平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS みんなみんな生きているんだ 幸せかはさておき。

<<   作成日時 : 2009/05/11 17:07   >>

トラックバック 0 / コメント 0

■ ピアノのお稽古。
 に、週末行ったらば。鍵盤に「ド」(もちろんドの場所に!)なーんていうシールが貼ってあり、やにわに心が揺れました。カワイイ…!!
 ドのところに「ド」!っつー愛らしさもさることながら、私の前の生徒さんは40代後半の女性なのです。そこがたまりませんよね。大人になってから楽器が弾けるようになりたくなる気持ち、すっごくわかるしーー。
 なもので、思わず。頑張ってください!「エリーゼのために」とか、早く「有名な曲」が弾けるようになるといいですねー!!と、教室にはもういないその人に念まで送ってしまう私…(とはいえ、彼女は韓国ドラマのテーマ曲を目下練習中のようですが)
 「あ、ごめんなさい。今剥がします〜〜」と先生は仰いながら、「こういうの、懐かしいでしょう? 誰だって最初はここからなのだから。まき。さんくらい弾けると随分昔でしょうけども」などと艶然と微笑み、
 「そんなたいして弾けませんけど、懐かしい気はしますねー。というか、3歳とかになっちゃうので、捏造した記憶かもしれませんが…(遠すぎて)」「ふふ、そうねー。私もそのくらいからだから、確かに気分だけかもしれないけども」…てな会話までして、終始いい感じー。
 自身の演奏も、ゴールデンウィークに実家で割合弾く機会があったもんですから、指がいつもより動き、好調でした。人間はゲンキンな生き物ですので(少なくとも「私は」)、その日はいきなりピアノ大好き〜〜!て按配になり、アレが置ける部屋に住みたいナア〜〜!などと思いはじめ、「ピアノ可」物件まで検索し出しちゃったのが我ながら考えの浅いところだったけれども…。
 (いや、床面積さえ確保できれば、今の部屋だって許されてはいるんですが。読まされたもんなア〜〜最初に。「ピアノ、サックス等の演奏は早朝、夜間は禁ずる」てなことを…。でも置けない!無理!今の暮らしでは)

■ 赤い電車に乗っかって。
 蒲田まで行ってきちゃいましたー。日曜日。どうしても読みたい小説があって、ソレを入手するために…!(バレバレ)
 京急蒲田で下車するのはおそらく人生初です。地図で確認したら、実家のけっこう近くのようなのですが…(て、だからどうということもないのだが)
 とても暑い日だったので、おろしたての日傘をさして。京急の快速特急の豪華さ(新幹線みたいなのヨー!)に驚きつつ、私にしては至極珍しく、すんなりあっさり現場に到着〜〜。
 タッチアンドゴー!!!で会場をあとにし(用事を済ませたら、お役御免!という気持ちにしかなれなかったもので…)、再び品川へ。そこから恵比寿に出て、歩いて帰りました。(な〜〜んつって軽く書いていますが、さすがにちょっと距離はありますよ。そんな都会人ではありません!)
 お目当てのあの方は、なんだかとても元気な人でした。活力みなぎる!!とでもいえばいいのかしら…? 人当たりも異常によくてー。
 日々驚嘆に値するおもしろい日記をアップし、ただごとでない量の映画を鑑賞し、シャレにならないほど泳いだり夜遊びしたりして、読書もた〜〜くさんして英語も喋れて、デキる会社員でもあり(や、全く知らないけど、デキないわけない!)、
 …なにより「すべてのレベルを一ミリも下げないで進み続ける」!!そんな超人の実物を拝んでみたくて、のこのこ出かけたわけですが。行ってよかったです。
 賢いだけでなく、燃費が人並みはずれていい!!っていうか…消費と欲望と好奇心と能力と割り切りと愛嬌と冷静さなどなどなどのバランスが、驚異的に優れた人なんだなア〜〜〜きっと! と、そのお姿を見たら、謎の一部が解けたような気もしましたから。
 当の小説だって、中目黒のコーヒースタンドで一気読み〜〜〜〜!!!!でしたよー。想像をはるかに上回るおもしろさだった!!!!やっべえ〜〜〜〜〜ッ!(というのはこういうときに使うに相応しい現代語です…!)
 いろいろな人がとりあげると思うので私は詳しくは触れませんが、
 いかなる暮らしにも等しく価値があり、希望を感じ取れないような状況であっても一条の光はいつか差しこむ…けれども、光が差したくらいでは結局南極どうにもならないこともまた事実…!というような小説集でありました。
 しっかし、これ…誰が校正したんだろう…??? まあ、ありていに考えりゃご本人なんでしょうが、なんたる執着心!!…てえと語弊があるとしたら、集中力…!!完璧主義にもほどがある。
 インディーだとはにわかに信じがたいレベルの語尾・表記等の統一ぶりと、漢字の「ひらき」の徹底した美しさ。読みやすい!すばらしい!!
 いや、内容がなによりもでしたが…!!! 様々な意味で、感動しきりの午後でした。

■ 私はナオコーラが好き!!!(確定)
 紙面が尽きたので(?)このへんでさすがに退場いたしますけれども、
 『論理と感性は相反しない』のおもしろさにきゃ〜きゃ〜(心で)騒いだ週末であったことも忘れたくないので、書き留めるだけはしておきましょう!
 どんどん好きになる。私はこの作家を…!!!と倒置法で熱く思いました。
 と同時に、人としては(性別とか国籍以外)彼女と私は何もかもが似ていないこともますます発覚したのですけれども…そのような相手をもこんなに好きになれるなんて…!つー喜びが断然勝ったりなどして。
 小説を読むのは非常に楽し〜〜〜〜〜いッ!!!!!!!! 自分が本を読む人でよかったです!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
みんなみんな生きているんだ 幸せかはさておき。 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる