平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS 男も女も、大人になったってけっこう楽しいよー。たぶんね。

<<   作成日時 : 2008/08/08 18:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 暑いですね!!!!!!なんだなんだよーこれで立秋ってーー。
 「同じ言葉を何度も繰り返す」のは駄文の基本のキなので、他の部分で随分駄文(ライム)を書き流し、かつ飛ばし続ける私としましては極力避けたいのですが、それでも…暑い!!(二回目)
 だけど。だーけーどーー!明日から勤務先(の進行管理部門)は、お盆休みに突入なのです!!この酷暑や毎日ように続く雷雨の中、通勤しなくていいのよーー!!それだけでうれしいったらありゃしません。
 休日はあまりネットに繋がないので、いつにもまして更新しないかと思われますが(スペシャルなイベントが目白押し!つースケジュールでもないもんで)、
 少なくとも働いているときよりはずっと元気で健康に過ごしていますので、この日記を読んでくださっている奇特な方々におかれましては、どうぞご心配なくー!!つか、別に心配なんてしてないと思いますが流れで一応…!
 そして、皆様も一度きりの2008年夏を悔いなく過ごされますよう!(体調管理を主軸に…)お祈りするしだいです。

■ 褒め合いはおばちゃんの始まりというけれど。(私はイイと思います!)
 …先日、勤務先のエレベーターで、所属部署界隈では「会社一のカワイコちゃん!!」と誉れ高い編集女子に(普段はあまり会わない。私の地味な業務上では、書籍関係者とか編集長クラスしか触れ合わないのです)、あれ? て顔をされ、続けて、
 「あーー前髪!!バッサリ切ったんですねー。わ〜新鮮―ー!似合ってますよー。切った人上手ですねえ〜〜そういう厚みってなかなか出ないから…」と声をかけられてしまったのです。キャー!
 つか、髪型を褒められるの、これで何度目なんだろう…(サロンを変えたときから…前髪を作る前からだからサーー。ボブってシンプルゆえに、美容師の腕前がおのずと出ちゃうスタイルなのかもしれませんネ!)。
 こういうことがあるたびに、飽きもせず私は「技術って素晴らしいなー」「いい仕事は遠くまで届くノネ〜!」「額縁のこととはわかっていても、本人だってこうしてうれしい…」みたいなことを次々に思い、女性をキレイにする仕事ってのはいいよなアーー!と感心するわけですが、
 それ以上に、「人の変化に気付いてそれを口にする。って、本人が思う以上に素敵なことじゃないか!!(よほどの仲でない限り、できればソレはお互いのためにもいいほうだけに限定して…こう…)」みたいなことも思うのです。
 しかも、褒め側が今回のよーに!かわいかったりオシャレだったりヘアサロンやヘアメイクの方のムックを作ったりしている人だと、そりゃもう天にも昇る気持ちに!…とまでいうと嘘ですが、5分くらい鼻歌が飛び出ちゃうレベルの喜びではあります。 私も好きな人のいいところはバンバン褒めよう!褒め倒そう!!!

■ 『乳と卵』
 川上未映子おっもしれ〜〜〜!!と書いてから随分たちましたが、やっと!代表作である『乳と卵』を読了しました。お・も・し・ろ・か・っ・た…!!!(読唇術に長けた人にもわかるように) だいすきかもしれない…
 目黒区立図書館に予約を入れたものの、待っても待っても「253…251…」つって遅々としてカウントダウンが進まないのに業を煮やし、近所の古本屋で見かけたのを機に即ゲット!!したのです。
 女。ちゅうか、母と娘。ちゅうか、産む性。ちゅうか、なんかまあねー、そんなことが書いてあるのですが、普段そういうことをロクに考えない私がここにどうちゃら書くよりも、実際読んで、その文章の独特な味をかみ締めた方が絶対楽しいのでー!興味のある方にはそちらの咀嚼を強くお薦めしたい。
 ただ、豊胸手術のために上京する母親と…その母親の象徴する(内包されている)「女性」というものへの…そこにまだ参加していないが遠からず参加しなければいけない場所に来ている者の、
 「成熟」への嫌悪感とか違和感とか暴力的な感情といった、娘・緑子の「生涯でこのときにしかない、この!こういう感じ!!」の表現がうますぎて、遠い昔の自分も多少思い出されて、ウック!となりました。
 私も…母親と2日くらい口きかなかったり、発作的に自分で洗濯したり料理したりして「もうお母さんになんか世話にならないから!!」とかいきり立ったときがあったなーって。振り返れば、なんと、幼稚といえば幼稚だし、女といえば女、生臭いといえば生臭い季節だったことよ…。
 しかし。この期に及んで気付いたんですが、私ったら…「そのアレが来た日」のことを全然覚えてないんだよナアーー!!こーゆうところにも、乱雑で色っぽくない女性に育つ「芽」が見え隠れして恐ろしいわ〜〜。赤飯とか炊いたかも記憶にないし。母は…それでなんか言ってたっけ…? みたいな… (少なくとも「コレであなたも大人の仲間入りヨ!」とかは300%言わなかったと思うけどさア〜〜!→んなこと言われちゃ、いたたまれなさに裸足で飛び出してたろうから…当時の私は)

■ そんでもってスーパーくだらない追加ですが。「杉J、最高ーーー!!!!」
 テレビをもっていない私は、その後もポッドキャストだなんだではなく、フツーにFMをつけて日々を過ごしているのですが、
 昨夜のJ-WAVE「プラトン」(いつもはアンジャッシュの渡辺さんがMCで、それもなかなかなのですが、今週は彼が夏休みということで、ホフディランの小宮山ユウヒ氏が代打!!しかも、昨日のゲストはベイビーと杉作さん!!つーFMとは思えない布陣だったんです!!聴いててよかった…!)がおもしろすぎた!!
 テーマが(杉Jとベイビーという面子だけに)「オトコメシ!」で〜〜(男飯と書くべきか)私が一際もっていかれたのは、
 「ずばり!男飯とはなんですか? 杉作さんにとって!!」とユウヒがふったところで、「ウーン…。難しい。難しいけれども〜〜少なくとも<女飯ではない>ってことですよね!!」と、Jが答えたそのとき!!でした。
 ひ〜〜〜〜!!!こうしている今でも笑う…!!身もだえするほどおかしい!!!!
 て、そんな妙なところにツボを持つ私を、さてどう思うかは他人の自由です。ですがー。私は(自分の中に嫌いな部分は星の数ほどあるけれども)そーいう自分がけっこう好きでーす!!(乙女調和?) おしまい!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
男も女も、大人になったってけっこう楽しいよー。たぶんね。 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる