平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS 私もある日突然に。

<<   作成日時 : 2008/12/19 18:17   >>

トラックバック 0 / コメント 3

 今朝の通勤電車は、立ちっぱなし…!!でした。
 普段からやむをえず立ちっぱなしの確率は8割強なんですけれども(9時半を廻ってるとはいえ、まだまだ通勤時間ですし、終点に近いもんですから〜)、そーじゃなくてー!!今日のはそーーじゃなくてー!!!
 この週末。私はとうとう引越すのです…!!てことは、来週からは隣駅を使うことになる…。てことは…?? ハッ!!!!
 今の駅を通勤に使うのは、ひょっとして、今日が最後…??? えええええええ〜〜〜〜!!!ドーーーーーン!!!!(重くのしかかる現実の音) それに気付いてしまった以上、うかうかしてはいられません!!
 乗車するやいなや、私は一直線にドア近くを陣取り、手のひらをガラス窓につけ一瞬でも見逃さないイキオイで!車窓を食い入るように見つめていました。
 …あそこの坂道、自転車で何度駆け下りたことだろう…? あの中華屋は…あんまりおいしくなかったナア…。あの木陰で(暑さで死にそうになって)一休みして麦茶飲んだこともあったっけ…。それから、あの角で間違えて曲がって全然知らないところに出てビビッタナア〜〜!!などなど…
 ほんの二年ちょっとの暮らしでも、ほんの駅一区間分の流れ去る風景でも。こんなにも思い出って生まれるんだなあ〜〜〜!!ホントにアリガトウ、あの街…!!!
 って。いやいやいやいや〜〜〜!!!!センチメンタルになってる場合じゃないんでしたッ…!!!
 もーーほんとのほんとのほんとのほんとに秒読みなんだから…!!!引越しのトラックが来るまであと…あと…!!え〜〜と、あとちょっとしかないのよオーーー!!?? (←頭が悪くて計算できない)
 とにもかくにも、今日は残業がないとイイ…!!つーか、あったら困る!!!もーー飛んで帰って、包丁とかはさみとかコートとか「最後の最後まで、もしかして使うかも?」とか思ってたものをガシガシ詰め込まないといけないんだから!!そんで洗濯機も一度回したいし!!あ〜〜〜冷蔵庫の中のものはどうしたらいいんやろ〜〜〜〜?? 
 …大丈夫!!!わかってます!!!
 今は泣きそうでも、この山を越えれば!! 来週の今頃は(たとえダンボールだらけでも)新居で寝起きしているはずなのだから…!!いや、「はず」じゃなくて、そうに「決まってる」のだから…!!(じゃなかったら、現在急増中の「住所不定の人」やけん…) そのためにも、今は。ファイトだア…!!!私!!!!

 というところで。
 そんな切羽詰った状況下、呑気にも読書話になりますけれども(一般に、人は引越し直前に本なんて読まないのかしら…?? 私は読みますけどね! 読まずにゃ働けないんだもの…! 読んで→箱詰め→読んで→畳む→読んで→拭く→みたいな感じでエエ〜〜〜〜(あえてムカつく言い方で)
 つっても。非常時ですから、ダンボールに消えたもの「ではない」モノを、アトランダムに手にしてパラパラめくるだけなのですが、
 昨夜のそれが!『村上朝日堂 はいほー!』だったのです。(あとがきの日付が1989年だって…!! →1989年って昭和? それとも、平成??)
 おもしろいからさらにスゴイんですけどね〜〜!!これが。いつ、何度読んでもだからなア〜〜〜(私は、春樹さんの小説の大ファンですが、エッセイもとても好きで〜〜小説→エッセイ→翻訳 の順かもしれません)
 なかでも(最初読んだときから)スキなのは「千葉のタクシードライヴァー」の一篇なんですが、今読んでもクククク…!ですよー。おっかしい〜〜!!
 あれから20年、今や千葉のタクシードライヴァーだって都内のそれと顔つきも態度もトークも同等になっているやもしれませんが、こーいう<ハルキ語でいうところの「たくまざる感じ」>は、ぜひとも保存していただきたいところですよね〜〜!ふふふー。
 自分が最初にこれを読んだころは、本好きのはしくれとして(若気の至りもあり)編集者に憧れたりして「ハルキさんの御宅に原稿取りに行くなんて…この人ったらうらやまC――――――――!!!でも、黒いワンピース着てるくらいでホステスと思われるのはイヤかもオ〜〜!農家の嫁への誘いなんてもっといや〜〜ん!!」なーーんて無邪気に思ってたんだよなア〜〜!(注・その後、現実に編集者にもなりましたが、向いていないようでした…)
 まあねー。現代社会はこんな(運転手も乗客もちょう殺伐…)ですから、こうして親身におしゃべりするタクシードライヴァー自体激減していると思われ、千葉に限定せず「日本にもこんな長閑な時代もあったんだなアー!」つーほっこり感想で終えるのが妥当なんでしょうが、
 私がこのたびコレを読み返して反応したのは、実はソコじゃなくてーーー!
 戦・慄…!!「タクシーの運ちゃんに、私…若い頃の方がずっとずっとずっと喋りかけられてた…!!!!(今、気付いたけど!)」て部分だったんですよ…!!!(…遅すぎ??)
 10代後半から20代中盤までは(え〜〜私は実に31になるまで!歩いてるだけで地元の大学のサークル勧誘をされ続けたくらいの人で…若く見えるとかなんとかよりも、なんちゅうかもー全然しっかりしてないんですヨ〜〜見かけが)、
 終電逃してつかまえたタクシーの運ちゃんに「若い子がこんな時間までほっつき歩いて〜〜!ダメだよ〜〜!!おとうさんに怒られないのーー??」みたいなことを言われては「マア、みんなそんなもんだろうて〜〜」と気にもとめなかったのですが、
 それがある日を境に突然…!「領収書切りますかア〜?」つーシビアでリアルな内容になり!かーなーりーショックを受けたんですよネー(「はいほー!」内の「青春の終わりの自覚」とも相通じるエピソードかもコレ…!)
 …そうか!私(の見た目)は、もう「夜遊びして帰ってきた子」ではなく、「遅くまでお仕事ごくろうさーん!!」の段階に突入してンだアアア〜〜!てことに、そのとき、否が応でも気付かされちゃったわけですから〜〜〜!!
 そして。そこからさらにさらに時がたった今では…!? 必要以上の会話をする運ちゃんにも…滅多に出会わない…。大人になるってこーゆうことなんだなあ〜〜〜〜!!! フッ…(頬杖ついて窓の外を眺めながら)
 ああそうだ。それで思い出したけど、友達のだんなさんも何度駅前を通っても英会話教室のティッシュを渡してもらえず(学生は勿論、英語と無縁そうなギャルもおばちゃんもガンガン貰ってるのに!)、密かに傷ついたりしてたっけ…。「ティッシュが欲しいわけじゃないんだけど、スルーされると悲しいんだよー!」つってー。わかるわかる〜〜〜!
 でもさでもさあ!!英会話は実際問題、女性なら12歳でも65歳でも習う人は習うワケで、比べて30代後半から40代の「働き盛りで残業ばっかでしょ!おこずかいもあんまりもらえてないだろうし〜」つー、明らかにそれをやる可能性の低い層の男性を、一瞥して「用なし!」と判断しちゃう大人サイドの事情もまた理解できるしィ〜〜…それも致し方ない!じゃないですかー。
 そんでもって。 そーいうアレでいうとー。
 …ちょう若くも年寄りでもなく、なんの仕事してんだか分からないよなカッコでタクシーに乗り込む私もまた…!!「(色でも実でも)話しかける価値ナシ!!!」てジャッジ下されても…仕方ないんだろう…ナア〜〜〜!!納得!
 あーあーー!ここにきてイヤなことに気付いちゃったもんだヨー!!!つー。
 それが。「今回の読破の第一感想」だとしたらどうでしょうか…? 誰にもどうでもないですよね…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんはー。
平坦に思えるほど〜〜の前に、私もある日突然に。って、以前から付いてましたっけ?すいません。数ヶ月ぶりにROMしてるもんで^^
やっぱ、面白い。
あとのもじっくり読ませていただきます。
おやすみなさい。
りょーいち
2009/02/28 02:05
すんまっせん。何か見間違いしてました^^
えーと、おはようございます。
でわ。
りょーいち
2009/02/28 06:33
 りょーいちさま、おはようございます。
 なんだかよくわかりませんが、読んでくださってる方なんですね? この独り言日記を…
 ありがとうございます!よろしければ、じっくりでもさらっとでも、思いつくまま読んでください〜〜
まき。
2009/02/28 08:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
私もある日突然に。 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる