平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS 丸の内の灯りが見えてきた…!!!!

<<   作成日時 : 2008/11/04 17:12   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 自分でも忘れかけていた一大ミッション「山手線一周歩き!」を、すっかり涼しくなり、所用もひと段落したってえことで、思い出したかのようにまた少し進めてみましたヨ…!と、それがこの連休のトピックスであります。
 え〜〜その話を始める前に、どうしても記録しておきたいことがあるので、関係ないエピソードから入ることをお許し願いたいのですが〜〜。
 …あれは土曜日の夜のこと。時間は10時過ぎくらいだったでしょうか。愛するTY線に二人のギャングスタ風(死語?)の若者が乗り込んできたのです。ややご機嫌の様子。彼らは並んで座り(車内はけっこう空いていた)、おもむろに指でリズムを取り始めました…え、リ・ズ・ム…????
 いぶかしげに様子を伺っていると…なんと!!!(言っておくけど誰にもこの先は当てられないと思うヨ〜!) 二人は、アカペラで…こともあろうに、「アメイジンググレイス(あえてカタカナ表記にしたい!)」を歌いだしたのです。そのハモリは切ないほどに美しくて…
 私は、もう〜笑いをこらえるのに必死で、下を向いて肩を震わせていましたが、もしかして彼らには「あの人…泣いてたね…?」と思われてしまうかもしれない…!&「ここはNYのサブウェイか!!」と突っ込みたかったけれど、それも褒め言葉にとられかねない…!と、そんな理由で、できるだけクールに流すことに徹し、時間をやり過ごしたのですが…
 嗚呼…!!約30年信頼し利用し続けている、赤いラインの気高く温和で居心地のよい路線にも、このような輩が乗車するようになってしまったか!!複雑な気持ちは消しようがありませんでした…。時は流れる。誰にも止められない…

 というところで。(気を取り直して) ハイ、本題〜〜!!!!
 今回は、鶯谷からであります。いよいよ丸い緑の山手線の、(渋谷から見て)半周を、いざ越えん!という地点ですヨ!!!話したいこともい〜〜っぱい溜まった時期だったので、前回同様Tさんにお付き合いいただきましたー。
 駅を出たところ、なんだかいきなり殺伐とした風景だったので、せっかくだから美術館側の緑っぽいほうを歩きたいよね〜〜!なーんつって構内を抜け、お寺のある通りをぶらぶら進むと、次々に科学博物館やら西洋美術館が現れだして(このあたりは季節柄も手伝い、美しく、清清しくてとてもよかったです。銀杏がちょう臭かったけど…それもほら季節の芳香なわけだし〜!ご家族の行楽に、デートに皆様もどうぞ〜〜!) あれれ〜〜〜〜???
 もう上野駅です!
 上野から御徒町まではそれよりもっと距離が短かくて、要するにアメ横分だけですからね…さらに「すぐ」でありました。 はっきり言って、距離の割に体力的にはほうほうのていでしたけれども。
 …だみ声、異常な人ゴミ、ファッショナブルとは言いがたい老若男女…(たらこやまぐろが大好物で、かつ、流れに乗らされやすい私はあやうくそれらを購入しそうになりましたが、一人暮らしにはちょっと…という量だったので断念し)クリスマスを通り越して、もはや年末ムード漂うアメ横を、無言になりながら前進前進ひたすら前進…!!
 通り抜けたあとには万感の思いがこみ上げ、二人して声を合わせて、疲れたね〜〜〜〜!!!!アタシ、アメ横ではとても働けないわ〜〜〜吹きさらしの中の立ちっぱなし、一日中大声、即座の判断、各種ウイルスが蔓延してそうな空気!!無理無理〜〜〜!!! …って、求められてもいないわけですが、アメ横の商人たちをひとしきり尊敬し、抜け出た喜びをかみ締めている目の前は…そう、もう御徒町だったのでした。
 エーーーーー!!まだまだ全然イケルんじゃね〜〜〜!?? よーっしゃー秋葉原や〜〜〜!ということで、調子よく歩き進めたところ、これまたなんの苦労もなく、あっさりと秋葉原に…。
 という具合に、情景描写もなく、異様に簡単に済ませてしまって甚だ申し訳ありませんが、実際記憶にないのだから仕方ナイ!!激しくお喋りしてたからナ〜〜〜!!て、それだけじゃなく、目をとめるような人も建物もない地域だったもんですから〜〜〜〜。
 鶯谷はかなりよかったし、振り返ると、駒込とか目白のあたりも相当い〜い雰囲気だったのですけれども、この辺は…関係者には悪いけど全然興味持てなかったなア〜!!とー。特別な用事がなければ、また数年来なかったりしちゃうんだろうな〜〜つー、平たく言えばそーいうエリアだった!と。そういうアレだったようです。私にとっては。
 そして。 このあたりでさすがに両名疲れてきたものですから、お茶しようヨ〜〜!てことになりました。
 …ねえ〜〜秋葉原でも普通の喫茶店ってあるんだよね? あるでしょう…よく知らないけど…と、土地勘のない私たちは不安にかられ、駅の近くの新らし目のテナントビルのスタバっぽいお店にとりあえず入り、ここで…SO!!!! 怒涛のお喋りへ突入〜〜〜〜〜〜!!!
 (それまでもず〜〜〜っと喋ってはいたのですが、ここで私がTさんに一番伝えたかったテーマに入ることが、や〜っとできたの…!!)
 そんでもって、かなり長〜〜く、紆余曲折までも含めた報告が終わっても、まだまだ時間も余力があったものですから、「もういっちょいく〜〜?(古)」て感じで、神田まで…!
 うひゃ〜〜〜!!もう、神田だってよ〜〜〜!!?? のんびり歩いても、半年ブランクがあっても、泣いても笑っても神田!!江戸ダヨ江戸!!!次はもう、東京〜〜東京〜〜♪の東京ですヨ!!!
 思えば遠くへ来たもんだ〜〜〜!との感慨も当然持ちましたが、三連休最終日の神田は、はっきり言ってゴーストタウンで、ココで夕飯てのはちょっと…という気持ちになり、中央線で新宿に戻り、クリスマスを見据えているらしい華やか〜〜〜!な装飾の新宿(「恋人たちのペイブメント」みたいなことになってて驚いた…!メトロポリタンやなあ〜〜!とは思ったけれど…一生よくわからない街で終わる予感の私…)をTさんに案内していただき、ロシア料理屋で無事食事にもありつけましてー。
 …そこでももちろん喋りに喋り、トドメにもう一つ入ったカジュアルなカフェでもお喋りを繰り広げ、晴れて(本日は)解散〜〜〜!と相成ったしだいでした。
 ちなみに食事時のおもな会話は「クドカンの新ドラマについて」「綾瀬はるか、最近ちょうかわいくない??」「その代わり*****がヒドイねーー!!」みたいなことで、
 カフェでのソレは「ケイ子、もっと漫画描けばいいのに!!!」「朝倉先生のあのずば抜けた作品は…すんごく下書きをしてるの?? それともサラサラ描いてるの??」とか「ひとりカラオケやったことある〜〜〜??」「ないけど出来る気がする!私!!地元でなら!!」とかで、
 要するに、相変わらず見事に〜〜!妙齢の女性同士とはとても思えない内容をエンドレスで〜〜〜!!てなアレでありまして、いちいち書いても1ミリもかわいくないし誰のためにもならないので、詳細は割愛したい所存です!

 さーーて、お次はいよいよ東京駅…!!!日本のヘソ!!赤レンガ、丸ビル、その先には有楽町…!!!
 山手線は三駅ごとくらいに徐々にカラーが変っていくようで、狙ったわけではないけれど、それをちょうど肌で感じられるスピードで今のところ私はコマを進めておりまして、
 再び渋谷にたどり着く日がいつになるかわかりませんが、この日も大東京の躍動をリアルに感じることができ(嘘。つか単に指のイキオイ…)、大変充実した休日になってよかったです!
 Tさん、付き合ってくれてありがとう〜〜〜!!! 私頑張るよーーーーー!(最後は思いっきり私信)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
丸の内の灯りが見えてきた…!!!! 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる