平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS 「Un jour viendra」

<<   作成日時 : 2010/11/16 12:54   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 年末感が増してきたぞーッ! だからって21世紀からこっち、特別な高揚もイベント要素もなにもないんだけどサ…みたいな昨日今日であります。
 とりあえず、だいぶ冷えてきましたし、咳き込んでいる人も多いので、みなさんご自愛くださいね。私も、うがい(大好き)にますます精を出して暮らします!

 さて。週末ですが。土曜日は…日記に書くようなことではないのですけれども、未踏の世界に首を突っ込む…というか、参加しろといわれてしてきまして、資本主義社会の一部をまた新たに垣間見てまいりました。
 前日まではいやでいやでしょーがなかったんですけれども、お世辞にも楽しいとはいえないながら、覚悟してたよりは幾分おもしろい行事?で(ここでいうおもしろさは「物見遊山」「常態ではないっつー条件で」みたいなアレですが)、なんでも体験してみるものだなアーと思ったしだいです。
 10歳以上年上の同性の知り合いが親族以外ほぼいない私にとって、そのような人とがっつり話ができたのもためになりましたしね。
 (会社にはいないからなアー!働きながら年をとる、のケーススタディが。親族の女性らは全員、世代もあろうが…サラリーマンと結婚し、パートくらいに出たりしたが、子育てに専念。郊外のマイホームで老後を迎える感じ。の人生を見事に生きているので、自身とひとっつもカブらないときてるし)

 と。そんなこんなでしたので、日曜日のぶんだけサラッとー。
 週に一度のでかめの家事(つっても、主に夕飯のストック作りと大物の洗濯とかだが)を一通り終えたあと、もーとにかくケモノを触りたい!!!のと「動物との暮らし」を模索しすぎてアタマがおかしくなって…たのかもしれませんが、
 うさぎはどうよ??? (基本ナシ!!!の結論は出ているのに)と突如思い立ち、東(渋谷区の地名です。ぼんやりとした「方角」の意ではない)のうさぎ専門ショップに出かけたんです。
 うさぎ…。リス好きなので姿かたちは申し分ないが、いかんせん犬猫に比べると「一日中あの状態」で、「なに考えてるかイマイチわからない」部分において(感情わかりづらいって人間でも苦手―)(とはいえ、垂れ流しですぐ攻撃してくる人も苦手だけどね!今そのテに疲弊しているだけに!)飛びつくほどの愛着をもてない、そんな「小動物」です。
 私がカワイイーと思ってるのはネザーランドドワーフという種類なのですが、ショップによって値段が驚くほど違うとか、大きさがまちまち…など、裏に「なにか」ある匂いがビンビンにしていたものですから、一度きちんと専門店にってー。
 つーか、ねえ!!!!検索した折に、そこのHPには、ちょううまいこと書いてあったわけですよ。「表情豊か」「飼い主さんに馴れます」「手がかからない」「臭くない」などなどと。
 それを!!!現地(ショップ)であっさり覆されたのが!!!!私にとってはけっこうな衝撃でー。アンタらが馴れるって言ったんじゃん…とぐらぐらしてきました。
 「正直手ごたえはないですよ、ワンちゃん猫ちゃんに比べて」「うさぎを飼う人は、大抵ペット不可のおうちで内緒でなので、静かなのが最大の魅力なんですよね…」「お留守番はできればさせないでほしいです。帰ってきたら死んでたとか、うさぎにはよくあるので」etc.…。えええええええええーーーーーーーーーーーーーーー!!!
 なんだかなアーと思いました。大の大人がうさちゃんうさちゃんて言うのにもですが、うさぎとその飼い主に対して、けっこう失礼なんじゃね??? みたいなことを何度も口にされたものですから。
 私がいかにも「話だけ聞いてすぐ飼うわけではなさそうなツラ」だったせいかもしれませんが、それだって「明日の顧客」になる可能性がそんじょそこらの人よりはよっぽど高いってのにサアー。むー!
 結局。うさぎが「意外と手がかかり」「やっぱり馴れない!!!!!」てーのを知り、浮かない顔で店を出て、次の用事(前髪カット)のため一心不乱に恵比寿の坂をのぼる私だった…ということです。
 そして、前髪をさっぱり切ったのちは、電車に乗…ろうとも思ったんですが、イケそうだったので徒歩で庭園美術館まで出向き…乙女のみなさんが「良い良い」と言っておられた『香水瓶の世界』展を鑑賞したんでした。
 私はほとんど香水を(パルファンもだけど、トワレも)つけないので(ワインと香水に不慣れなせいで、どんだけフランス語習得の足かせになったろうか???)知識は壊滅状態なのですが、それでも女ですもの…うっとりしました。うっとりっていうか、アガるう〜〜〜〜〜〜〜〜〜って感じだったかナアー。
 瓶そのものの造形美もさることながら(陳腐な物言いですが、「まるで宝石」なんですのよー!!!)、ラベルやポスターのイラストレーションや文字がたいへん素敵で、1950年とかのほうがモダンってどういうことなんかなーと思いましたです。この髪型でファッションで、このベッドで眠りたーい!!!てギギギ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜となったりィー。
 香水は、名前もドキドキですよね。表題にしましたけれど、「アンジュー」とか「ウヴェ モワ」なんて…響きもいいが、意味深すぎて窒息死しそう〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!普通に「夜間飛行」とか「すずらん」もイケてるけども。
 ちなみに。ドレスコードが薔薇で、薔薇のモチーフをあしらったオシャレをしていれば100円引き!てお話でしたので(割引とかより、その心意気が素敵じゃなーい)、
 一年中花柄ワンピースの私は「薔薇だってあるやろ―」とばかりに出かける直前に「薔薇って字かけるー?」とか「君は薔薇薔薇…」とか昭和すぎるひとり言とともにクロゼットを漁ったのですが、なかった!!!!驚いた!!!!
 (シャネルの薔薇柄のスカーフを見つけて一瞬悩みましたが、これ巻くと「トウのたったCA」あるいは「授業参観に張り切ってきたおかあさん」て感じになっちゃうんで、最終的に…)
 夏物には薔薇のワンピースも2着あったんですけどねえー、秋冬はゼロでした。その流れで発見したことですけれども、私は「円」ぽい花柄が好きらしく、ひまわりとかパンジーとかダリアとかを何着も持ってるんだなアー。実物のそれらの花は特に愛してもおらず、キャラとしては真逆だったりするんですが…。
 ということで。なんとなく手にとったなでしこのワンピースを着て出かけたのですけど、もちろん見間違えてももらえず、せめてすずらんにすればよかったなーと思いましたよ。
 あと(葉っぱだけど)季節を意識して銀杏!!!とかさアー。当然そんなの持ってないけども。ほらア、美術館が都立だしー!目黒通りのガードレールにもよく合うしー!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「Un jour viendra」 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる