平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS つらくても働いてればいい目にあえるぽかった日のこと。

<<   作成日時 : 2010/11/26 14:09   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 おっと、勤労感謝の日かアー! 定年まで勤労してくれて、私や弟を学校に上げてくれたりピアノ習わせてくれたり留学させてくれたりした、お父さんどうもありがとう!!!!早く元気になってねー。
 みたいな感じで、やってきた11月23日。義理の妹がおうちに招いてくれたので、姪っ子見たさ(&犬見たさ)にわくわくお出かけしてきました。
 手土産はカカオエット・パリのケーキたち。見た目も美しく、おいしいのでこのお店のは大好きー。チョコレートラヴァーにはたまらない品々がショーケースにキレーに!並んでますので、ご興味ある方はぜひどうぞー!!!(てか、ケーキ好きのひとはもうとっくに1度や2度は食べてると思いますが)
 さて。電車とバスを乗り継いで弟のマンションにいき、オートロックを開けてもらって、ピンポーン!したところ。
 きゃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜姪っ子ちゃんが玄関まで迎えにきてくれましたヨー!!!!!!!
 て、なんでこんなに大げさかというと。彼女が「立って歩けるようになった」のは噂として聞いていたけども、この目で見るのは初めてだったからー!!!!なんです。
 うひょー!!!!ほんとに歩いてるー。ちょう歩いてるー。ヨチヨチとかでもなく、けっこうちゃんと歩くんですよ。早歩きまでしちゃうのー。
 赤子中心の暮らしなので散らかってると前もっていわれてたけれど、そんなこたアーぜんぜんない!広くてきれいなお部屋を、縦横無尽に(ハイハイでなく!)動き回る姪っ子…。
 赤ん坊(つっても1歳過ぎたけど)の成長ってすっごいなアー!!!!!1ヶ月足らずの時間で10個以上「できなかったことができるように」なったりとか…その「人間化」に目を奪われました。
 そう、前回は「犬!!!犬みたい!!!!」などと彼女を称した私ですが、現在の姪っ子は完全に犬を超えていた…。発声はまだ「あうあう」「おー」「ちゃ〜〜〜〜〜〜〜!」とかだけども、やっぱりこー、なに??? 二足歩行をするようになって人類はほかの動物と一線を画した…的なアー??? それ!!!それですよこれはきっと!!!
 なーんて!生物とか進化論に明るくないので根拠レスですけど、てか、はっきり勘ですけども(ひどいなー)「立って歩けるようになって」からの進歩のスピードおよび多岐具合は、これまでのゆるやかなカーブとはまったく違うんだもーーーーーーーーーーーーーん!!
 定点…じゃないが、一応定期観測をしている者としてですね、この1ヶ月の変化はただごとではない!!!と身を持って感じました。
 たとえばさー、こないだあたりは偶然の積み重ね…つか、ママのモノマネ? で「バイバイ」とかようやく言ってたのが(もちろんそれに近い発音で、ですけども)、今はもう!!!!!すごいよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜、
 バッグ持たせるじゃん、したら肩に嬉しそうにかけて「バイバイ!」ってやるんだからアー。女子大生みたいじゃね?? てマ言いすぎはわかっていますけども、その進歩ぶりにゃ感動せずにいられるかアーッ!てもんでしょー。
 意味がある。行動のひとつひとつに…。なんらかの目的があって手段として「なにか」をするように…てねえー!!
 人類ってすごい!!!!みみずだって螻蛄(オケラってこんな字書くのねー)アメンボだってみんなみんな生きているかもしれないけれども、人間はやはりダントツに賢いし、見てておもしろーーーーーーーーーーーーーーい!!!! 
 いや…あんまこーゆうの熱く書くと、つまんねー子育て日記とか(子育て日記はおもしろく書くのが重要でないのも充分知ってますし、なにより私の子どもじゃないので根本から別物なのだが)「小さな命万歳!!!」みたいになってしまうのでアレですけども、
 まー見入りました。激しく見入りましたわー。おじいちゃんも入院とかしてないでこの様子を見たかったでしょうヨ!!!!おばあちゃんも看病とかしてないで…(以下同)
 なかでも、弟が自慢した…こども用の音楽番組をじ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っと見て…(これだって見事に前回はなかったことですよ?? テレビの意味をちゃんと追ってるの!ひゅー!!!)やがて歌が始まり、ワッ!!!とかぴょん!!!!とかのタイミングでそれらしい発音をし、時々はさまれる「合いの手のない部分」はちゃーんとやりすごす(つまり曲の構成がわかってるという!!!!)そんなシーンを見てしまったら。もーまんまと、
 アッタマいい〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!音楽の才能あるかも〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!と、伯母ちゃんほれぼれ☆しちゃうじゃなーい!!!!!(しつこい&バカ)
 あと。赤子が育ってきたので放し飼い時間が増えたワンコにもいっぱい触れられ、そこも非常に楽しかったです!!
 いい一日だったなー。勤労者の端くれとして、不肖ワタクシも感謝されたのかもしれませんね!!!天に。この日は。

 といいつつ。 弟が仕事で別室に籠もったり、姪っ子がお昼寝した数時間、義妹と久しぶりに野放しトークできたのが…実際の話、一番充実してた部分!!!!!!!!てーのもあってー。
 胸の奥に溜まっていたネタや愚痴を聞いてもらえて、義理のおねーさんは感謝にたえませんでした。
 なにが嬉しかったつって…ひととおり聞き終えたあと、「私なら辞めますね!」とざっくり言い下してくれたこと!です。
 戦うとか訴えるとか上層部に相談するとか…いいや、それもあるけど(私が)今まで我慢してたのもよくないとかー、
 そんなのはさアー、自分でも既にイヤっちゅうほど分かってるんだよ!!!!!プラス、ひと様がアドバイスできんのなんてそんくらいてーのも知ってるわけ!!!!私が聞く側でも、そう答えるしかないなって分野の問題だしさアー。
 (あまりのことに怯えはするだろうが。義理の妹だって「私はそこまでの人に出会ってはいないですけど」て言ってたし。なんだってそんな人とめぐり合わなきゃいけなかったんや…)
 んでー。もう何年も当事者として悩んできたので、内心はもはや諦めの境地…つか、最終的には私が去るしかないなーって、精神とかおかしくなるよりは無職のほーがマシだし…って、大体もーそのへんまで覚悟もできてるんですよ。
 それをさ、「逃げたら負けじゃない!!!」とか「明らかにおかしいのは向こうなのに!!!!」とか「狂人(たち)のために路頭に迷うってどうなの????」とか…そういうの…ありがたいしごもっともだし、私だってそりゃ毎日思ってるけどォーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー、
 青信号を守ってても車に轢かれるとか、ただ歩いてるだけで刺されるとか、正しけりゃ安全だってもんでもないのがこの世じゃないの〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ッ!!!!!!!
 て感じで。 そろそろ「辞めるのもありですよ!!!!!!」って言われたかったのかもしれないワ…私…。
 とにかく。 大変すっきりした!!!!ということです。義妹にそう言ってもらって。
 血液型分類を嫌いな人には不愉快かもですけども、私は昔からB型の「アンタ暗いよねえー!」とか平気で言い捨てる系? の友人に救われる機会が多く…Bの、そーいう、なんだろうなー、表裏のないところっていうか、敵を作るのも厭わない!!!!みたいな部分に憧れがちな確かに暗いA型なんですけども、
 この日も彼女のそんなところにものすごーーーーーーーーーーーーーーーーく!!!!!!!元気づけられてー。
 いい人と結婚したナアー!!!弟は…てなことを、思いっきり外側の立場ながら、感心しつつ帰宅したしだいなんでした。夕飯までご馳走になってねえー。 ありがとうありがとうでした!!!!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
姪御さん歩く赤ちゃんステージでかわいい時期だね。療養中のお父様にはそのおしゃまな仕草をビデオで撮影して送ったら喜んでくれそうじゃない?後から見返すのも楽しいよ。

会社の人の方はもうこんな本(↓)読んでも役に立たないレベルなのかな。単に言葉が足りない人とはより良く意思疎通できるように、明らかな悪意で来る人からは身を守りつつ相手の悪意が周囲に浮き彫りになるような対応の仕方をいくつも紹介してあるよ。自爆してくれると助かるよね。
 でも明らかに相手が変でまきさんが仕事が捗らず困っているのに何も対応しようとしない会社なら、義理の妹さんのおっしゃる通り別に義務も義理も無いんだから見捨ててしまうのもありだと思う。世の中の悪は正されるべきかも知れないけれど、革命家じゃなかったら周りの人を動かすより自分を動かす方が現実的に事態を好転させられるよね。

アタマにくる一言へのとっさの対応術 (SB文庫) [文庫] バルバラ・ベルクハン
弥生
2010/12/11 07:59
お、本の推薦まで!ありがとうー。 またなにかと微変化があったりで職場のほうは予断を許さぬ状況なんだよねえ。
やりがいとか適職云々ゆうても結局ヒトをやる気にさせたり失わせたりするのって人間だし、そこは無駄に戦っても不毛だったりするから、 仰るとおりこれでアレしても私は全然間違ってないと思うよー。
だって毎朝うんざりとかつらいとかやじゃん。終わりがみえないことのせいで。

ところで、姪っ子は歩けば歩いたでまたまたかわいいし、小柄だからか小人さんみたいで、見てて飽きないねー!
行動範囲が広がったことと、知恵がつき始めたことでママの大変度は上がってると思うけど、うまくしたもんで、やっぱり愛が勝っちゃうからなんとかなってくんだろうなあ。
うん、大昔からそうだったんだろうね。

そして、父の病状は実は一転してまた入院することになったりで、今はそこが1番の考えごとかも。私的にも。
かわいい孫のためにもさー、早く元気になってほしいもんだけどねえ。
てか、原動力には確実になってるからほんとありがたいわー、姪っ子。
赤ちゃんパワーはすごいなり!
まき。
2010/12/12 21:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
つらくても働いてればいい目にあえるぽかった日のこと。 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる