平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS 金曜ドラマ中間メモ、プラスワン。

<<   作成日時 : 2010/09/14 12:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 ウィ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ッス!!!!!
 こないだの日曜午後は、たまっていた録画の『うぬぼれ刑事』と『モテキ』を思いっきり見たヨーーーーーーーーーーーー!!!!(「熱海」はテレビドラマのDVDよろしく、今度まとめてゆっくりじっくり見ようかと…)
 3話ずつとか観ると、いくらおもしろくても疲れますね。とくにモテキ前のスポーツニュースを早送りするのがナー。
 で。前者においては「いまさらだけど、ナカシマミカってちょう好きな体格かも!」てのが第一感想だったのでした。
 ピンだとすらっとしてるので勝手に背の高い人!!と思ってたけど、良々とかと並ぶとすんごいちっちゃそうじゃん???? つかめそうな肩とか半袖から見える小枝のような二の腕も素敵〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!
 (関係ないけどKATEもこの人のほうがよかったよなアー。カエラに恨みはまったくないが)
 (てか。いくらなんでももちょっと正確な情報を!と、今ウィキってみたところ、中島さん160cm39kgなんですって!!!小さくもないのか…じゃなくて、なにその脅威の数字!!?? 辛酸さんの本に出てきた「金原ひとみさんはウエスト51cmです」の文言レベルの衝撃が走ったよ!!!!しかも「嘘だろー」って言えない感じがまた…)
 あとは、光浦さんが切なくてよかったです。
 望まれてないしあえて喩えなくていいんだけども、いつか女芸人のなかで誰に自分が一番近いかナー???と考えたとき(これもまたヒマのなせるわざ…)メンタル面というか思考の方角(毒舌だけど内気とか人見知りとか)で、自分は光浦さん!!!と結論づけた人間としては(友達の賛同も得ましてん)、
 そりゃもうぐっと来ずにいられない内容でしたから。 でもって、オアシズはどっちも好きだし、どっちも演技が上手で好感持てるなーと改めて思いましたです。なんか普通に礼儀正しくて頭のよいお嬢さんがた、て感じじゃない???

 んで、『モテキ』ですけどもー。
 もうねえー、どうなのどうなの!!!!!!観ちゃうけどさー、観ちゃうけど、回を重ねるごとにフジ、あんたいっぺん死んで!!!!と言いたくてたまらなくなる…。みなさんなりませんか????? なるでしょう!!!!!!
 女性陣はさ、アタシ、小宮山夏樹なんて完全に興味ないカテゴリのかわいこちゃんですけども、ンなことさておいても全員が全員、登場時から自力で変化したり行動したり悩みを打破したりしてんじゃない???? 傷つくリスクを自ら負ってるじゃない???? だからいいと思うの。それぞれ綺麗だしがんばってるし!!!!!
 なのになんだアイツ、藤本幸世だけえーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!(ゴゴゴ…)
 ま、コレだけ感情揺さぶってムカつかせるのはドラマの(出来の)勝利〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!なんでしょうが、アレはないわアー。あの男は。てゆか、ぐちゃぐちゃ悩む前に一生懸命働いてほしいわアー。(働いてないわけないけど、ぜんぜんそのシーンが出てこないから。土井亜紀と同僚だった派遣先の会社以降)
 男はすべからく働くべし!!!!!!みたいなヤボを言うつもりもないけども(とはいえ、マトモな人ならなんにせよ働くとは思ってます)、少なくともフジはちゃんと働いたほうがいい!!!!!
 そうすりゃ病的な怖がりも保身も待ちの体勢もちったあマシになるだろうし、あれじゃ恋愛以前に関わる人全員に失礼すぎだーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッッ!!!!!!(熱弁)
 そして。観れば観るほど…やはりどうにも土井亜紀を贔屓したくなる私が!!!!!!いるわけなのでした。
 いつかちゃんはとてもかわいらしいし文化的なセンスもよく(服装も細さもイカス!)、(自信のない男ほど美人で穴を埋める…的なくだりの)洞察力にも優れているよい子だけど、
 ちょーーーーーーーーーーーーーーーもったいないが、土井亜紀がフジをほんとに好きなら、土井を選んで欲しい!!!!!!!!もちろんその前にフジからはっきりしたアクションを起こしてナ!!!!!!!!!
 これまた訊かれてませんけども、私、いつかちゃんなんていっそのこと墨さんを好きになったほうが将来のためとか思うし、オムせんせいのほうが人として好きなほどですから現在!!!!!!!(フジ比)
 実際フジがいたら、あのメガネであの顔であの趣味ならかなりモテるだろーと思われ、知ったこっちゃねーことでぐちゃぐちゃしててもなんとかなっちゃいそうなとこまで憎いったら憎い!!!!!! 今の気持ちはそんなです。以上!

 そしてそして。 そんな日曜の午前中といえば「にちてん」の本放送ですよねー。
 (「ですよねーって…」と思われる向きもありましょうが、最低限3名程度はこれを読んでくださる方に「にちてんリスナー」が存在するようなので、その人たちへ語りかけてみた恰好です!)
 姉と弟…明と暗。
 以前も書きましたとおり、安住家とは正反対で「姉が暗くて弟が明るい」構成の我が家では、これまた安住家とは逆に「姉が二段ベッドの上、弟が下」でねえ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜そんな遠い昔のことはさすがに忘れてましたが、このたび鮮明に思い出しました!!!!!
 (ちなみに。安住家では安住さんが上で…毎晩下をのぞいて「おねえちゃんおやすみー」ゆうて、「おやすみー」と応えてもらえない限り「おねえちゃん!」「おねえちゃん、おやすみって言ってるでしょ!」「おやすみって返事してくれないと、ぼく寝られないでしょ!!」と執拗にせまり「…うっさいなアー。オヤスミ!!!!!」と明るく元気な姉にキレられてたらしいですよ。しんちゃんかわいいなー)
 普通(2つしか離れてなかったら)男子が上なんでしょうか。つーか、下に寝る子のほうが明るく育つのか…???
 科学的分析とか統計上のあれこれはわかりませんけども、その「感じ」がとても懐かしかったー。
 (うちの弟はもっと暴力的で、「おやすみ、って言ってんでしょ!!!!!」「もう寝ちゃったの!!!!!!」「ねえ!!!!!!」つって怒気荒く仕切りの板 ―私にとっては床、彼にとっては天井― をガンガン蹴り、こっちが寝てても起きちゃうイキオイでしたが…)
 思い起こせば…二段ベッドの上はけっこう危険で、何度も梯子から滑り落ちたし(夜中のトイレとか寝ぼけてますから)、それがイヤなため最後にはじかに飛び降りて(!)軽く捻挫したりなど、この期に及んで言うのもアレですけども「運動神経のない女の子」(中学生になってからはそれぞれの部屋を与えられたので)には厳しい寝床だったような気も激しくしたりなんだり…。
 してみると。跡取り息子を安全地帯(話題の言葉を使ってみるテスト)である一段目に寝かすのが、ウチ流子育ての極意の一つだったのかなア〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜????? なーんて!
 いくつになっても暗い姉ですみません……。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
金曜ドラマ中間メモ、プラスワン。 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる