平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS (きっと)すばらしきこの世界。

<<   作成日時 : 2009/02/27 18:49   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 雪まじりの金曜日…。寒い〜〜〜〜〜〜ッ!!!と、日記らしく天候の記録をイの一番にしながら。

 …どんなに「こんなことしたり考えたりするなんて、きっとこの世でただ一人だ…!アタシは<一人ぼっちのひとり>に違いな〜〜〜い!!(→名作! ご存知の方は滅多にいないでしょうが、糸井ダーリンが大昔に書いた短編小説のタイトルです!)」と思ったところで。
 ひとたびクリッ!と検索すれば、そんなことこんなことを考える人…どころか、そんなことこんなことをやりだす人や、それをあてもなく発表する人までわんさかいることに気付いてしまう…! そんな現代社会ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか? (いかがもなにも、普通に暮らしておられますよね…。わかってます!)
 以前出席したトークショーで、モッテモテ〜〜☆の穂村さんが「我が家では、ところてんをお箸一本で食べるんですけど…(&みんなそうやってるでしょ??)」てな話をしたときに、会場全体が見事〜〜にドン引き…!(つか「ど、ど、ど、どうやって…?? わざわざお箸を一本置いてまで?」みたいな…私も同様でしたが)したのですけれども、
 その「ところてん箸一本食い」ですら、検索すりゃあ何百もヒットするそうで〜〜!(=そういう食べ方をする家は穂村一族だけではないらしい)
 ことほどさように「天上天下唯我独尊」な行動をとるのは難しく、「オレは一人じゃねえ…!」「私だけじゃないんだ…!」と、人は皆ディスプレイの前で「孤独でない、特別じゃない自分」を確認しては、時に救われ、時にがっかりし、その道をしみじみ歩いてゆく…ってーのがほとんどの場合でありましょう。
 でもだがしかし。 そこには…「そうはいっても<一人じゃない確認>をする瞬間は…どうあがいても一人じゃねえの…!!」つー悲しい事実も歴然と存在しーーー!!!
 …テレビに映る物事がどんなに華やかで、それに対しどれだけ涙しても笑っても、気付けばこちら側には我一人…受像機をオフにすりゃシーーーン!であるようにー、
 または、強盗に押し入られてアナタが今!命を落とそうと箱の中のその人たちは全く何もしてくれないようにー、
 (どんなに愛しても)テレビはあなたの友達じゃない! といったのは(確か)オノヨーコさんでしたけれども、それはインターネッツルとて同じなわけですヨー!!
 それによって、自分がどれほど喜ぼうが悲しもうが、人は一人で生きるもの、己を救えるのは…違う場所に連れていってくれるのは、結局自分!自分一人だけなのだから…!!
 なーーーんてことを。 マ、いつものように無駄に長々と書き連ねてみましたが、
 今日のテーマはジャーーーン!!そっから逆転して、実はとってもポジティブで〜〜〜!
 「ネットは友達…じゃないけれど、友達をつくってはくれるんだ〜〜いッ!!!!」てやつなのでしたアーーー!!(書き尽くされたネタではありますが、どうしても書きたくてね〜〜〜〜) わ〜〜い!!!

 火曜日、午前10時半。
 京都在住の友・啓さんが急遽ゆえあって上京されるとのことで、図々しくもお時間を作っていただき、さぼうるでお茶&お昼をご一緒したので〜〜す!!!!
 以前お会いしたときも、私が待ち合わせの場所に立ち、彼女が階段を上がってくる…(前回は中央線、今回は東京メトロから)そんな図だったのですが、瞬時に「ああ〜〜!」となるアレは、何回味わっても…「なんともいえないいい感じ」で〜〜〜!!
 大人になってからの出会いですし、知り合ってしばらくは「電子な関係」でしたし、私生活の部分ではよく知らないところもまだまだたくさんある…そんな二人なのに…!
 & 関西以外で(ヨーロッパを除いては)暮らしたことのない啓さんと、関東以外は(それも東京と神奈川だけ)なじみのない私の組み合わせ…ネットがなければ出会う機会があるわけもなく、生涯二人が接する点はなかったのに…!
 それが…。それがねエ〜〜〜〜〜!!! いや〜〜ネットも悪いもんじゃないですヨーー!!!
 他人と会うときは「常に相当気を使いっぱなし!!」なのが私の持病の一つなんですけれども(しかも、口が悪い病などもきちんと<併発>するから始末に悪い…!)、啓さんの前では、それが稀なほどのびのびでき、
 おまけに、自分の暗黒面(て言っちゃうとアレだが…それが功を奏するときもあるしサアー)の「並外れた観察癖」や「なにがあってもどこかだけは冷静」みたいな部分もドカ〜〜〜ンとさらけ出せるんだから…ほんとスゴーーイ!!
 自由!!!そう!!私のダイスキな「自由」!!がそこにあるのです。啓さんにお会いしている間はネ〜〜!!
 と、書きつつも。 今回は私、とんだ失態も演じてしまい…お恥ずかしいやら申し訳ないやらで消え入りたくもなったのですが、それはまた別の話…ということで。
 予想もしなかった短期間のインターバルで、彼女と再会を果たせたことの喜び!!!それだけを日記には記して、ここは終わりにしたいと思いまーす!
 啓さん、素敵な時間を作ってくださりありがとうございました〜〜!!(お土産もたくさん戴いちゃって、ホクホクでした〜〜)またゼヒ、東や西やあちらこちらでお会いしましょう〜〜!そしてあれこれお話しましょう〜〜!


 てなことを熱く書いたのちに。 話は飛んで、読書メモをー。
 自分内フィーバーになっている「前田司郎」の本をまたまた読みましたー!!! 今回は『グレート生活アドベンチャー』です!!
 それの、まあおもしろいことおもしろいこと…!!!心のベストテン(って、まだ10も読んでないんですが…)において、前田作品では今のところ一位かもしません!!
 特に好きだったのは、加奈子(主人公の恋人)が主人公に
 「働く気はないの?」 と聞いて、
 「働く気はないよ」 と(あっさり)答える箇所だったでしょうかー。
 私は働かない男が大嫌いなので、こういう人スキ〜〜!!とかは全くないのですが、そのテンポっていうか運びに…おおいにあっけにとられたり笑わされたりしたしだいでしたー!!(「それで不安になったりしないの?」とか聞かれて「たとえば?」って切り返すところとかもねー!「たとえばじゃねえだろう〜〜!」つー)
 イヤ〜〜実際に出会ったら虫唾が走るほどイヤなやつでも、小説の中でなら笑って見ることができる…これも「ツクリゴト」の魅力かもしれませんネーーー!!
 なーんちゃってー! 嘘。そんな注釈ナシでも、はっきり好きでした。もっと読みたいナア〜〜!!!次は「大木家」カナア〜〜?? わくわくー。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
ネットで知り合った方々と直接会ったりする機会がありますが(主にツーリングとか)自分のブログを見てくださっていて、ほとんどさらけ出しておりますので、初対面の次あたりから、何の気兼ねもしない仲になってる気がします(もしかしてこっちだけ?)
不躾無遠慮でいれるのは、他生の縁?以前どこかで会っていたのかもと、思い巡らせることもあります。
コメントを下さる方も、なにか琴線に触れたのかもと思うし・・・

すみません。ではまた。
りょーいち
2009/02/28 06:51
 りょーいちさま。おはようございます。
 私はそんなにまだ「ネットで知り合って実際に会う」機会ってのはないんですが(オフ会とか出たことないし)ブログを読んで興味を持ってくださったり、私が「この人の日記すき〜〜!」て思った人は、実物もほぼ気が合いますからねー。おもしろいもんですよ。「そうそう!」「アレもね〜〜!」って書いてなかった部分でも「すききらい」のセンスがばっちり合ったりするから。

 コメント下さる方に対しても、自分がなかなかひと様の日記にコメントをつけられない小心のせいで、「コメント書いてくれた!」ってだけで感謝なのです。そんなわけで、ありがとうございます! またご自由に遊びにきてください。
まき。
2009/02/28 08:55
そうか、再会シーン、同じシチュエーションでしたね。言われてみれば。
待ち合わせって良いなあ、と、まきさんにお会いする度に思います。
暗黒面云々、こちらこそですよ。まきさんになら大丈夫、とわたしも実にのびのびとしております。あそこまで、っていうのは家人以外ではちょっと類がないかも。
そして、失態だなんて、どうぞどうぞもうお忘れください。そもそも、わたしの中ではまきさんの失敗にはなっていませんから!準備不足&他力本願なこちらに原因があるのであって。内面は暗黒、だのに頭の中は白地図・・・とんでもないわたくしです。
それにしてもほんと、ネット最高!とまで言う気は全然ありませんが、ネットを毛嫌いする人やはなからばかにする人もね・・・惜しいことです。

2009/02/28 14:51
 ああ〜〜〜ほんとよかったですよ!何度でも胸をなでおろしちゃう(笑)
 啓さんの「東京」が私のせいでぐぐ〜〜んと評価が下がってしまうのもつらいし、なによりもせっかく奇跡のように出会えた友人をこれで失ってしまったら…!とマジで冷や汗かきましたからね〜〜。って、その話についてはもうこのくらいにしておきますが。

 勘のいい人はとっくにわかっていると思いますが、ネットでの態度って割とシンプルに「その人の品格」が出ますからね〜〜もうそれで判断しちゃえばいいんだな!って最近はそう考えてて、私は。うわさ好きの人とか、揚げ足ばっかり取ってる人は、あっちでもこっちでもそうだし…っていう。
 そんでもって、便利!っていう側面ではもうコレなしに生きていけない部分もありますから〜〜特に使いこなしてるわけでもない自分でも。
 大事なことを忘れないようにして、ありがたく利用すればいいってことですよね。至極平凡なコメントになっておりますけれども。

 ま、とにかく、啓さん、またお会いできたり、やり取りできる機会を楽しみにしています!全力で!!
まき。
2009/02/28 18:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
(きっと)すばらしきこの世界。 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる