平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS 驚くのはいつもひとさまのことでなのよね。

<<   作成日時 : 2009/10/20 14:54   >>

トラックバック 0 / コメント 6

 週末。天晴れ!な秋空の下、祖母の49日法要が行われました。あれから一ヶ月半過ぎたのかーと思うと感慨深い。というか、あっという間でした。
 そこで顔を合わせた…1月に式を挙げた従兄弟の奥さんのおなかはもう大きく、弟はそういうわけで新米パパになり、従兄弟の一番下の子はそのまま法学部にはいかず文学部(しかも哲学だって!)に進学するそうで…(ちなみに真ん中は都の地方公務員なのですが、心の底から「東京オリンピック、残念だった!!」とか言っていて「さすがプロやー!」と思わされました。 →私はその件につき終始「めんどくさ。やんなくていーよー」なテンションの非国民、ならぬ非都民? でしたからー)、
 みんな(年下なのに)着々と「人生すごろく」のコマの目を進めているようで、それに比べて…自分はいったいいつまでふらふらしてるつもりなんだろう? と我ながらあきれたしだいです。(いろいろな意味で取り返しがつかないので、気が狂わぬよう「他人事フィルター」を通さないと、もはや自分のことはきちんと考えられない…!)
 まあでも、宴(でいいの? 法事でも)は楽しく、似た顔が集って(一同に会すると、否が応でも血が繋がってんな〜〜と思いますよネー冠婚葬祭って!)歓談でき、いい一日でした。
 戒名も「立派だ」とお坊さんに褒められたし(そういうのを気にする人だったから)、おばあちゃんも天国で喜んでいることでしょーーーー!!!そっちで楽しんでくれていれば幸いです。

 んでもって。 最近読んだ本のメモー。
 …の前に、つぶやき(本来の意味での)を一つかましたいのですが、ブログの人気ってわかんねーな! 
 私のようなものの日記を読んでくださる面識のない方がいるのにもいまだ実感わきませんが、どー考えてもクソみたいなそれがすんごい読まれてるのを知るのは、さらに!(かつ、新鮮に)驚きです。
 いやそのー、有名な人のが人気あるのはわかるのよー(内容がなくても)。ただ、一般人のつまらない日記の読者が想像をはるかに上回る数だと驚愕を禁じえない!
 昨今は(ブログたらいうもんもすっかり定着し)「さすがに読者の多い日記はよくできちょる!」「ネット宇宙においては、原石はいつまでも放っておかれないのねー」「この人これでシロウトなんでしょー?」「しかも文章とぜんぜん関係ない仕事して…社員ですらないんか! 不況やなー」などと(誰目線か不明のままに)思うばかりだったのですが、
 そうでもないことも時としてあるんだナア〜〜! と目を見開かされるものに出会ってしまったのでー。(こういう場合に「自分の目が節穴なのかも」とはこれっぽっちも思わない自身もどうか? て考えもまた時折よぎるのですが…)
 と。マアまるでまとまりませんけれども(てか、まとまるわけない話題ですけれども)、つぶやくだけつぶやいてみました。激しく長くー。

 というところで、(ようやく)本の記録です。
 『ばかもの』『プリズム』『不恰好な朝の馬』と…現存する中堅(年齢とか知名度とか地位など含めて)女流作家の本を続けて読みまして。
 このなかで「オマエはどの小説を書きたいか??」(書ける力を与えていただけるとして、つーの?) と神様に問われたならば、確実に私は『ばかもの』を選ぶ!!!!のですが、
 一気に読んだのはそれとは違い、『プリズム』、続けて『不恰好な朝の馬』だったのでした。女ですもの…!なのかしらネ〜〜こういうのって。(適当) 野中柊なんて読むの1年ぶりとかだけど、たまに読むとけっこういいんだナアー。
 というか、『プリズム』に関しては、野中柊といわれなければ「絵國香織」としか思えない作品だったのが、いっとう衝撃でしたけども。(2,3作目までそんなことなかったと思うんですが…最近の彼女がこんなになってたとは!テーマや展開があまりにも「絵國っぽく」、文体の細かい違いなどに気が回らなくなる始末… ←細かい違いに気づかないのは「おおまかには似ている」つーことだしサアー)
 なににせよ、こういう小説を何も考えずに読みたい!!ときが人には必ずあるので問題ないとは思いますがー!(あと、とってつけるようですけれども…井上さんの作品もよかったです。着実!な感じのする作家かと…)
 そして。 そこから話は飛ぶようで飛ばないけれども、
 今朝驚いたんですが、30代の4人に1人は1ヶ月に一冊も!本を読まないんですってーー!! うへー。(お得意のラジオ情報) 平均2冊だとか。(理由は「仕事やら家事やらで忙しいから」だそうですヨー!ゴメンね暇で!!) 
 本なんて読めばそれでいいとも思わないけど、そりゃア売れないし書店も潰れるワーーーー(し〜〜〜〜〜ん!)

 マ、それはそれとして。 以上のことはともかくーー!!(これだけ書いておいて…?)
 正直、昨日今日で一番肝をつぶしたのは、長い付き合いの友人(延べ15年とかになるかもーー! コワ〜〜〜〜〜。 …いやいや、ありがたいことですッ!!!)からの、「仰天」メールにであり〜〜〜〜〜!!
 なんちゅうドラマ!!!!てか、無軌道ぶり!!!!!(笑) にわかに信じられない内容でした…
 ゴタゴタって集中するんだなアー。来ない人(たとえば私)のところにはとことん来ず、ある人にだけイヤっちゅうほど訪れる…それが事件、各種揉め事、色恋沙汰、のよーであります。
 いやはや、おもしろい!!人生っていつまでたってもおもしろいものなのネーーーー!(おもしろがってる場合じゃない気もしますが、この際おもしろがっておくゼ!)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
まき。さま

こんにちは。

本当ーーにね、本を読まない人の割合。私の場合お得意の(ええ!)新聞活字
情報からでありますが仰天しました。こ、これが私の生きる世界の真実か?統計上とはいえ。
やっぱり欧州の電車の中じゃ「全員が(一億総●●なんて言い回しは陳腐で使いたくはないですが)ぢっと携帯の画面をお札のように捧げ持ってゐる!」なんていう末期的症状はないですからネ。

「集中する人には集中」。ドラマの話ですが、まさに同意。ああ、今これから結婚式を挙げるっていうメールをくれた彼女と前回会った半年前、彼女はまだ婚約者と会ってもなかったんだーってしみじみ思いますもんね(裏側には「それにひきかえわしには何も起こらへんよ、この安定性よ!」)。それ以外でも、「じゃー近々会おうぜ、私の都合のいい日はこれこれこれ」と連絡した友人(夫あり)からの連絡(連絡があった場合!)が「夫に確認してからまた連絡するね!」でしばらくしーんと何も音沙汰がない日にゃ、「おいらがこれらの日を空けてキープしてるうちはいいんだがヨ、こっちにも都合ってもんが・・、おいらは(100歩譲って言っても)アナタがたよりもずいぶんと忙しい気がするんだがそれは錯覚だらうか・・・」っていう気になりますよね。忙しさは決してよいことではありませぬが、現代に生きる人のマナーとしてネ!って書き散らかしちゃいました。
言いたかったことは人間どこでどうなるかわからんねということですよー。
nya
2009/10/20 23:57
<人間には二種類の人種がある。本を読む人間と読まない人間だ>てのは斉藤女史のけだし名言でしたがー。そうですか、でも4人に3人は読んでるんや〜とちょっと感心しましたよ。なんか周りの年下の女子たちを見ると読書率低いですもん。読んでても新書とか占い本とか美容本とかね・・・(それも読書って言うんや〜ふうんってな感じ)。えと、ちなみにワタクシもゴタゴタが寄ってこない人種ですのよー。でも結局、波乱万丈な友人の幸不幸の山谷を均したら同じくらいな気がしますねえ。しみじみ。
aya
2009/10/21 10:56
 nyaさま。大体ご同意いただけたようで嬉しいですー(てか、同じ穴のムジナ ←狢って書くのね!変換されて驚いた が集う場所らしいワこの日記…)
 本は…アタシも純文学や大作をガシガシ読んではないですし「いいエンターテインメントだなー(資本投下も低く済み、外出も時間のやりくりもしなくていいし)」て思ってんですが、
 「さほど楽しくはない」と感じている人が世には多いようで。ああそうか〜〜とちょっぴりうなだれたしだいです。

 あと、電撃結婚した人には必ず「まき。ちゃんもわからないよー?」とか言われますが、自分にそんな<激震!>が訪れるイメージがもてないっつー、そーいうところが一番ダメな原因なんじゃないかとも思っててー(またヒトゴト!)
 それから、既婚者で「旦那の意見訊いてから」て友人とは疎遠になってもー久しいですヨ私の場合…(し〜〜〜ん)。奥さんでも割と好きにやってる人ばかりだなー。これも類友のようで…
まき。
2009/10/21 11:22
 ayaさま。「波乱万丈」は、根底では望んでないから来ないんだとも思いますしねー(「平穏を愛し、一人の時間や空間を必要とする人間は基本的に結婚に向いていない」て誰かが言ってたしー)
 A型なのもあるかもですが、私は無病息災・平穏無事な暮らしが一番!という地味な人間なので、神様も見てらっしゃるのかナーなんて考えたりもして。
 (そのかわり、絶好調ー!!とか、幸せすぎてコワい〜〜!!!とかいうシーンに恵まれづらいのも納得)(その逆の人生をガンガン歩む人がいるのも超納得)

 あと、世代が下の人たちの「読書」…うーーーーむ、たしかに売れてるみたいだから、そーいう本を手に取る人が多いのは事実なんでしょうが、「最近何読んだー?」て訊かれて(てか、そんな会話ももう存在しないのかしら。年代が下の人たちのなかでは)「ラブボディ!!」とか「<自分を好きになる>系〜〜〜」「風水本はとりあえず新刊すべてオサえるからねー」といわれたら…??
 …はっきり言って、どうしたらいいかわかりませんけどもーー(案外「天真爛漫でいい子だなー」て思いそうでもあるが)
 ま、世相は基本おもしろがってかなきゃいけません!!てことですかねー(強引なまとめ?)
まき。
2009/10/21 11:45
いや〜〜、おもしろがっていただけて光栄です!
ほんと、もうおもしろがるしかないよ!

かれこれ10年ほど前に、知り合いのプロダクション社長に「占いが出来るママのいるバー」に連れてってもらった時(昭和のギョーカイっぽいね)「あなたを嫁にもらった男性は苦労する。あなたは嫁としてロクデモナイ」って言われたことを思い出しました。
社長!あのママの占い、当たったよ!(やけっぱち)

カーナビ壊れてるのに、ガソリン満タン!エンジン全開!みたいな人生、もーやだ!って自分では思ってるんだけど、まき。ちゃんの日記を読んで「波瀾万丈を選んでるのは自分だよなー」と我にかえった次第です。

これからの私の人生もお楽しみに☆
15年来の友人
2009/10/23 08:02
 マージーでーーおどろいたのなんのーーーー!!
 妄想病の私にもまるで想像できなかったことを次々とやっちゃって…ホントすごいワヨーーー!!!!(ジェットコースター人生!この歳になって来年が見えないってすごすぎる!!)
 まさに、事実は小説より奇なり!!ちゅうか、知り合った20代のころは「そんな人」(てどんな人??)に見えなかったのになアーー。わからないもんだよねー。

 てか、日記とかに書いて怒られるかと思ったけども(笑 でも肝心なことには全然触れてないからサ!)暖かく受け止めてもらえてよかったナリ〜〜〜〜〜。
 そして、占いってあなどれないのね〜〜〜〜〜〜!!(そういうオチか)
まき。
2009/10/23 11:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
驚くのはいつもひとさまのことでなのよね。 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる