平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS 甘い運命に 溺れましょう。

<<   作成日時 : 2010/06/03 17:16   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 10年後も心に刻まれるであろう奇跡の5月が終わり、「6月はプライベートのリア充(てなんなん!)を目指す!!!」つもりだったのですが、
 初日から早速ひとりでカラオケに行ってしまった、見事に「お前ってやつは!」な私であります。人間そう変わらないって! 好天が続いてなによりですけれどもねー。なんだろうね、6月に入ってからのこの爽やかさ。

 …ひとりカラオケ(略してヒトカラ)については、友達がかねてから楽しそうにやっており、自分もいつの日か!!!と目論んでいたのですけれども、いかんせん気軽に行ける場所がなかったのです。
 通勤路から考えると、渋谷か中目黒(か、ぎりぎり表参道)に寄れるといいんだけどナーなんですが、そんなタウンにトウのたったオンナが一人で歌いに行くってちょっと…。 見てくれじゃなくてッ!本人がすでに嫌だってーの!!
 と。その地点でつまづいて二の足を踏んでたところ。(この計画は「一人さくっと」「こなれた感じで」やるのが重要であり、「カラオケひさしぶりにいきたくなっちゃったー。どないー?」て他人を誘ったとたん別種になってしまう!)
 このたび、別の友人から朗報がーーーーーーーー!!! 彼女が恵比寿のラグジュアリーなカラオケ屋でさらりと「ヒトカラデビュー」を果たしたっつーんです! 恵比寿。大人っぽい。 よくなーい??? イイ!イケる気がする!!
 そんなこんなで、行ってまいりました。ええそこにー。
 受付の「使用状況」でも「おひとりさま」はほかに見受けられましたし、かまえていたようなことは皆無で、すんなりチェックイン→チェックアウトできました。やればいいんだなアー、なにごとも。結局人生やったもん勝ちよ!!!てキョンキョンも歌ってたしネー。
 個室の画面に流れる「おすすめ」や「新着」に理解できる歌が一曲もなかったのがちとアレでしたが、そこらへんはある程度予測してましたし(たとえば「西野カナの顔」は仕事で知ってても、「こういうフェイスの人の歌う曲が…私に用があるわけない!」てな流れ)、
  プラス、おりしもカエラのおめでた報告のあった日だっただけに、いっちょ…とも思ったけれど、それもなんだかなアーと瞬時に却下しー、
 もう自分のやりたいようにやる!!!時流関係ネエ!!ひとりだし!!と、そんな心境にはやばやなりまして、
 「カラオケゆうたら!」 エエ決まってますヨもちろん!!聖子ちゃんからスタート〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ッ!!!したのでした。
 聖子ちゃんって。歌うだけでなんであんなに現実逃避できるの…?? 夢のようすぎる!!!甘いドラッグです。
 今23歳の人とかは知らないと思うけど、聖子ちゃんはね、聖子ちゃんはね、80年代、完全無欠の満点アイドルだったんだからアーーーーーーーーーーーー!!!!!当時の動画をご覧なさいよ!!!戦慄するほどのかわいさなんだからア〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!
 それはたとえば…広末でも上戸彩でもあややでもなんでもいいけども、彼女たちが一瞬神がかった「かわいい表情」をキメるとき、必ず!「どっかしら聖子ちゃんに似ている」よなことからも説明できましょう!!!!!
 そう!!!!!ニホンのアイドルの原型は聖子ちゃんなんですーーーーーーーーーーーーーーーッ!!!!!
 でもって。(そゆところで握りこぶし作ってもヒかれそうなので話を戻して)年齢のイった女が聖子ちゃんを歌うとき。
 その目的は…「少女の私をもう一度!」とか「かわいく見えちゃうかもー??」とかそンなんじゃなくてですね、
 「なんかいろいろ忘れられるから!!!!」「忘れて松本隆やユーミンや細野晴臣や佐野元春の世界に飛び立てるから!!!!」なんですよ。
 ウエストのしぼられたワンピース。サラサラの髪。細い足首と木漏れ日。水面が輝く海。手袋越しにつなぐ手。白い息。待ち合わせでガラス窓を外から叩かれる瞬間…(ガイキチ) そーゆう世界ですよ!!!そんなシチュエーション、実人生ではもう二度とないからこそ!!!輝いて見えるシーン!!!(今までも別になかったろーとかいうな!)
 季節柄もあって『白いパラソル』が一番フィットしたかなアー? 『瞳はダイアモンド』『マイアミ午前5時』『ハートのイアリング』などなどの「マイ得意曲」も全部流し、ハッピーな気分になりました。(ひとりで)
 あ、オザケンにも当然チャレンジしましたけれども…キーが合わなくては音楽になりませんので(ピッチ重要派)すぐに取りやめ(8小節ずつなどのすさまじいメドレーだしね!音程とか関係なくありゃ調子狂うわー)、
 あとはユーミンとかー(自分で言うのもなんだけど、『中央フリーウェイ』うまいんだヨー私!『翳りゆく部屋』は…本当に翳りそうになってきちゃったから一番だけ…)、アッコちゃんとかー、あと世代的にマストのCharaとかUAをガシガシ歌ってきました。ピチカートも相変わらず「カラオケ的にオッケー」であることを確認!!!
 非常に楽しい夜を過ごせましたでーーーーーーーーーす!!! また行きたいなアー。帰りがラクなのもグー!!! よいところを紹介してくれてありがとう友達!!!!と思いました。

 てなところで。 ん〜〜〜〜〜〜〜〜〜と。
 本はあんまり読んでなくて…印象に残っているのが「本人」の<叶恭子特集>(笑)と、ブルボン小林さんの『マンガホニャララ』くらいなんですけれども。
 前者は図書館経由で…その前に(同じく「本人」の)<ひろゆきさんのヤツ>も借りてみたんですが、これがつまらなくてサアーーーーーーーーーーーー!悪い人ではない、どころか優れた人なのでしょうけども、ホリエモンさん同様、私はこういうトークをする男性が退屈でたまらなくってー。
 時代に乗り遅れてるだけかもしれませんが、正直どこも新しいと思えず、興味が全く!持てなかったんです。
 年齢とか世代じゃなくてね、いまだに赤瀬川原平氏とかのほうが「言ってること、思考」にワクワクするしおもしろくて死にそうになるんですよ。 要は好き好きって話ですけども。
 んで。その「好き好き」で考えてー!!!叶恭子さんのお話は(そっちに比べて)すんごーーーーーーーーーくおもしろかった!!!つーねー。ゲラゲラ笑いました。聞き手が辛酸さんなのがまた…組み合わせとして最高だったし。
 自分の生活に有益な情報はゼロでしたが、エンターテインメントとして楽しませていただいたしだいです。合掌!
 でもって。 後者の『マンガホニャララ』は。(当然のように)発売日に購入したのですがアーーーーーーーーー(Tさんも随分前から楽しみにしてたよねー?)
 これはさすがに想像どおりのおもしろさでよかったで〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜す!!!
 取り上げられたまんがのうち過半数が未読だったけれど、漫画愛って…もっているだけで(その人を)愛おしくなるものなので、そんなのものともせず大満足の読後感でした。 一気読みだ一気読み!!!!
 そして、ブルボンさんは男の子っぽいなあー!と改めて感心いたしました。(別名の『いろんな気持ちが本当の気持ち』でも感じたけど) 文章から立ち上る空気もそうですが、(まんがの)愛で方も、薦め方も…。
 (頼まれずとも付箋貼るとか!)(ブックオフで買ってまで配るとか!!)
 「読まない自由もある」てのにも深〜〜〜〜〜〜くうなづけたしナアーーーーーーーーーーーーーーーー!!!
 まんがってそうなんですよね。そーゆうとこ「も」好きなのかもー。(といいながら、そんなレベルでなく当方アチラの世界になにも詳しくなくてまことにすみませんが…)
 (てか。<まんがに「詳しい」>って…どの域から言えるのか考えると気が遠くなるもんネ〜〜〜〜〜〜〜〜〜 & 背筋が凍るもんなアーーーーーーーーーーーーてっぺんのほうにいる人たちの「高み」ぶりを見ると!!!!)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「ひとりカラオケ」行かれたんですね。行きたいって書かれてましたもんねー。
(そういえばあの時、まきさんの「やりたいことを書いてみる」に影響されてわたしが書いた「映画のオールナイト上映に行く」はいまだ実現せず・・・。あ、「人間ドック」も・・・。)

たまたま今日「週刊文春」を読む機会があって、まきさんの日記にあったな・・・と「マンガホニャララ」を読みました。面白いですねー。同じ雑誌に載っていた辛酸なめ子さんのコラムと共ににやにやを抑えるのに苦労しました。

2010/06/04 18:13
え〜〜〜〜〜〜ドックいかないとー!啓さん!!(笑)といいつつ、私も健康診断、春はパスしそうですが…(それで秋は秋でまた…っていうパターン)

「ひとりカラオケ」ね。そう、行きましたよー!木造アパート時代と違って今は部屋でもけっこうのびのび歌えるので、ストレス発散よりは「やりとげた!」方向で満足しております!!
そして、オールナイトの映画は…今の体力では無理かなー私は。ですが…(二本立てとかも最近はきびしいので)啓さんには是非!夢をかなえていただきたいわ〜〜〜ふふふ。チャンスがありましたらぜひー。

あと「ホニャララ」!! 評判すごくいいみたいですね。読んだ人みんな掛け値なしに「おもしろかった!」って言ってるし。
装丁がまたよくて、持っててウキウキする本!なんでー。お薦めします!!
(<某ランキングで一票も入らなかったまんがを褒める!!>とか、私とくに好きだったー!そのセンスが)
まき。
2010/06/04 18:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
甘い運命に 溺れましょう。 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる