の玄孫である!竹田さんに伝わって、何を尋ねても不思議と失礼にならない…愛情って伝わるのね…と、そんな雰囲気が何よりイイ感じでした。あとがきの竹田さんの「思ったとおりの不思議な人でした」ってのもそれなりに趣きは深いですが…これ、私だったらあれこれ考えて複雑な心境になりそう…)
●『そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります』川上未映子 (…とかなんとか書きながらも〜〜!今週はコレがダントツグンバツナンバーワ〜〜〜〜ン!!のおもしろさでした。彼女の著作物、出てるのは全部読みたいくらい…!!大阪弁といい、一文が流れるように語るように長いところといい、町田康を思い起こさせられ、氏を好きな私だからこんなにワーーー!!と思うのかな〜〜とも考えましたが、どっちにしろ独特で魅力的な文章ですンばらしいーーー!!しかも美人!!しかもなんかご近所に住んでたっぽい!!同じ地元の祭とか出かけてるの!)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こちらこそーーー!ありがとーー!
楽しかったよねぇぇぇ!
久々のまき。ちゃんは、前髪が素敵だった!
そして例のワンピースも似合ってたー。自分に似合うものがちゃんとわかってる人なんだなーと改めて思いました。
6時間も喋っといてなんですが、まだまだ話し忘れてたことがあったよ。まき。ちゃんとは、女子高生のように思いつくままに喋れるので(そして脱線も許される関係なので)時間があっというまに過ぎてしまいます。
そうかそうか、心に残ったのは缶ビンでしたか!(先週土曜に捨てそびれてしまったので、もうすでにゴミ箱から溢れています!どうしよう、まだ火曜なのに…)
私は「よくできた嫁」の話が一番心に残りました。ほんとに素晴らしい。やっぱりそんな夫婦がいいよ。そうありたいよ。
激動の半年を改めて喋ってみて思ったこと。「結構もう色々忘れちゃってんなー」でした。当時の気持ちとか。
つくづく冷たい人間なのかもしれません。
次回は恋バナ全開で(えー!)いきたいと思います!

まび
2008/07/15 23:05
 や〜〜〜ん、まびさん、楽しかったよーーう!!オイラも!!ありがとうーー!!あっという間だったよねー。エンジョイしすぎて参ったわ…(安上がりの快楽…でもお金じゃ買えないのが友情だけんね!)
 つーか、ま。アレだ、オイラとかゆうてる私に、今度は恋バナをめいっぱいしてくだされ〜〜。あやかりたい…(終わってる…)

 まびさんは心は少年でも、見た目がフェミニンで、ホントにいいと思ったわ〜〜〜。ヒールのあるミュールとか(着脱に時間がかかったり、歩くのに疲れるような靴を履いてこそ!女子だってのはわかっておるんで…頭では)あんなに似合うのスゴイヨ!!すごいすごい!(手放し)あと、
 >つくづく冷たい人間なのかもしれません。
 てのは…うーんどうなんだろうねー。私が一番冷たさで驚いたのは「(連絡先などを)訊かれなかったからさ〜」ってエピソード…元お相手が一番でしょー。ひゃっこい方面では!(アタシも知ってたけど)
 とにかくおもしろかった。また遊びましょう!放課後の女子高生のように!(なんつってると、あつかましい!ってチーチャンに叱られるかしら)
まき。
2008/07/16 10:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
おしゃべり!おしゃべり! 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる