平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS あけてもう一週間に手が届きそうなので。

<<   作成日時 : 2011/01/06 15:23   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 ここはさくっと進めてまいりましょうかね。 その節はおめでとうございましたー!!!!!!!
 年末年始、皆様はいかがお過ごしでしたか?
 すべての休暇がそうであるように当方のそれもあっという間に終わってしまったわけですけれども、ひとつ報告するとすれば、今年「も」!!!!おみくじは「大吉」でした。何年連続だ…。
 その引き寄せパワーをちょいとよけておいてマイレージ的に貯められないものかと思うほどに、結果だけはいい私のおみくじ。しかしながら、宝くじを筆頭にそれ以外のくじというくじ運にすべて見放された己の「持ってなさ」(流行語を入れてみました)加減…。
 私らしいっちゃ私らしい現象ですが、おみくじが毎年予言するように、たまには商売繁盛したり待ち人がきたり、失せものが出たり安産してみたいものですよーう。
 有言実行!!!!!!と薄い和紙に向かって諭してみるのもいいかもしれない…。無駄でしょうけれども。

 大晦日から三が日にかけては、いい感じにだらだらでした。
 お雑煮を食べたり、弟一家がやって来て団らんしたり。(姪っ子を思いっきり愛でられて幸せだったー!!!!私にとってはお年玉だわお年玉!!!!)
 ラジオはアイホン子経由で貪欲に聴取したんですけども、テレビについては…紅白以外は「マ、ついていたら見る」レベルで、記憶にほぼありません。もうテレビを見るカラダじゃなくなっちゃったのも…。
 その紅白とて一部退席し、印象的だったのは「なるほど…これはミヒマルや!!!!」てえやつくらいで、これではさまざまな方の心に届く感想とはとてもいえませんよネー。
 (ミヒマル女子、の定義はタマフルを聴く人だけがわかってくれればよいです。ちょっと前、ガッチガチのパンク好きが「意外といきものがかりのヴォーカルとかカワイーとか思っちゃうのが男なんだよ!」「難しいこといわなそうだしー」とへらへら笑っててあやしいーと思ってはいたんですが、なるほどあーゆうのはモテそうだ!ナカマユキエとかより断然吸引力もあるしー。
 とはいえ。彼女に策略はなさそうですし、そもそもそーゆう土俵に興味を失って久しい私はとりたててむかつきもしませんでしたけどもね。本来ああいう人が最大の資源を蓄えていることを忘れてはならない!!!と強く感じたので、ここに記しておくだけですヨー)
 と。そんなこんなで3日夜には都内に戻りー。
 狭いながらも気楽な我が家。もとい部屋。新年の東京を「深呼吸して」(イヤな歌を思い出すぜ!)味わった…のがお正月の概要でした。

 さて。 そんな風に始まった2011年、映画館で観る映画第一番!は『暗殺の森』だったのです。
 ぜんぜん予定してなかったんですけど、2日につらつらとネットを見ていたらイメージフォーラムでイタリア映画祭(祭とはいってないが)を開催してるとのこと…。しかも年末年始はこれとのこと!!!
 で。はるか昔(そのときもリバイバルで)観たのを見返したいなーと思ってたのもあり、いそいそ出かけたわけです。
 なんともいえないストーリーにしては割と細部まで記憶していて、そこにまずは感動しました。観た年齢が映画吸収のよいときだったのかもしれないナー。
 とにかく、ベルトルッチらしい(ベタですが、私はこれが一等好き!)(てか、私の趣味は一貫してベタなのよ!!!←なぜか逆切れ)ヨーロピアーン(つか、パリを舞台にしててもイタリアっぽい)なお耽美映画で、不幸も裏切りも死もすべて美しく退廃的で、その先には破滅しかない…みたいな感じがたまりませんでした。(そーそーこれこれこーゆう映画だったー!!!!)
 思ったとおりすぎて作品には特段感慨もなく、フタをあけてみりゃ、この日なにより心に残ったのは会社の人を見かけたこと!!!!てえ着地でしたからねー。
 …てか、彼女「YAMADA」(いまさらローマ字に表記しなくても…)も行ってるんだよナ。山田見てベルトルッチも!(しかもイメージフォーラムで!)て…なんて、なんてなんて骨太なシネフィルなのー!!!!!!
 本物といえば本物だが、無法といえば無法。これまで「女性編集者の一人」としか認識していませんでしたが、私の脳内でいきなりその人が注目株になったのは言うまでもありません。
 あと、早速の大吉効果かわかりませんけども、この映画で(中産階級のバカ娘、と主人公にはっきり断ぜられる)フィアンセが最初着てたワンピースがとーっても好みで、
 「こーゆう服が、現代の(斜陽きわまったとはいえ)なんでもあるとされるトーキョーシチーにはないんだからもオー!」と憂いていたらば翌日セールで見つける!!!!ってー幸運にも恵まれ、アガりました。
 でも、大吉って、本気出したらこんなもんじゃないはず!!!!!!もっともっとめくるめくよーななにかを期待したいです。幸福を恐れたくない!!!もう、私は。(倒置法)

 翌水曜日はレディースデー…かつ休暇最終日だったものですから、ネットで座席を予約し、年をまたいだ「念願」の!『キック・アス』を観に、またまた渋谷へー。
 各所で大評判の作品ですが、納得&予想以上の出来!!!!!!!!!!!!でした。
 おもしろかったーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!!!!!以外表現のしようがないタイプのおもしろさ。 あそこまで気持ちよくぶっ飛んでると、それにつっこむヤツとかマジでバカに見えますよねー。
 たとえば、あれに対して「子供の教育に悪い」とかいう人は、その子自身の人生が貧しいものになってもかまわないのか????? つーさアー。おもしろみがあってこそ!ヒューマンライフに真の深みがでるのではないか。
 虫けらのように殺される一人ひとりの命は…とか言い出す人は、そんなしみったれた感性ではさぞやつまらない暮らしを日々されていることだろうよ!!!!おかわいそうにー!!! てー話ですよ。
 (ネットでそのへんちくちく書いてる輩を見かけたので、「感じ方は自由」といえども、小さいながら<反抗心>をな!)
 まあねー。ケチな人がそーやっていくらか存在したとしても!!!!ネ??????? そんなセコい文句をよそに、私の見た回では…ひとり残らず誰もが高揚した顔で上映会場をあとにしてましたし、
 お手洗いでも「おもしろかった!!!!!」「最高だったねー☆」「えー!ってところがあってもそんなの問題ないくらいおもしろさが勝ってたし!!!!!」と女性陣大絶賛の嵐でしたから、まったく平気のプーなんだけどオー。
 (男子トイレの様子はあいにく知りませんが、ご同様だったことでしょー!!!!!)
 …とにかくもうね、なんつってもアータ!!!!!!!この映画の立役者は「ヒットガール」!!!!!!「ヒットガール」に尽きます!!!!!!
 歴史に残る(ちびっこ)ヒロインなんじゃねえのーーーーーーーーーーーーー??????? 腕が立ってかっこよくてかわいくて無慈悲で孤独を抱えてて…パーフェクトやーパーフェクト!!!!!!!!
 とくに「強い」のと「かわいい」部分がもうもう〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!超児童級!!!!!シビシビしびれまくりましたワー。
 ほーんとちっちゃい子なのに、すばらしい勘と運動神経と美貌に恵まれてんだなアー!!!!!だってアレ演技力とか超えて相当動けないとできないよオー?????? (私には無理。バタフライナイフをあやつることすら…)
 素顔もかわいいけど、ヒットガールに変身したときの輝きったらないし!!!!!!!あのマスク越しの目とか!!!!!世界共通でかわいいとされるチェックのスカートとオカッパとか!!!!!!
 観なきゃ損です!!!!!!!!大損!!!!!!!!(断言)
 ヒーローものだけど勧善懲悪じゃないし(というより、キック・アス以外誰も善人じゃねえし!)、ただただ楽しむのみ!!!!!!
 ブア〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ッと観て、ウヒョヒョーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!って盛り上がって帰れればそれでいいじゃない!!!!!!てか、それ最高じゃない!!!!!!
 「その一日が特別になる」ってだけでもシネマの魔法がモロたっぷりかかってます!!!!!!!!もう一回観にいきたいくらいだー★

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あけてもう一週間に手が届きそうなので。 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる