平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS このごろのもろもろ。

<<   作成日時 : 2010/03/19 14:58   >>

トラックバック 0 / コメント 4

■ (いまさら感たっぷりな時期になっちゃいましたが)いやーラジコイイネーーーーーー!!!!べんり!!!!
 AM電波のほぼ入らない地域に住み、ホゾを噛む思いーーーーーーーーーーーッ!!!てのはココにも何度か書いてますが、聴きたい聴きた〜〜〜〜〜〜いゆうてると夢はかなったりするんだなア〜〜〜〜〜〜〜〜。
 口に出すとか文字にするって、考える以上に有効なことなのかもしれません…。 なーーーーーーんちて!!!嘘。嘘です!! 世の中がアタシと関係なくどんどん便利になってってるだけなのくらいわかってますけれども。
 とにかく「日曜日が待ち遠しい」私で〜〜〜〜〜〜〜〜〜す!!!(アレか)

■ 週末。バスに乗ってましたら、隣の見ず知らずのおばちゃま(推定70歳近く)に、いきなり話しかけられまして。
 いわく、「私、今日『ハート・ロッカー』観てきたんだけれども、アレなのよ、横の男の子がね、けっこうカッコイイ子だったんだけど、ドリンク買いにいくときわざわざ…こっちはなにも言ってないのによー?? 『なにかお飲みになりますか?』って。ついでにぼくが買ってきますからってのよーーーーーーーーう!!!! 私、映画の前にお茶しちゃってたから断ったんだけれども、立派よねエー。若い今風の男の子がねえ〜〜〜そんなこというんだから。感激しちゃったアー。映画の内容はほら、アレだったけども、日本は捨てたモンじゃないなと思ったわアーーーーーーー」
 だそうです。矢継ぎ早に。 ハア〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。 
 …件の青年がご婦人のおっしゃるとおりと〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ってもいい子なのか、なにやら下心(詐欺系など)があってなのか、私には知るよしもありませんが(マアでもホントに心根の美しい若者なんだろうナー)、
 とっ捕まえられたままニコニコ赤の他人の話を聞き、一つ二つ気の利いた返答をする自分(アタシアタシー!)だって明らかに「いい人」ではあるまいか??? とぼんやり感じた夜でしたよ。
 (こちとら正直口もききたくないほど疲れてたんで…)

■ そしてそして。
 お台所は生命を司るだいじなところ。 みたいな感じで。
 現代を生きるある程度知的な方々のほとんどが「からだを作っているのは、たべもの」とゆー意識を高くもって日々生活されておられることと存じますが、
 逆に!!逆にーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!! ネコイラズを盛るとか湯飲みに雑巾絞った水しこたまいれるとか、そーゆうアレでもなしに!!!!
 尊い命を危機にさらす!!!!!そんな事件だって、あそこでは容易に起こりうるんだなアーーーーーーーーーーーー!!!!てのを、このたび思い知ってしまった私でしたのー。アア知りたくもなかったけどヨ!!!!!
 火。熱湯。油鍋。大小さまざまの複数の刃物。混ぜるな危険。 どれ一つとっても、確実に人間一人くらい軽々と息の根を止められるブツで溢れかえる空間…それがキッチンの別の顔なんですワ!!!!!!!
 え〜〜〜〜〜〜〜〜そんな場所で日曜日。 テキトーに炒め物を作っておった当方を、でっかい油の飛沫が襲ったのです!!!!!!!
 ちょうでっかいの!!!!!しかも二粒!!!!!!しかも顔と首っちゅう「二大女の目立つ部位」に!!!!!! キャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!
 まずは熱さのあまりに飛び上がり、浅い知恵ながらも流水で必死に冷却したのですが、ヒリヒリはとまらずみるみるうちに赤い水ぶくれに…!!!!!!
 ヨロヨロしました。もともととくに気分よくもない昼下がりが、瞬間マイナス300あたりまで軽〜〜〜く落下した。
 紙でスパッと指を切ったりもそうですが、あーゆう「命にかかわらないヒリヒリ」の…不愉快とブルーうごめく世界にガッツリどっぷり落とし込む力ってなんなんだろう???????
 いやいや!!!!!!なんなんだろうとかいってる場合じゃなかった。 とりあえず、料理が途中だったので(すべてぶちまけたかったけど、一人暮らしは掃除するのも自分…食材も自分の賃金で調達するがゆえ…!)半目になりつつも(痛いようー)なんとか仕上げ、約束があったので…ちょう憂鬱だったんですが、出かけることに。
 世間では、白い日(ホワイトデー)ってやつですよ。ホワイトな日に、皮肉にも顔面に赤い水ぶくれ作って…電車に乗って…なんだこの人生!!!!!!
 ぶつけようのない悲しみと憤りで、山手線の車中、手すりにつかまらないと倒れそうな私…。せめて、せめて、顔に飛ぶんだったら、生え際とか…耳の近くとか…気にならない箇所にしてほしかった!!!!!!!!
 ただでさえ自分は怪我や火傷の跡が消えない皮膚の持ち主で(医者にも言われた「ケロイド体質」)、それに加えて老化の一途をたどる肌…!!!!吹き出物だっていまやできたら2週間とか経たないと完全に消えないのに、
火傷の跡つったら年単位ですよ年単位!!!!!もーーーーーーーーーいやじゃーーーーーーーーーー!!!
 ということで。
 これはもーとっとと…跡が残らないように…つか、一刻も早く赤みがひくように、病院にいこうと!! せっかく高い健康保険料を毎月払ってるんだからよーと!!! 「皮膚科 地域名」でググってみたところ。
 わが家付近の「皮膚科」上位はずら〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っと美容系ばかりなのです。美容系…てか、アンチエイジング?? シミシワたるみ????? プチ整形???? 脱毛もやってる???? 的なー。
 や、ソレも大事だとは思いますよ。永遠の美を追求したい人はすればいいさ。ニーズあってこその市場、市場競争が活性化すれば雇用も増えるし業界自体も発展し、経済がそのぶんアレするわけで、このご時勢でけっしてそれが悪いムーブメントじゃないてーのもわかる!!
 だがしかし。普通の皮膚科がほっとんど見当たらない!!ってのはそれとはまったく別の話やろーーーーーーー??? いったいぜんたいどーゆう了見なんだろうか〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!
 驚いたことに。地味―にビルの3階とかでやってて、きり傷とか火傷とかアレルギーの相談に住民が訪れるよーな昔ながらの「皮膚科」は…ネットで見つけて問い合わせしたらば、3件連続で「閉院しました」てテープ応対だったのです!!!!(プラス一件「現在使われておりません」from NTT)
 美容的な処方をしない限り、皮膚科はたちゆかないのか2010!!!!!(一応恵比寿でも探したんですが、「モデルさんも来てます!」てさらにそんなとこばっかりやった…!!)
 ドーーーーーーーーーーーーーーン!!!!! この現実に、腕組みせずにはいられませんでした。実家のほーの総合病院いこうかなア〜〜〜〜〜〜〜トホホ…(なぜか皮膚科の名医がいるので)

 …なにかが起きると、いやでも人は派生していろいろ学ぶもののようです。
 てか、まずは「料理をするときは気をつけろ!!!!!!!」ですけどもね。 たいしてすきでもないことに気をつけなきゃいけないって…ますますそっちに足が遠のくゼ…!(うんざりした表情で)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
私が去年診ていただいた皮膚科はおじいちゃん先生がやってる昔ながらのとこでしたよ。アレルギー系で有名なとこらしいのですが。中山皮膚科 http://hospital.health.goo.ne.jp/detail.php?hid=fbj-4675
かおり
2010/03/19 19:30
 わーかおりさんありがとうございます!ご近所ならではの信頼できる口コミ…泣きそうですー。感謝感謝!!(しっかし、なんで閉院したところが上位にアップされるんだろー)
 教えてくださったところ、評判いいみたいですよね。混んでるっていうのと、私の場合アレルギーではないので、どうしようかなーと悩んだ病院です!
 で。たった今!会社早退して某皮膚科に行って帰ってきましたー。
 やけどはとにかく応急処置が大事で、死ぬほどしつこく冷やすこと!!!と、たっぷり教わってまいりましたよ。私の冷やしはまだまだ甘かったみたい…
 でも(?)いい先生でした。今度怪我系でかおりさんが皮膚を傷つけられた暁にはお教えします!!
 とりあえず、火傷したらとにかく保冷剤!!!!だそうです(だいじなことは二回言う)(こちらも豆知識返し)ので、お見知りおきをー
まき。
2010/03/19 20:25
まき。さま

私も台所ではちょこざいな動きをするもので(笑)
やけどや小さい切り傷(特におろしがね系)はしょっちゅうですので
心中お察しいたします。。。

あと、やけどもそうですが、「くぬやろーーー!」って思うのは
指の関節を曲げた状態のときに関節にできる擦り傷。
治りかけで血小板がせっかく直してくれたかさぶた風のときの
様相が、へんな吹きでもの風になってしまうの!
関節を延ばしたときにむちっと膨らんじゃったりして
なんだかとっても手が・・手が・・・。

とにかくやけどには保冷剤ですね。感覚がなくなるくらい。
どうぞお大事に!

nya
2010/03/22 08:04
 nyaさんおはようございます! 擦り傷切り傷もありますよねー(私の場合ぼんやり&ガサツの両面持ち合わせているのでなおさら)。おろし金でね。大根とかしょうがをおろしているときに。ああ、ちょういたい!!!!!!(悲鳴)そしてなかなか治らない…手は使いますからねー。
 総合的に、私は●本木時代のほうが料理はずっとやってたんですけども…(あくまで自分比ですが)いや、「たまに」「義務感で」やるからこそ料理の神様から今回鉄槌が下されたのか…ほんとへこみました。どう考えてもこればっかりは自分の責任だし…

 おっしゃる血小板うんたらのは、私はなったことないですが、なんだかすごくはっきり「想像」できます!!厳しそうですね…
 トワコとかリンカとかホシノアキとかもちゃんとごはん(負傷覚悟で)作ってんのかなアー。毎日料理してたらけっこうあちこち傷跡できちゃいますよねー。私なんかたまにしかやらんのにこのていたらく…
 とにかく。お互いがんばりましょう!(なにを?)(細心の注意を払った私生活を送ることを!!)
まき。
2010/03/22 09:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
このごろのもろもろ。 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる