平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS 「大人を批判的な目で見るのはやめましょう」と通信簿に書かれたのは覚えていますが…

<<   作成日時 : 2008/11/08 11:08   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 はてさて。先日6日は誕生日でしたの〜〜〜。え? 誰のって? 私のーッ!!(バカ) メールやメッセージやプレゼントを下さった方々、本当に本当にありがとうございました〜〜!!
 …て、高らかに書くとまるで人気者のようですが、いーや違う!!!その数がと〜〜っても少ないからこそ!こーやって、こう、ネ、腰を低く、感謝の気持ちを…てな行動になるわけで…。まあそういうことですヨー。
 とにかく、なんとか頑張ってまた新たな一年を概ね健康(祈!)に生きのびて、来年また同じようなことをどこかで書ける自分でありますように…!!本人としてはそれを祈るばかりであります。
 あとは、願わくば犬!!犬かなア〜〜〜!!犬が近くにいるといいなア〜〜〜!来年は。「あなた」とかはもういいからサアーー(これは空元気とかではなく本心から)。
 家も建てられるわけないし、白いブランコとかあっても手入れが大変そうだし(そもそも欲しくないし…)、エプロンも似合わないし、部屋にYシャツとかあんのも全然イメージ湧かないし、アイロンかけるの悪いけど下手だし(なんか混濁してきたけど)、
 こんな自分にはもうそーゆうゴールはないと見たので、だったら神様、犬くらい…!!!て着地ですよ。せめて。せめて〜!小さくて温かい命のカタマリを…!!!!ギブミー!!!!
 マ、そーいうことを〜〜〜考えたり考えなかったりした秋の晴天の日でした。ハッピーバースデー自分!!!!

 え〜〜そんな記念すべきマイバースデーの、朝一発目に私が読んだ本は近くにあった電気の『メロン牧場』で、これはいい年した独身女性として、いったいどうなんだアー?? オイ! て以前に、はっきり言って問題外ですよね。女の幸せをすべて投げているとしか思えない…(つか、そのテの本が部屋にあること自体で、ハピネスを拒んでいるとジャッジされても仕方ない)
 ウルセーヨ!そんなこと分かってやってんだ俺は…!!てか、分かってるから最低なんだろーが!!って話もあるけども、エート、15分くらい読みました。で、届いたお誕生日メールにすかさず返事を書いたりして中断し、
 そんでもって、二番目に手に取ったのが(これも都合3回目くらいになるんですが)!!友達に借りた渡辺ペコさんの漫画『ラウンダバウト』でしたのー。 
 これね〜〜〜!!!!コレ!!ヤバイ!!ホッント〜〜〜におもしろいよーーー!!!
 もうネ〜〜貸してくれてありがとう!!としかいえません。すんごい読んでます。ハマりすぎて自分でも買いそう!
 普通の中学生の日常。冴えてもいないし、冴えないわけでもない。でも誰にもあったような、そのころの誰かに似ているような…平凡だからこそ味わい深い…ああ〜〜〜〜イイナア〜〜〜〜!!! ジェットコースターみたいなことはなにもないストーリーです。
 小説でこーゆうニュアンスを書くのって非常に難しいと思うんですが、漫画だと描けちゃうのよねー。才能ある人だったらねー。漫画という表現の偉大さを思い知るわねー!!可能性ってゆうかねー!(誰…)
 とりあえず主人公(ヒロイン)の真がたまりませんヨ!!えもいわれぬほど、魅力的で〜〜。本人は全然わかってないみたいだけど。(漫画家の「なめた先生」のことを顔も知らないのに大好きで、ぼんやりいつか「愛されて」「事実婚」がしたいとか思っていて、言いまつがいが多い。って、これじゃなにも伝わらないので、もっと知りたい人は漫画を読むがいい…!!!)
 カバーイラストもデザインもセンスあるし、あと、密かに全員の名前がかわいすぎる…!!!!野村真、坂東英子、黒柳徹…て! なんじゃそら〜〜!ワーーーーッハッハ!!(シーーーーン!) でも、働きマンみたいなのじゃ全然ないですが。
 で。これを機会に、つーか漫画につられて、一応自分の中学時代を思いをはせてみまして…ほとんど思い出というのがないのに愕然!としてしまいました…。
 消したい過去が…!!とかじゃ全然なくて、消えている過去というか、一言でいえば「忘れている」!!んだなあ〜〜。無理もないですけどね。昔過ぎるから…
 記憶にある限りでは、私は2年生の途中までは明朗活発なほうで(体育は致命的にできませんでしたが)、学級委員の指名がくるような生徒で、いじめっ子でもいじめられっ子でもなく、文化祭の劇では主役とか準主役が自然に回ってくるような、そんな、光がサンサンと当たる怖いモンなしの暮らしをしていたのですが、
 なぜか! あるときからアンニュイに大変身〜〜!!し、生活は一転…!!!(きっかけは覚えていないんですが、いきなり全てが「バカバカしくなった」の…。キャーキャー固まっておしゃべりする級友たちがバカに見えだし、男子どもはもっとバカに野蛮に見え、体育教師が持ち物検査するのに断固反対してキレて教室から出て行ったり、ヤンキーの先輩に髪が長いとか靴がどうのとか難癖つけられるのに対して「自分らのほうがよほど規則違反してて、しかも頭も悪いのに<指導する>とはこれいかに…???」「これも時代が悪いんやーー!!!」と悶々&心中メラメラ…!!みたいになってねー。つっても、全部うすぼんやりした霧の中の心象風景なのですが…まあ、大方そんなモードにチェンジしてしまって、それは高校以降まで続くことにナル…)
 という具合で、自分のこととなるととたんにアレになってしまうのが残念ですけれども、
 この作品自体「中学時代に気持ちが帰っちゃったワー!ピュアだったあのころ…!!ぽわわ〜〜〜ん★」て漫画でもないし、フツーに誰にでも(過去をあまり覚えていなかったり、封印したかったりする大人でも)十分楽しめますので、ゼヒゼヒご一読を…!!!と言いたくて、誕生日直後の日記にわざわざ熱くしたためてみましたー。
 それとも、何かしら、これ、もー大評判の作品なのかちら…?? (世のカルチャーの浮き沈みをほとんど知らない人間なので…) だとしたらとんだ茶番ですが、マアそれでもいいですわーー(茶番もこれが初めてじゃなし…) もう書いちゃったしサア…こんなにも…!
 つか、これがもし既に大人気で売れに売れているとしたら、世の中捨てたモンじゃない!!友達たくさんできるカモ?? てえ気すらするので、それはそれで喜ばしいことでありますしー!
 というわけで。以上をご覧いただければおわかりのように、一つ年をとってもなにも変わっていない(悪い意味で)らしい自分をしみじみかみ締めつつ、今日はここで終わりにします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「大人を批判的な目で見るのはやめましょう」と通信簿に書かれたのは覚えていますが… 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる