平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS 「キッチンにいるのがすき…!」とか言ってみたいしナ。

<<   作成日時 : 2009/01/16 18:44   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 連日お天気がいいのは喜ばしいけれど、身を切られるような寒さですね…!
 それに加えて、昔のおうち(先月まで住んでいた地域、ということ)がいまだに恋しくて仕方なく、外部も内部も冷え切っている現在の私であります。
 あの街はよかったナアー!本屋も喫茶店も近かったし〜〜(駅もナ!) それに比べて、ココ(現住所)は、とにかく各方面でぬくもりがなさすぎるンだもの…!(公園とかあっても…つか、幾つもあるんですけども…すんごい「お上のご好意で〜〜!!」って感じで…なんちゅうか、郊外出身者にはなかなか馴染めない雰囲気なのよね〜〜)
 それでも。とにかく。同じお天道様が平等に降り注いでるのだからイイジャナイ…!!と自分に言い聞かせ、泣いてばかりはいられない!きちんと起きて、長い通勤路をいち早く「朝日が当たるほう」に横断しては、ガンガン歩く日々を続けておるわけです。
 とはいえ。こう寒いと、長距離歩くうちに顔の筋肉が思うにまかせなくなり、鼻水がうーっすら垂れたりもしちゃってナ〜〜!!その垂れる頃がちょうど!オサレ駅にたどり着く時分にぶち当たったりもしちゃってナ〜〜!!!テヘヘ〜〜!(つーか、トホホ…!)

 という状況を踏まえても(?)。
 ささやかでいい!できうる範囲で丁寧に!!かつ、気持ちよく過ごしたいのが日々の暮らしってもんじゃないですかア〜〜〜ッ!!てコトでー。
 目下の問題の一つに「キッチンの照明がシャレにならないほどダサく、見るたびにイライラする〜〜!!」てのがあったものですから、思い切って!その大元(電源さすところ?)から取り替えることを決意しまして(現状復帰も可みたいだし)、
 先日、前を通ったついでに山手通りの「電気屋さアーん!」みたいなお店に飛び込んでみましたら。そこがアタリだったらしく、親切で気さくなご主人に感激したりもしたのでした。
 作業の都合上、「照明はどーいったのにするんですかー?」と聞かれた際に、
 「家具屋で適当なのを見つけます!なに買ってもアレ(現在のもの)よりは絶対マシなので〜〜。ただ、インテリアショップで売ってるようなのは、現状ママでは取り付けるのも無理らしいんで…。それで、天井のパネルぽい場所をアレしていただきたいと…」とニコニコ答えると、
 「あ〜〜でも、ああゆうとこ(←アゴで目黒通り方面を示している)で輸入の買っちゃうと、電圧の関係でコレじゃダメだったりするからサアー。まず照明を持ってきてもらったほうがいいかもしれませんよ〜〜」と言われてしまいましたが、
 それに対して「いいえッ!」と私がキッパリ頭を振り、「国産ので100%いきますから平気です!!!」と(無駄に元気よく)言い切りましたらば、「それなら大丈夫ですね〜〜!」てことになりましてーー。
 ハイ!気持ちよ〜〜く工事の予約ができた…!てわけなんでした。めでたしめでたしーーー!!!
 …エ〜〜〜だがしかし。
 そこは私…!残念ながらそのままでは終わりませんで、
 その後、<案ずるより産むが易しだナア〜〜〜!気軽に相談してみてよかったワ〜〜!>とホクホクしていたらば、住所をメモしていた電気屋さんが「これ、あのすんごーいマンションのあるへんでしょー?? コン、コンシ、コンシェルジュ? ての? ナンカそういうのがいる、エントランスが風呂場みたいにピカーーッ!!っとした…」とか言い出しまして、事実その近くなもんですから「そうですそうですー!あのマンションかなり気になりますよね〜〜!」「なるよオ〜〜!や〜格差社会ってやつだな〜〜って思うからねエ〜〜!アレ見るたびに〜〜〜」…みたいな感じで、適度にそのような話で盛り上がったのですけれども、
 そんな、そんな!「格差社会」に溜息をつく電気屋さんですら…!!実生活での愛車は<ポルシェ>!!!だそうなので…(←そんな立ち入ったことまで短時間で聞かされてるのがすでにおかしいが)、
 そっか…自分みたいな人は…!(うなだれながら)早々に、ああいう場所から立ち去ったほうがいいのかもしれない…!!と…
 結局南極最終的には。浮かれ気分もすっかりしぼみ、北風を一身に受けながら悶々としつつ帰宅…することになったりなんかして〜〜〜〜!!!(て、いつもと同じ!)
 イヤ。いやねーッ! つったって、アレですよ!せっかく照明を工事してまで取り替えるんだから、存分に楽しみますけどねーー!!何があろうと、その前には〜〜〜!!
 オウ!一般人の根性を見せて、元は取るぜーー!!そんで、いつか犬だって飼うゼーー!!!!!!(握りこぶしを両手に作って、夕陽に向って仁王立ちするイキオイで!)
 
 てな具合で。マ、年がめくれても、私の小心で凹みやすい性分は変わりそうになく…(当たり前ですが)。
 昨日も昨日とて、同世代らしい女性が、帰宅電車に乗り込むなり重そう〜〜〜〜〜〜!な鞄を網棚にさっさと持ちあげて(持ち手が私の頬をパシッ!!と打って痛かった…)、イヤホンを挿入し、バッサバサ音を立てて『人の上に立つコツ 〜〜成功する上司とは〜〜』みたいなムックを広げてガツガツ読み出したのを見て、
 いきなり!!「そうか〜〜〜!人の上に立ったりするんだなア〜〜〜!!!皆、ある程度大人になると…」と、わが身と比べて、しょんぼりしたばかりなのであります。
 こーゆうのって、こーゆうのって、一体なんなんだろうなア〜〜〜ッ!!!!!
 実際は、人の上に立ちたいなんてこれっぽちも(マジで!一ミリも!!)思ってないのに、立派な(あるいは立派らしい)人を見ると、ちょっと惨めになっちゃうっつーーー。このカラクリって…??
 そんでもって。これって、一生治らないのかしら…? 誰でも少しはそうなのかしら…?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
やー、なんというかそのような状況で人に自分の持ち物が人に当たっても気付きもしないような方が「人の上に立つ…」的なご本をモリモリ読んでいる…という事自体に充分ヘコみますよ。もはや立派とか大人とかじゃなくて…(まあ案外そうゆう人が成功したりするパターンが実際多いのかもですけど…)。
ご近所になったのでお茶でも近々ぜひ!
かおり
2009/01/16 23:51
照明問題!それ重要です。私も部屋の電球が切れたので同じものと取り換えるつもりで「白熱灯風蛍光灯電球」を買ってきたところ、今は大変進化してるんですねー3種類もあって、ひとつ買ってきてみたら白すぎました。どこが「白熱灯風」なのか?形は丸いけど、グスン。
だいたいビジネス本って・・。ぶつぶつ。
電車といえば「女性専用車両」に知らずに乗ってきた男性一人に対する人々の反応、というのもおかしいですよね。明らかに害もなさそうで「間違えて」乗ってきたのに、「ざわっ」となりますよね雰囲気が。ドアが閉まる直前に気付いて降りて行かれる方はまだいいのですが残っちゃった場合、切ない感じがします。
会社帰りのテンションで飲んでいてもいなくても乗り合わせた同僚同士(男性が多い)が車内で交わす「(他人に聞かせたい?)がんばってるオレ!専門用語れんぱつ」の話というのもげんなりします。
先日「返信」からメッセージをまき。さんに送ろうとしたら送れませんでした。そんな火急の用事があったわけではないので(あるわけないですね)すが、やはり表紙で受けてないとだめなんでしょうかネ。
nya
2009/01/17 10:51
 かおりさん、こんにちは!今年もよろしくお願いしまーす!(心底!)
 いやーわかっていただけてうれしい…。けっこうほんとに悲しかったので…。そういうときって、ムカ〜〜!ってより、自分を責めるんで。私の場合。根暗だから。 もともと負けている人生だが…やはりこーゆうところでぐずぐずしている人ってのはこの先も負け続けるんだろうな〜〜…それにしても痛いや…みたいな感じで…
 普段、私自身はこういう女性にまったく魅力を感じないし(社会に必要だとは思うんですよ!アリと同じで、だらだらさんもまじめさんもいてこそ成り立つのが<世界>だと思うから)、
 元気があるときならば「よくこんな本を人前で広げられるよな〜〜!エロマンガとかのほうが全然恥ずかしくないんじゃ…」とか思っちゃうんですが、駄目なときは「一生自分はこーいうタイプに押しのけられてく、その示唆なのね…きっと…」って…
 (真っ暗になってきたので慌てて!)えーそれはともかくとして!ぜひそのうちお茶しましょう〜〜〜〜!!文化的に「あたたかなお奨めスポット」があったらゼヒ教えてください…(界隈の楽しみ方が今ひとつまだわかってないので)
まき。
2009/01/17 18:47
 nyaさん、こんにちは〜〜!ご指摘ありがとうございます!!ではまたメッセージアイコンを登場させることにします!(あっさり)nyaさんのよーにこのマニアックな世界でお友達がまたできないとも限らないですしね…それを夢見て。
 それから、照明。いろいろ問題があるみたいですねー。いろいろとしかいえませんが…。私はこの間生まれて初めて玄関先の電気を変えたのですが、怖かったので「これとおなじのを!」と小学生のように言いました…全然わからないんだもん!電気のことは!(ネットのこともPCのこともさらにわかりませんが)
 あと、女性専用車両…「うっかり」の人を執拗にジロジロやるよーな女性は(女性蔑視ではなく)潤いがないなーと思いますが、ずーっと乗り続けられる男性も「よっぽど周りを見てないんだなーすげえなあ〜」と思ったりしますね。そのくらいです。あんまり興味ないかも…(なにそれ!)
 あと、男性で仕事の成果をえばって言う人って、駄目率高いですよね…尊敬できる人ほど「やってる俺」とか言わないし、専門用語ばかり使ってると逆にアホっぽく見えるのにな〜〜残念!とすら思ってしまいます(私見ですが)。
まき。
2009/01/17 19:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
「キッチンにいるのがすき…!」とか言ってみたいしナ。 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる