平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS あたしだけの秘密の場所。

<<   作成日時 : 2009/03/02 18:50   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 「実家からの(腑に落ちない)引越し」を漸う済ませた週末でした。
 おかげさまで、今マイルームは史上最高〜〜〜にとっちらかっておりまして…!(12月の引越し直後よりダンボールが多いのヨー!しかも、どう考えても本棚に入りきらない量の本ばかり…!どうすりゃいいんだ〜〜??)
 一度美しく片付いた部屋が数時間で汚くなるさまを見て、卒倒しそうにもなりましたネー。散らかすのに何万円も払って…!(引っ越し屋に頼んだから) 何やってんだよアタシ!!と…。
 加えて。新居の春!を記念して(?)、気分一新お布団も総取り替えすることにしたんですけれども、寝具5点セットがデパートから届くも、それを使用するには古い布団を処分しなければならず…(当然ですが)区に電話して…予約して…粗大ゴミシールを購入して…畳んで紐で結わいてアレして、そんでそんで…2週間先の「その日」近くまでは、狭い部屋のなか(しかもそこは現在、ダンボールでしっちゃかめっちゃかになっている!)で、捨てる布団と新しい布団が仲良く同居〜〜!ですよ…!!??
 わ〜〜ん!ホテル暮らしをしたいよ〜〜〜う!! →逃避。
 と、まとめれば近況はそんな感じでー。
 …金曜日は、ワタクシ、仕事のあと引越しの総仕上げのため実家に帰ったのですけれども、荷造りしつつ母親が好意で入れてくれたクドカン出演のTV録画を見ていたら、そこで涙スイッチが入ってしまい、なぜか一度泣いたりなどもしたりなんかもして〜〜〜!
 て。 なぜか。なんぞとしれっと書いてはみましたけれども…違う、そうじゃない!理由はわかっているのです!!(宮藤さんとは関係ナッシングよー)
 スマステの<名バンドベスト50!!>みたいな企画で、宮藤さんとユースケ・サンタマリア(割と好き)がその映像を見てあれこれコメントする流れだったんですけれども、
 カウントダウン中に予想通りジュディアンドマリーが出て来まして、そこで…私を泣かせる!泣かせるに決まっている!!「OVER DRIVE」が数秒放映されたのです。サビだけをネ〜〜!勿論VTRでネ〜〜!
 JAMについては、私は昔も今も好きでも嫌いでもなく…頑張りすぎてる感じがチョット…!つー印象が主なものなのですが、この曲のサビ部分だけは…なんだか異常に私の琴線に触れてしまうようで、
 街でかかっても、テレビやラジオでかかっても、瞬時に!自動的に!(イッツオートマティック!)涙が出てしまうのです…!!(サムいのは承知の上で書いてまっせ〜〜) 思い出の曲でもなんでもないにも関わらずー。
 なんでなんだろうナア〜〜? スイッチが入るっつうか…チューニングが唐突に合ってしまったがごとく!「反応」しちゃうのよネ〜〜。
 同じ現象を呼ぶ例として、テレビ版の「踊る大走査線」のクライマックス!!→「真下警部が撃たれ、雨がザーザー降る中、一斉に行われる検問現場でおろおろする若い婦人警官に、すみれ(深っちゃん)が喝を入れるように頬を叩く」シーンも挙げられまして…。アレもヤバイんだよなア〜〜!100%泣いちゃうもんナア〜〜!!
 (て、こうして書いてるだけで胸が熱く…!)(つか、「一生懸命な感じ」に充分弱いんじゃねーの?? 自分…!と己に突っ込まざるをえない感じも…)
 とにかく。当方、その二つには弱いんですワ〜〜!!何度耳にしても目にしても!泣く!!懲りない!!飽きない!!慣れないの〜〜!!!(→バカ)
 そんなアレでー。(バラエティの録画で)唐突に涙を流したりしながら。
 悪あがきと知りつつも「この本…もうイイ!捨てるったら捨てるったら捨てる!」みたいなことをやり続けたりして…。その挙句!やっぱりやっぱり…!引越し先では収納しきれなくなったりして…!(それこそ泣くところだワ…!!)

 あと。久〜〜しぶりにお洋服も買ったんでした〜〜!そういえばー。
 お気に入りの中目黒の古着屋で、すご〜〜くかわいいジャンパースカートを見つけてしまったもので〜〜(ワンピースとかサロペットとかジャンパースカートとかダイスキ〜〜!!スタイルが多少アレでも大きく間違えなければOK!て便利さゆえがなによりですが、子供のころからそんなカッコばかりなので、安心感もあるのかも〜〜)
 購入した品はピンクとキミドリが主な色でして、自分的にはちょっと微妙なんですが、それを手に入れることでテンションがあがるお洋服…!て意義はバリバリあるので!!
 そこで!よかったことにしまーーす!!!(ちょう目立つボタンが前たてに並んでいるっつー「ザ・古着!!」具合も難易度を上げていますけれども、そこも目をつぶる感じで…)てへへ〜〜。

 え〜〜。あとは読書メモですが。
 週末おもしろかったのは、『エレガンス中毒』でしたー!
 野宮さんのことは当然ながら憧れの目で見続けていますけれども…(以前も感じたのですが)篠崎さんと私…似ている気がする…!!て思いがとかく強くー、
 読んでいる間中ずっと、お三人の中でも抜きん出て彼女にシンパシーを抱いてやまない自分がそこにい続けたしだいです。
 …自己分析でさらっと「ネガでぐちゃぐちゃしてる」といえるところとか、「顔が地味(と自覚している部分)」だとか「パートナーはおもしろくなきゃ絶対イヤ!!」とか…血液型もどうやらAのようですし、違うのは「彼女は巨乳」ってことくらいじゃなかろうか…!!??(そこが違うと人生相当変ってくるともいえますが…)
 40を過ぎると、女性は本当にいいわけができなくなりそうですが、それでもこのお三方やらゲストの方たちみたいになれたなら…!!! って、いやいや、そこまでは特別すぎてなかなか到達できなかろうけれども、
 「5歳若返る秘訣!」とか「年齢に見えないメイク術!!」とかばかりに躍起にならずとも(そっちもマア最低限やらなければならないことはあるとしてもサアーー)、一生Tシャツが似合う道ってのもあるんじゃないかなア〜〜?? 根気よく探せば〜〜〜!!と思いたい私としては、
 それを朗らかに実践する女性たちを見られるのは、大変気持ちのよいことでありましたーー。
 …きれいで楽しそうで素敵なお姉さまがた!!!ブラボ〜〜!!!!ですよ〜〜!!ネ〜〜?? (「何もしてませ〜〜ん」とか「髪は自分でテキトーに切っちゃうんでー」とかとんでもないことを言い出すYOU系よりも、私は断然この三人の方が好き!)
 ズバリ…! どんなに派手に装ってもラブリーなカッコしても、それで痛々しくならければいいんだよナア〜〜〜〜〜〜ッ!!って、そこが一番難しいんだけどね〜〜〜〜〜〜〜!(ほんとだよ…)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
またまたまたまた(ってしつこい)こんばんわ、です。映画やテレビドラマなんかと違い、同じ本を読んでいる人に出会うことってそれほど多くないのですが(ベストセラーと言うわけでなし)、なのになのに、”エレガンス中毒”!。いやーいかしてましたよねえ。当然の如く(?)小西さんのエッセイなんかもお好きでしょうが、彼の奥さんの長谷部千彩さんのエッセイもぶっとんでました。お時間ありましたら是非ー。まき。さんの書評って、ホンマ、ツボです。
aya
2009/03/05 22:28
こんばんはー。
♪走るー雲のー影をー 飛び越えるわー
夏のにおい 追いかけてー
あぁ 夢はー いつまでも 覚めないー
歌う 風のようにー
歌は、シチュエーションとその時の気分がカチっとはまっちゃうことがあります。歌詞とメロディーが、自分の心にしみるのでしょう。

ではまた。
りょーいち
2009/03/06 03:37
 ayaさん。どうも〜〜。小西さんのは(文章もですが、そのワーク全体ネ!)当然好きですけれども、長谷部さんのは…もーなんちゅうんでしょうか、マストですねマスト!!ぶっとんでるっていうより、私にとっては「するっと入ってくる」ような部類です。生き方も生きている場所も美貌も(シーン)全く違いますが、「違和感がない」というところでは女性の書き手でも常にベストスリー以内の人…。
 ベストセラーについては…よくわからないし(知らないという意味で)、毛嫌いしているわけでもないのだけれど、その時々であんまり読んだことないんですよ〜〜。だから俎上にも…ってだけです(ああでも「ノルウェイの森」とかは真っ最中に読みましたけどね。アレは春樹フリークだったからであって…)
まき。
2009/03/06 11:01
 りょーいちさま。おはようございます。
 ジュディマリのことはあくまで「なんちゃって〜〜!」てのと「この曲のこの部分だけが胸に迫る!!」て感じで書いたつもりなので…そんな素直に受け止められちゃうとこっちが悪党みたいでアレなんですが…

 まあでもほんとそうですよね。どうにもカチャ!っとくる音楽ってありますから。
 思いも寄らぬ曲が心に残ったりあとあとまでフラッシュバックすることもよくあるし〜〜〜。私にとっては、今だったらジュンスカとかもそうです!(また墓穴!?)
まき。
2009/03/06 11:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
あたしだけの秘密の場所。 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる