平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS ネクラのサクラ。

<<   作成日時 : 2009/04/06 15:49   >>

トラックバック 0 / コメント 3

 花見がすごかったーーーー!!
 …この週末をまとめるならば、その一言に尽きます。住んでいるのが目黒川の近くなので、そりゃウィークディからず〜〜っと人ごみに揉まれたり酔客に遭遇したりなどしていたのですが、休日のソレは半端なかったワ〜〜〜!(どれくらいかというと、買い物しようと町まで出かけたが…駅を越える自信がなくて、向こう側のドラッグストアにいくのを断念したレベル…)
 桜って、すごいんですネーー!素敵っちゅうより、無敵!!さすが、桜と親孝行はJラップの二大キラーワードだけある!!平成を二十余年数えても日本人の心をメロメロにし続けている模様です。アイツには誰も突っ込めない…!斜にすら見られない…!!
 て、そんなことを書いてる私だって、結局はのこのこ見に行く加担者の一員だからのう〜〜!ハア〜〜〜(あと一週間か… →もはやカウントダウン気分)

 ということで(?)。
 土曜日は、両親が目黒川の花見ついでに遊びに来ましたのー。
 二人は去年、中目黒駅を境に北側…池尻大橋までの川沿いを歩いたそうで、今年は「南下して目黒通りまでは行こうと思うのー。っていうか、越えて不動前まで歩くつもりヨ〜〜!!!」とやる気満々でした(主に母が)。
 朝11時過ぎには電話が入りまして「ご飯奢ってあげるから出てきなさいよ〜〜〜!」「花はさすがにすっごい綺麗だけど、人がすごいわ〜〜〜〜」と、すっかり出来上がったテンションです。
 しっかし、ホントすっごい人…!!!私は人の量に呆れながら、こちらに向ってくる両親と合流。ちなみに人間どもには呆れてますが、桜は文句つけられないほど綺麗でしたよー。あと、犬!犬連れが多いんだナア〜〜〜〜〜〜!!(犬がいるから)羨ましくて、アタシ、泣きそうになっちゃう…!(赤ちゃん連れもめちゃくちゃ多いんだけど、そちらは別になんとも思わない。お幸せに…!って感じ〜〜)
 親子三人、橋二つ分くらい歩いたところで(私は両親のカメラ係に徹しました。父親が「お母さんと一緒に撮ってくれ!」とうるさいので…)、そのへんにある蕎麦屋でお昼ご飯〜〜!(タイムリーってより<無難に>重視で「キタチョーセンがどうの」みたいなことがそのときの主な話題…)
 そこから私の部屋まで歩き、花と来れば団子!…朝買っておいた「道明寺など」とお茶を出して一服し、その後、三人揃って「目黒通りから先」も歩くことに。
 実は、(桜に関係なく)私もこれまで「目黒通りより向こう」には潜入したことがありませんで(勿論目黒線に乗って降りたりしたことはありますけれども。徒歩でブラブラってのは皆無!)、その意味でちょっとわくわくもしていたのです。
 それで。 (たいしたことない)結論から言いますとですねーー!大人のひとたちならば、川下に向ったほうがベターだと思いましたですよー!!お花見はー。
 下目黒界隈は、青葉台のへんと比べるとぐっと川幅も広く、そのせいで目黒川お得意の「桜がかぶさる華麗さ」はやや落ちますけれども、それだって当然充分に美しいですし、おばあちゃんとか住民とか普段着の人が多くて、イイ!!大騒ぎしたりフライヤー配ったりするBなヤングがいないだけでも、断然イイ!!!こっち側イイかもヨ〜〜〜〜!!(人の量は特に減らないけど…)
 …そんな感想を強く持ちながら、不動前まで歩きまして。
 「川に沿ってず〜〜〜〜っと両脇に桜…何千本あるんだろう…。管理するだけでも大変だよナア〜〜〜!まあ、つってもこれだけの集客力があれば、充分ペイできるかア〜〜」みたいなことまで考える私…
 それほどに、桜並木はず〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っと続いているのです(その間、人も絶えることなく…)。
 全員体力の限界に達していたので、品川区突入以降のそれは見届けることなく(助かったー)、駅付近で軽くお茶したのち、目黒線に乗って…両親は家に帰り、私は大岡山を経由して(恒例の)病院に向うことにいたしました。
 と。 このへんから(自分の)風向きが一挙に悪いほうになってきたのです…!
 病院は横浜にあるので、とてもとーてーもー遠く(そのうえ駅からバスだし…)、乗り換えに次ぐ乗換えの途上で、どんどんブルーになってゆくんですよ。音を立てて崩れ落ちてく…的な感じで、みるみるうちに〜〜!
 そもそも、桜を見るたび…そりゃ綺麗なんだけれども…という留保つきの、独特〜〜な雨雲(比喩的な表現。心にかかる、です)に覆われがちな私…(マイノリティではあろうけれども、そういう人って私以外にもけっこういると信じておるのですが、そこんところいかがでしょうか!?)、
 今回はそれプラス、単なる疲労と…そして、頭に沈殿してならない働くこと全体への疑念…そのうえ(にもかかわらず?)世間(うんざりする数の花見客も…電車に乗っている人たちも…!)は、みんなみ〜〜〜〜んな楽しそう…!!!とかなんとか…からんでるといわれてもいい!ひがんでるといわれてもいい!!…そんなあれやこれやがまとめて襲いかかり〜〜〜〜〜〜!
 もや…もや…モヤモヤモヤ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ッ!!!!ですよー。あっという間にそんなモードに染まっちゃった私なんですウ〜〜〜〜〜〜〜〜ッ!!!!!(絶叫!)
 …そして。病院には(心の)低気圧を抱えながらもどうにかたどり着きましたけれども、土曜日はその気分のまま終了〜〜〜〜〜!
 日曜日にもそれは引き続き…結局、悶々とした状態で一日を終えてしまいました…。
 とある映画を見に行くつもりだったんですけれどもね…。でも、とてもそんなところ(つっても余裕で都心)まで出かける気持ちになれなくて…
 じゃあ…!ってんで、ブルーを逆手にとって『ヤッターマン』行ったるかア〜〜〜!!ゆうて、ヤケクソで一瞬サイトをチェキってみるも、はっきり「混雑しています」と書かれていたのにあっけなく玉砕し…!(これ以上の混雑は勘弁願いたい!)
 ハイ、そんな週末でした…。
 スーパーに行くのすら朝イチにして、花見客を避けたりするくらいの…ええ、そんな…。勝手に暗い…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
>父親が「お母さんと一緒に撮ってくれ!」と

いいなあ、まきさんのお父さん。お父さんといえば必ず(しつこく)頭をよぎる「真・善・美」。いいなあ。
なんか、まきさんのご両親(と弟さんご夫妻)ってお会いしたことないのに、ヴィジュアルが浮びます。

桜、なかなかあられもないですね。
京都はようやく昨日・今日あたり満開になってきました。
呑み助なので、口実にさせてもらっています。
あと、桜餡が好きなので、この季節はそれが楽しみ。

2009/04/07 22:44
 いや〜あられもないスよ。正味なハナシ。私があの花にアテられるのは、あの花が人間の女性だとしたら、相当苦手な部類だからなんだナア〜〜きっと(妄想族!)
 国中の人を狂わせるわけですからね〜〜「トップクラスのAneCan」ってゆうか、まあそーいう感じだと思うんですよ。セレブってのとは違って。綺麗は綺麗…黙るしかないほどの…でもすぐそこにいる…みんなあの子に夢中…的な。マ、これはあくまで東京近郊の桜のことで、京のはちょっと違うかもですが。

 あと父!「真善美」!!いい言葉ですよね…いまさらながら心して生きていきたい日本語です。きれいごとを平気で言うのが彼のいいところであり、母娘に「え〜〜」って顔をされるところでもあるのですが…(「幸せはお金じゃ買えないぞ!」とかねー。半分当たってるけど半分はずれてる…)。
 両親も人間なので、お互い気に入らない部分もそりゃあるようですけれども、概ね仲良しなので救われています。なにしろ、啓さんじゃないけども「双方の<顔>が好き!」っていうのがね。初対面で「見た目が好き!」って思ったそうですから…娘がいうのもなんですが、めでたいことだと…はい。
まき。
2009/04/08 10:55
 字数制限にひっかかかるので追加です!
 弟夫婦もきっと、啓さんのご想像どおりなのではないでしょうかね〜〜。
 弟はここ数年顔が似ているといわれるんですが、それって…ハア??ってくらいあっちは顔が濃く、内面の方も私みたいに暗くないので(妄想とか絶対しなさそうだし。冷淡だから)ほとんど違うんですが、なんていうか、基本部分で似てるなあ〜〜同じだな〜〜と思うことがよくあります(別居してから特に)。
 義理の妹のほうは、一見、誰もが私と似た種類の女性だと思う感じなんですが(弟に最初に紹介されたときも「にてるよー」だったし)、これまたメンタルが真逆っぽい感じでガッツがあって素晴らしい人です。

 てか、啓さんの旦那さんも私の中でかなり出来上がってますよ〜〜(顔が出来上がって、体つきも出来上がって…って感じ)ふふふ〜〜
 先日おっしゃってた「(前略)全然怖くない!」ってので、さらに輪郭がはっきりしてきましたし〜〜!(笑)
まき。
2009/04/08 11:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
ネクラのサクラ。 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる