平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS おとなになってよかった★みたいなー。

<<   作成日時 : 2011/02/01 15:53   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 日曜日に、Tさんとおしゃべり会を催してまいりました。「会」ゆうても二人きりですけども。「おしゃべり初め」ってやつですね。楽しかったー!!!!!!!!
 前の週風邪で伏せってたという彼女の体調を慮り、集合場所は吉祥寺ー。西荻なら迷わずJRを使うところですが、ジョージはどうだろうか…と悩み、往きは東横&井の頭、帰りはJRにしてみました。(結論としては「JR優勢!」)
 脳の一部が欠損したよな失敗で恥ずかしいですけれども、家を出て200メートルほどの地点でサボの色を間違えて履いてるのに気づき(全身モノトーンなのに、マリンブルーて…!)慌てて引き返して10分の遅刻…!!!病み上がりの友人を待たせるなんてしのびない滑り出しです。
 …途中Tさんも教えてくれたし、ツイッター情報も入手していたのですが、この日は江口寿史さんが吉祥寺のリブロでサイン会をしておられ、
 最初は「先ちゃんと同じ町にいられるとかウレシーワー☆」くらいだったんですけども、どうせならご尊顔だけでも拝みたい!!!て心持ちになり…彼女に「先ちゃんのさー、並んでた???」と聞いたら「そんなでもなかったかなー。のぞいていきます?」つーありがたい言葉が返ってきて、現場に直行―。
 たどりつきますと、呼び込み(?)の男性が「整理券、残り3枚ですッ!!!」と絶妙な内容を叫んでいる真っ最中で、ドッキーン!!!!3名分…。
 対象まんが(『江口寿史のお蔵出し 夜用スーパー 』)はとっくのとっく、2010年にゲットし読破していましたけれども、サインだって…そりゃ欲しいー!!!!
 電光石火で(というか「追われるように」)「ねえ…サインもらってっても怒らない??? 体調アレなのに悪いんだけど」と言いましたらば、TさんはTさんで「なんか煽っちゃったみたいでスンマセン…」的なことを…もーうそんなわけないじゃなーい!!!
 とにかく。チラッと列を見た感じ6,7人だし、読者といちいち話し込んでらっしゃる様子もなく…これならばさほど時間もかからないだろうと、残り3枚だけに!!!素早く決断してお会計を済ませ、整理券とともに列に並ぼうとすると。
 「申し訳ありませんが、最後尾はあちらです!」つって<そこでいったん区切った>階段の上を指し示す係の方…。そうです!!!大人気作家がお膝元で行うサイン会に、並ぶ人間が「これきり」のわけがなかった!!!!
 長蛇の列にビビるも、サイン用本は(新たに)買ってしまったものですから…しかたなーい!階段をヨイショヨイショと上る私たち…。
 何階分上昇したかもわかりませんが、やっと「ここが最後尾!」の看板を見つけ、ほ…!ていうか「マジ申し訳ない!!!!具合悪かったらどっかで休んでてー」「でも、ここあたたかいし、おしゃべりしてればあっという間ですよ!きっと!」みたいな感じで番が回ってくるまでじっと我慢の子になったしだいでした。
 はっきり言って相当待ったんですけど(すまんのうー)階段部分にも暖房が効いていたのと、AMラジオの魅力を力説しあううちに(当日午前「にちてん」放送があり、安住さんの調子がよかったのに救われたネー。あとTさんの会社のお友達がその日「メールを読まれた」つー話題な!!! →その人もう何回読まれてんのヨー!うらやましー!)、
 いつしか順番はやってきて、ヘタレ丸出しでサインをいただき(勇気をふりしぼって握手もしていただき!このときだけ正面からお顔を見られて!!!)あーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーよかった!!!!!
 ミッション一つ(突然の)、よーやく終了や〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!お茶しよしよー!!!!つってパルコを出たわけです。(実はその間、Tさんに雑誌『真夜中』を買ってきてもらってた私…。つきあわせた挙句パシリとか、ほんとすみませんでした!)
 だが、お休みの日の吉祥寺の人出はハンパなく!!!!お茶難民になっていましたら、今度は近所のセレクトショップでは「取り扱ってません!」とすげなく言い切られてしまったボディミルクを商うお洋服屋を発見!!!!勇んで購入したりなど…ここまで私ばかり良い思いをして申し訳なさMAX!!!!!
 そうこうするうちにやーっと空いているお店を見つけ、ああ長かった…(座っての)おしゃべり開始でえーす!!!
 ここでは、主に映画の話をしました。年末から会ってなかったので「ふりかえるの結果をふりかえる」とかー。映画秘宝の「2010ベスト&トホホ」についてとかー。
 (誘導尋問でなく、Tさんからとある件につき「OKよ!!!」が出たら突き進んでいこー!!!と考えておった事項にも無事二重丸してもらえて胸のつかえがおりたよ…!!!)
 話題の『ソーシャルネットワーク』への彼女の忌憚ない感想を聞けたり、そうそう!!!!上記にも登場する「にちてん職人(私にとってはセレブ!)」の同僚さんが、「2010をふりかえる」回答のなかから私の…わわわわわたしの!!!(そんなドモることないやろが…)コメントを気に留めてくださってたのを知り!!!!!なんてありがたい〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!と大感激したりなどー。
 (マ、そーゆうのは「賛辞!」てより同じ穴のむじな…というか、類友…みたいなことなんでしょうけども。なににしろ「好きなものがあり、それを実際に求める姿勢をとり続ける」のは、なんでしょうか、いずれ必ずなにかに結実する!!!!!!て話ですよねー。年の初めにふさわしい…もう月末だけど…前向きになれるニュースだったワー★)
 その後はアトレにできた「はらのキッチン」で早めの夕食→ラストオーダーまでトーク!!!!!!したのですがー。
 自らもすっかり忘れていた…というか嫌いすぎて封印していた「体育教師Y」の思い出をTさんにぶつけられて、非常〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜に!!!!!!!良かったです!!!!!!
 …Yとは。マイ史上最悪の、教師の仮面をかぶった「体育会系スピリッツ&全体主義の権化」で、悪い冗談のような逸脱ぶりで私を敵視し「障害者でもないのに、跳び箱を飛べないのは精神がたるんでる証拠!**→私の姓 が飛べるまで班全員居残り!」などと教育者としてどうかっつー発言を…なーんてーのは、ほんのほんの序の口!!!!
 全体行動が大嫌いだった私が1年次避難訓練をさぼって本を読み続けてたのを知り激怒!!!!2年以降、担任でもないのに朝礼台から拡声器で「2年*組!!!!**は並んでるかアー????」と衆目のもと叫んでみたり、
 (1年で大目玉をくらいながらも、いかにも反抗分子ぽい私が「たとえいつか学校で火災が起きて死んでもかまわない。避難訓練には参加したくない!」と言い返したがため、以来<Yだけの「要注意人物」>に!!!つー流れだったのよネー。 「いない…かも?」とクラスメイトが答えるやいなや、ほかの生徒を放り出したまま走って校舎全体をくまなく探し始める粘着ぶり!!!!!私は女子トイレに隠れてたんですけど、1Fから順にトイレのドアまでいちいち「**、いるかー!!!出てこーい!!!」ってバタンバタン開け始めて、震え上がったよ…!!!!)
 またあるときは、マラソン大会でビリグループを形成する私に「本気を出さない人間を俺は許さない!!」つって(集団は10人ほどいたのに、一人だけ!)往復ビンタをくらわす!!!などなど、狼藉には目に余るものがありました。
 友達の洋子(一通り聞いたTさんもはっきり!!!「それは…絶対好きだったんだよ…恋だね恋!!!タイムリーすぎるけど…」と感想を述べておられたしのうー!)も、当時半笑いで「まき。ちゃんには悪いけど…アレは完璧、目障り→気になる→愛!!!!ってパターンだよねー。バカか!!!!わかりやすすぎ!!!効果ゼロ!!!!体育会系純粋培養ってほんと脳細胞が小学生で笑えるー」て、ヨーシヨシみたいな感じだったっけナ…。
 高校自体はものすごーーーーーーーーーーーーーーーーーく自由で…いささか6組軍団(「めがねびいき」参照)風味が強く、祭とか合唱コンクールに熱を上げすぎるきらいはあったけれども、ひとまず「やりやすい学校」でしたから、
 言っておきますけどね!!!!!制服だって着用義務がなかったんですよ!!!!!!修学旅行とか遠足は全部私服!!!!!!普段も好き勝手!!!!! なのに!!!!!!それを!!!!!!Yは…!!!!!
 「制服は着るが、ネクタイがダサいからラルフで好きな柄を買ってそれを細く縫い直してしめ、バッグは有名女子高の革鞄を使用。スカートは膝丈、紺のハイソックスにローファー」の<一見爽やか>な私のみ!!!!!激しく忌み嫌い(わかるけどさアー。「自分の理解できないオシャレを、スポーツマンシップに則りつつ…も、結局プロ選手とかになれなかったヤツは特に憎悪するもの」だからアー!)、
 廊下でよく「これは規則違反じゃないのか???? みんなと同じネクタイをできないのかお前はアーーーーーーーーーーーーーーッ!!!!」て首絞められたりしたもんだゼ…。
 あ、やべ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜長くなってきた!!!!!
 そのころの仲良し男子も(クラスに友達がいない私が恒常的に口をきいていたのは軽音楽部員だけだったので、要するに「Yの嫌いそうなバンドをやってる輩」なわけですけどもー)アレには散々理不尽な目に遭わされていたし、
 なんかこう…Yについては場をあらためて書いたほうがおもしろそうですね!!!!!!そうだ、そうしましょう!!!!!いつかまとめて…(予定は未定だけれども…)
 とにかく!!!!!! 村上龍の『69』を読んだ折、私が最初に思い出したのはYだった!!!!てエことですよ。
 「権力をかさに、他人の自由を奪って喜ぶヤツは全員クズだ」と!!!!嗚呼、まさしく…!!!(メラメラメラ〜〜)

 でもでもでもー。
 そーいうわけでムカつく大人も若干いましたけれども…概ね高校時代はのんびり楽しく過ごせましたし、
 今、こうして!!!!!数は(ちょう)少なくとも友人にも恵まれ、割と自由に好きなことやって生きていられるのだから、私は幸せでーす!!!!!!そうねえー、Yに見せつけたいくら〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜い!!!!!
 てところで。 息切れしてきた感も否めませんし…本日は、これにておしまーい!!!!!!でありまーす!
 日曜日はありがとねー!!!!!!!Tさん!!!!!!!!!!!(ニコー☆)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こちらこそ ありがとうございました!(ニッコリ)
せっかくこっちに来てもらったのに、お茶だけじゃ悪いなァ〜なんて思ってたとこだったので、サインもボディミルクも真夜中もよかったです〜。
にしても、リブロの行列は思い出すと笑えてくる。ぷぷぷ。
あんなに…あんなに後ろに静か〜に大人たちが並んでたなんてね!!!
いやはやホント、自分の読みの甘さに軽く落ち込んだりしましたが(「5人しか並んでないから、さくっとサインしてもらおうよ!」なんて言ってたね私…)まぁ、私たちにはよくあるパターンですよね! つうことで、今後もヨロシク〜!
そして…「Yとの思い出」も楽しみにしてまっす。
病み上がりのT
2011/02/01 18:27
こんばんは。
なんですか、この「Y」は!
当時のまきさんには申し訳ないですが、随所で随所でウケてしまいましたよ。
場を改めて、是非!

2011/02/01 23:12
Tさん。先日はほんとーにありがとう!体調はいかがー?(〜〜のT、って竜巻のピーみたいでイイネ!→イカ天世代)
それにしても、マジで見事なトラップだったね… >リブロの行列
ありゃ通りすがりの人もサイン会に参加する気になるわ…残り2名の方々も口あんぐりだったと思うわ!
まあねー、なにかと完璧にコトが進まないのが私たちの道行き…。これからもいろいろあるかと思うけども、それ(数々の「えええええええ!!!」なハプニング)を含めて!楽しんで、おしゃべりしていきましょー。

Yの話も、心の中の「ガムテープ貼った箱」を探してこじあけて、オモロげなネタを見つけておきます!でもねー、私の持ちエピソードは長いのよねえー、ああ「にちてん」で読まれたい!(そこか)
バナナジュースのFさんにもよろしくお伝えください!
また近いうち遊ぼうー。そしてアジアンカフェで汁ナシ麺を食べさせて!!!(覚えている)
まき。
2011/02/02 10:45
啓さん。ねー、ひとごとだとすっごいおかしいと思うんですけど、当時の私には「気持ち悪い!&おそろしい!なぜそんな私に執着を???」てメーワク以外の何者でもなかったですわー。
私は体育が壊滅的で、子どものときから好きじゃなかったですが、「罪を憎んで人を憎まず!」(?)それを得意な人まで否定的じゃなかったんです。高校までは。
それがYの出現で…「体育会系は全員敵!!!」みたいになりましたからねー。あいつは教師に向いてなかった…。
「スポーツをキライな人類なんているはずない!」と「一生懸命=美しい!」て信条(自己中心的&単純極まりない)のみで生きてたようで…。体育大学には私みたいなのはいなかったでしょうし!!!新鮮に見えちゃったのかしら…運が悪かったワー。

そういえば2年の終わり、担任のおじいちゃん先生に「私、Y先生を大嫌いなので3年の担任とかほんとにしないでくださいね!進路にかかわりますから!!」て必死で言いにいったら、
「あーねー。あれはかわいくてしょうがないんだナー、君のことが」とかって「まあまあ」みたいに言われて…絶望的な気分になりましたね…。
…なにかまた笑えるネタを思い出したら書きます!!!!ウケるためには身も削りまっせー!!!!!
まき。
2011/02/02 11:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
おとなになってよかった★みたいなー。 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる