平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS あ、はいッ!!!!!

<<   作成日時 : 2010/09/21 18:47   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 連休だったんですよねー。3日とかだと通り過ぎれば実感もなにもないですが。思い出すままに、主な(といっても至極地味な)行動を記しておきますと。

● 姪っ子ちゃんのバースデーパーチー参加。
 呼んでくれてありがとう!!!!! 大喜びで行ってきました。まーかわいいのかわいくないのって、かわいいに決まってんですけれども、どんどん幼児ぽくなってるのが寂しいといえば寂しいなアー。
 むろん成長は喜ばしいし、親御さんにとっては手がかからなくなってくれないと気が狂ったり疲労で倒れてしまうわけですが(あと、いずれ本人も歩けたり喋ったりできないと不便だろうし)、寝返りできただけで大騒ぎしたり、だんだん上手なハイハイになってったりする「あのとき」は二度と来ないんだな〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜とか思うと一抹の寂寥感が。ヨソモノだからかしら。
 …お料理上手で手づくり上手な義理の妹がとっても素敵☆に飾りつけたハッピーバースデーーーーーーーーー!!!!!!!!!!ムード満載の広〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜いリビングに(私が死ぬまでにいつか言ってみたいがきっと言えない「えー、ぜんぜん!!!!!こちょこちょ作ったり、その設計図を考えたりするのが好きなだけで、趣味でやってんですよー!!!!!」てセリフをさらりと口にする義妹…。素敵女性だなー)、
 両ジジババと父母と伯母(私です。いきなり親等が離れますが)が満面の笑みで勢ぞろいし、彼女を取り囲み写真&動画を撮ったりワイワイキャーキャーしつつ、おいしいご飯をパクパク食べて「一升餅」(包みはリバティ!おっしゃれー)なる一歳イベント(そんなん我が家ではやらなかったけどね!!!さては、今の己の貧窮問答歌の理由はそこにあんのか…。つか、姓名判断でも耳たぶ薄いのでも「お金に困る生涯」は予告され続けてきたけども、ここにきてまたってサアー!!!どんだけ動かしがたい運命なのよー)を観覧し、
 愛らしいキャバリアを触りまくれるオプションつきに大満足〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!で帰宅したしだいです。実家に。
 父親の、血縁に対しては異常にポジティブシンキンな性質と孫かわいさの相乗効果で発せられた「あの子は美人タイプだな!(マジ顔で)」もおかしかったですが(母も私も父から<だけ>は言われ続けて生活している貴重なワード)、
 弟の新しい会社(外資)の件で、「社長が弟より年下で、しかも女性って!!!へえーーーーーーーー」つって私が改めて驚いてたら、母が「そのうえインド人なんでしょ????」と得意げにかぶせ、「バカ!!!!ドイツ人だって言ってただろうさっき」と父に真っ向から否定され、実は全員あまり話を聞き取れてなかったところが、この日一番のツボだったような気もする…。とんだぼんやり一家だこと!!!
 なににせよ、楽しい半日でした。姪っ子ちゃんの今後に幸多かれー!!!!健やかに育つことを願っております!

● パラララッパラッパーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー♪♪♪♪♪
 そうですよそうなんですよ!!!!!『うぬぼれ刑事』が終わってしまったのです!!!!!!(録画を観ました)
 正直、これまで蒼井優ちゃんとキョンキョンの以外あんまりパっとしなかったなアー!!!!感が否めなかったけれども、最終回でそんな中弛みイメージは払拭されたね〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。
 爽快さ、回収の見事さ、話運びのテンポ、サダメの輝き(後半どんどんよくなってはいたけど、ラストは彼が裏の主役!!!!といっていいほど奇跡の光っぷりだったじゃない!!!)(なーんつって絶賛しながら、私は彼を心で「裸にチョッキの人」と呼んでますが)などなど、んも〜〜〜〜〜〜〜〜〜素晴らしかったッ!!!!ミヤフジ演出すげえわ。
 とくに「うぬぼれ5」が一致団結して「神の顔を盗撮するプロジェクト」を成功させる一連の部分!!!!!!あそこにゃシビれたワー。あの相当高得点な「チーム男子」絵図ったら!!!!
 マスターも参加して「うぬぼれのテーマ」で踊るシーンのサダメのキレもすごかったし〜〜〜〜〜〜〜〜〜(白スーツ姿までノースリーブでな!!!!うぬぼれとやはぎはちょっとダブつく踊りがまたいいんだけども、サダメ君はフツーにうまかったじゃんか!!!そーいう人なの??? →イケメン俳優に疎くてスンマセン)
 いんや〜〜〜〜〜〜〜〜キレーに納めてねえー!!!!拍手喝采〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!でした。
 (あ、『モテキ』録画ももちろん観たけど、紙幅の関係で今回は割愛ー。土井亜紀サイコー!!!!とだけはしつこく言っておきたいですが。真面目な話、彼女が27,8歳設定なら、あと10年仕事だけしたっていいんじゃねーの??? 男二の次で!!!!と思っちゃうくらいよー。働きたい女性は働いた方がニホンのためやけん!!!!)

● ニューヨークニューヨーク。
 おっとそいつはスコセッシ…!!!! て、それはさておき。
 パリと並び、映画の舞台として非常〜〜〜〜〜〜〜〜に絵になることで有名な(それ以外にもなにかと有名な)ニューヨークのオムニバスモノ『ニューヨーク、アイラブユー』を目黒シネマで鑑賞しました。
 連休最後はワンコを借りる予定だったんですが、借りる気満々だった(前回お店にいったときちょうなついてくれてかわいかった!)子が、なんと数ヶ月のうちに「いま身重なんで、お貸し出しは無理なんですよー」な状況に…。
 え〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜なんてこと!!!!!まだまだ赤ん坊だと思ってたあの子が…一気に女になり妊娠までしてるってーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!
 思いがけず激しいショックに襲われた私は、「他の子でどうですかー?」つーご意見に耳を貸す余裕もなく(動揺しすぎ)このたびはなかったことにしていただき、
 急遽、予定を変更して!!!この映画を観たのです。なんかそーいう「穴埋め」にちょうどよさげなタイトルだったしー。
 で。感想としましては。まー見事にそのものズバリ!!!な、「そういう映画」でした。摩天楼ですれ違う人たち、オトナの事情、出会い、倦怠、別れ、人種、宗教や格差の問題などなどなど…
 私はこのテの映画を好きなので楽しめましたが、ダメな人は避けたほうが賢明です!てえタイプのアレです。
 同国人のよしみでしょうか(ショートフィルムが織り交ざる構成なのですが、それぞれ監督が違っており、なおかつ監督が俳優として別作品に出てきたりして…シャレてるったらないのヨー)、元来苦手なはずの「岩井俊二」のがかわいくて分かりやすくてハッピーで、群を抜いて好きでした。あと、老夫婦のほんのりモノとか。レストランの外で喫煙する男女のもイケてたかなアー。
 (ナタリー・ポートマンはちょっと綺麗すぎで賢そうすぎだけど…あの血の通ってなさそうな様子が魅力なの???)
 そしてそして。 お約束で、大人が似合う街っていいゼー!とか思ったわけですが、物騒だし汚れてるしそこここに有形無形の線引きがされてるし…なんちゅうか、同じそーいうニオイのする場所ならパリのがやっぱりイイ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!と結論づいてしまったのも事実でした。 おわりー。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あ、はいッ!!!!! 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる