平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS イイネ!!!!

<<   作成日時 : 2009/11/11 17:48   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 なーんてタイトルとは裏腹に、目下地味〜〜〜に風邪ひき中でー。
 とくにひどくならないのでインフルエンザじゃなさそうですが、風邪薬を飲んでいるとき特有の浮遊感でふらふらくらくらしつつ、3日ほど生活しているのでした。
 年を取るにつれ、ただでさえ「ひとりぼっちになってゆくこと」を思い知り、うぎゃ〜〜〜〜〜〜!となったりドカーーーーーーン!と落ち込むのに、体調が優れないとそーいうのが倍ドンで(倍どころじゃねえかー)襲ってきて、
 一人ってツライなア〜〜〜…を通り越して、いつしか「一人で死ぬこと」に焦点は合わされ…えーーとここで倒れたとして…おなかすいたなーとか、あと124円しかない…!みたいなのが残留思念としてこのへんを漂ったりして〜〜〜〜…ま、とにかく夏だけは避けたいわよネ〜〜〜〜!!とかまで普通〜〜〜に考えてしまいます。
 マ、死ぬときは誰だって一人なんですけどね! すっごい甘えん坊さん、かつ、困ったちゃんで、誰かと「心中」してみたとて…全然「一緒」じゃないしーーーッ!て話ですからアー。
 んでも。病気時は、そこまでお利口に「冷静!」にゃなれませんので、とめどなく…思いっきり寂しく悲し〜〜〜くなっちゃうんでしたー。細胞が菌にやられて弱虫になってるのかもしれません。忙しくて手薄になってるとかな。

 そんな「風邪とともに生きる」ここ数日。読み直した本(出たばかりの頃に一読した記憶…)が、『クレイジーケンズ マイ・スタンダード』だったのでした。横山剣さんのとびきりイカした自叙伝です!
 前々回大絶賛した根本さんの本をきっかけに、芋づる式に再読したくなって〜〜〜〜なのですが、
 かなり厚い(熱い)のに、するする読めて(ご自分がおっしゃる<学がない>とか<本を読まない>とかは、音楽以外の「引力」にも全然影響ないのよーーッ!魅力ってそんなチンケなもんじゃありません!!)、
 まさに、イイネ!!!!つー仕上がりなのは初読時と少しも変わらずーー。
 ご幼少のみぎりから「メリメリメリ〜〜〜」なムードに(その時々の「ハヤリ」「オシャレ」なんぞにゃ引っ張られず)ヤられ続けて、それをバーーッチリ体得し(文字通り「体を使って得て」!)、パワーを惜しみなく放出しまくるこのお方は…皆様ご存知のように「スーパーかっこいい大人の男!!!!」であり、
 そんな殿方から発せられた文字は、追うだけで元気が出てくるワーー!っちゅうもんなのです。
 あまり文章化しないだけで、踏んだり蹴ったりとか(心身ともども)ボコボコにされたりとか、しょぼ〜〜〜〜んとなったりとか、そーいう日も数え切れないほどあったでしょうが(これだけドラマチックな人生を送っていれば!)、
 そーゆう「こんなオレにだって痛みはあるのサ…」みたいな面はくどくど書かないのが、ほんとーにチャーミングで〜〜〜〜〜!!!
 そのうえ、「ヤバイなこりゃ…!きな臭さプンプンですヨ〜〜〜〜ン!?」て半分気づきながらも、「でも、おもしろくねー? 乗っかってみてから考えよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜っと!!!」とかなっちゃう<感じ>に至っては、僭越ながら、なんてかわいいのかしらーーーん!!!とニヤけざるをえません。
 件の根本さん本に登場した、根本さんご本人、カツシン、裕也さん、テリー・ジョンスン氏などと同様の「大物の大人の男ならではの(小市民の自分にはついていけないが、「伝説」を聞いたり見たりする分には掛け値なしにわくわくする!)、ちょう大型の魅力大爆発〜〜〜〜〜〜〜!!!」(「大」が多いネ!ビッグな人たちだけにー!!)ぶりに、当方、目のくらむ思いがいたしました。
 ワタクシゴトですけれども、剣さんが小・中学校時代を過ごした地は、私の育った地域でもありまして(自分は道一本挟んだこちら側で、横浜市民ではなかったのですが)、
 剣さんの通った小学校は(書かれているように、なぜかコロッセオのよーな「円形」校舎なのよねー)愛犬ちいちゃんとの散歩道でしたし、
 剣さんがバンドミーティングに使ったロイヤルホストは、夜遊びに出かけるとき友達と待ち合わせした思い出の場所(そこしか24時間営業のファミレスがなかった)、
 そんでもって、剣さんが「レコーディングの喜びを覚えたスタジオ」は、高校時代バンドの練習によく借りていたところや〜〜〜〜〜!!!! …てな具合に、
 本著では何箇所も(世代が違うので、バッタリー!!とかはなかろうけれど、子供の私が駅前で剣さんとすれ違ってなかったとは言い切れない!) そーそーそーそー!!!と個人的に膝を打ちたくなる「此処彼処」が出てくるものですから、その方向からも おもしろさ & 胸キュンさ満載〜〜〜〜〜〜!!でしたし、
 もちろん全然関係ない…70年代の山手・本牧や、80年代の青山・六本木のお話だって「絵に描いたような遊び人(の大人)の世界やア〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!」とミーハー丸出しで読むことができ、大変エキサイティングでした。いい意味で<胡散臭さアリアリのジェットコースター・ストーリー!!!!>つーかねー。
 …草食男子なんていう種族がもてはやされた2009年(て、もう廃ったことにしちゃってますが、今年の流行語には入りそうよねー。森ガールといい、植物がみなさんお好きなようでー)の今こそ!!こんな超ど級の「肉食男性」の自伝を読むのも、オツってものなのでは〜〜〜〜〜〜〜〜!!!??
 とかなんとか、景気よく飛ばしたところで。
 この波に乗って、どうか風邪が消え去ってくれますように〜〜〜〜〜〜〜!!!本日はそんな願いで〆たいと思いまーす! あっちいけー!!ブーブーブー!!!(ブーイングの手つきで)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
イイネ!!!! 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる