平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS 週に一度は一緒に夕飯を食べる!とも誓ってました…。

<<   作成日時 : 2009/01/19 17:19   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 土曜日。(ここ数日比では)暖かく晴れた佳き日に、従兄弟のTちゃん(♂)の結婚式に出席してまいりました。
 彼は大変できた男子で、子供のときからとーっても頭がよく、超難関中高一貫進学校に進み(自由なほうのネー)、友達も男女問わず多く、スポーツもバリバリできて(とある種目で都内ベスト8になったこともあるほど)、そしてそして…そんな風に活発に遊んだり部活も存分にやったりしつつも!現役で東京大学に合格し〜〜、
 おもしろいのに落ち着いていて、フェイスもイイ部類なら背も高く、恵まれた環境ゆえか誰にでも親切で笑顔を絶やさず、そのうえ語学も堪能…て、書きだしたらキリがな〜〜い!!
 …まとめてしまえば。血が繋がっているとはいえ、私は「物語を見るように」彼の人生を(知る限り)感嘆の思いで見つめてきた…っつーよーなコトなんでした。世の中にはこーゆう人もいるんだなア〜〜!って感じでネ〜〜。
 そんな彼が選んだ女性は…(予想のつく結果ですけれども)割と地味で、でもなんでもこなしちゃいそう〜〜!な(実際、職場で会った!つーんだからキレモノであることは間違いナシ!でしょー)、しっかり者ぽい年上の人でした。見るからに仲もよく、お幸せに〜〜〜!!!つーか、もう幸せだからいいじゃんヨ〜〜〜!!て思ったくらいです。
 でもって。私は、おめでとう〜〜!Tちゃん…!!と、静か〜に親族らし〜く会場の隅で思っていたわけですが、
それとともに強く感じたのは、
 お式のご飯がおいしいとさらにいい気分になるもんだな〜〜ッ!!(シェ松尾だった)てことと、
 デキる人が余裕〜な感じに「トークで場内をかっさらってゆく様子」は小気味イイもんだね〜〜ッ!!てことでした。
 Tちゃん…つか、あのタイプの人全体にいえるみたいなんですが(親しい輪の中にはそーいう人間は皆無なので、正確には想像に過ぎませんけれども)、どうにもみなさんベンチャー気質が止められないようで、とにかく!すーーぐ!起業したり独立したり新しい分野に参入したりしたくなるらしく、
 そーいった類の彼の、その一歩先をゆく「先輩」たちってのは…普段、ただ社会で生きている分には私とはなんの接点もなく(なくてけっこうなんですが…!)、苦手な雰囲気がムンムン放出されているもンですから、それを察知してどっちかっつーと今までは冷ややかに見てたくらいの自分なんですけれども、
 いやいやどうしてどうして。彼らが華やかな場で見せるトークは相当〜〜〜おもしろくてーー!私は現場で感心しきりだったのですヨー!(スキスキ〜〜!とか、素敵〜〜!!!きゃーー!!てのとは違うけどサア〜〜) わかんないもんですね。人間。
 なんちゅうか、ある種、センスがイイっていうのかなア〜〜?? 茶目っ気があって「理想的な祝辞」をギリギリハズシてるんだけど、そこがまたオッシャレ〜〜!つうかーー。ニヤリとさせられました。ま、「賢い人らだな〜〜!」って感じですよね要は。ニクイゼ…!!さすが…!みたいな〜〜そういう〜〜〜。
 えーーと。とにかくー。そんな結婚式だったわけです!(いきなりまとめ)
 久しぶりに若い従兄弟(現役大学生とかナ)とも会えて話せておもしろかったでーーーす!

 明けて日曜日は。行きつけの(!)病院(横浜なので、行って帰ってくるだけでへとへとに…)に出かけ、先生と少し話しました。体調は概ね以前と同じ状態なのですが、それとは別に「高血圧に注意しろ」とかわいくないことを言われて、ウーム…!となる私…。
 私とて10代は人並みに(?)低血圧だったんですが、今はね〜〜! 「高い!」「要治療!」ってレベルじゃないにしろ、両親共に高血圧の薬を服用しているし、弟もこの間血圧高くて注意されたらしいし…そんな具合で血筋的にアレ! つーのに加えて、
 個人的にもしょっぱいものに目がなくて、減塩なんてエのが並んでいても「しゃらくせえ!!」つって<自分の好きな商品>を優先して選び、味噌味しょう油味が大大大好きイ〜〜!!!漬物は朝夜食べるし(お菓子代わりにバリバリ行くときもある)、ヅケ丼にももう一周しょう油かけちゃうよーな、味覚的にも大問題な人間でして〜〜、
 イコール!「高血圧に気をつける」ってのが、非常〜〜に難易度の高い行為なのであります!!!
 あーあー! 食べたいものを食べる!! てのと、健康!!! を、天秤にかける日が…自分にもとうとうやってきてしまったのかア〜〜〜!!!と思うと、なんだかやるせなくなってしまいましたが、
 いーや!!!俺はまだまだ折れる気はないゼ!!もうちょっと切実に「黄色信号が点滅するまで」は、このままで突っ走るぜ…!!(→強情!)と、結局はそーいう着地をしただけだったりして〜〜〜!(自分擁護だけは立派なほうなんで!)
 そして。
 この日は、そんな通院のあとに(あとに、というには遠回りすぎですが…)キッチンの照明を探しに自由が丘まで行き!それから、名画座に出かけて『100万円と苦虫女』を観る…つ〜〜!!考えてみれば、けっこうハードな一日だったのでした。
 疲れていなければ噂の(?)グーグーも観たかったのですが、「苦虫女」がけっこうよかったので、これで終了〜〜!にしとくほーがいっかナ〜〜!? と余計なことまで考えてしまいましてどうも…(二本立ての意味がないけどナ!)
 蒼井優ちゃん狙い!なのは当然として、「苦虫女」のタナダ監督は、「週刊真木よう子」でも好きな感じの作品を撮っておられたのでそーゆう面でも期待していたのですが…ウンウン、想像通りで!よかったでーす!!終わり方もマル〜〜!と思いましたねー。
 つか、21歳同士のキュンとするよな恋にもそりゃ勿論心は揺れましたが…瀧の気持ちを次の「現場」にシーンが移っても引きずり続ける自分がちょっと複雑だったなア〜〜〜!!
 コレは(自分がもう)大人目線になってる、てなことなんだろうか…。それとも、人間の種類として…?(無言…)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
週に一度は一緒に夕飯を食べる!とも誓ってました…。 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる