平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS かわいさとせつなさとやるせなさと…(語呂が悪い!)

<<   作成日時 : 2011/12/13 17:31   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 先の週末は、なかなかの好天に恵まれよかったですね。お布団も干せて、窓ガラスの清掃もでき有意義であった。(まずそれか…)

 土曜日は髪を切ったのです。それ以外は所用で過ぎゆきました。
 無難に年末トークをしていたとき、ブロウの女の子が「えー、盛岡にいくんですか? この寒い時期に…!」と絶句したので、なにもそんな言い方…とか思ったら彼女は青森出身者。かの地のおすすめをなにか…ときくと「うーん、普通に都会であまり印象が…」と。
 「都会ってことはないでしょう!仙台じゃないんですよ?」と私がいうと「仙台は特別です!青森は本当にダメでダメで…盛岡と比べても田舎すぎて見せたくない…。青森には絶対足を伸ばさないでくださいね!」みたいな、ぶっちゃけお互い相当失礼なやりとりをしたのですが、それよりもあの異常な謙遜&卑下っぷり!青森県人は富山県人のよう…(複雑骨折&同族憎悪?的な?…派生して、福島の友達が富山の人との縁談を親に猛反対された事件を思い出してしまいましたけれども、それももー10年前のことだからネー。はあー、フクシマ…別の意味でまたどんより…)
 でもでもでも。私はいくんです!なぜならもう申し込んじゃったから!キャンセル代が発生してしまうから!たとえ当日の天気予報が降雪70%、最高気温が零下でも…!!!(ほんとは泣きたい)

 さて。日曜日はー。
 乙友とおしゃべり@目白「うさこーひー」☆ 私は初めて訪れたのですが…乙女青年といいお店といい、かわいかったー!!かわいすぎて自分がお店を持つとしてもこんな風にはしない(できない)だろうなアーとゆう域でした。(それ以前に、自分は「カフェやりたいー!」とか思ったことのまったくない女なんですけど。接客苦手だしサー →ひどい)
 そこでお友達といろいろいろいろ話したわけですが、
 なにより感動したのはやかもちさんが持ってきてくださった「武井武雄氏の刊本数冊」!!!!!
 彼女の日記で、その様子を拝見した際すでにワワワワワー!!!!!となったものですが、実物はさらにさらに触るのもはばかられるような逸品!!!!!!大切な大切なお宝をわざわざ…ありがとうございましたー!!!!!
 ただただ隙なくかわいく丁寧で美しい…のだけれども、一頁一頁よーく見ていくと気迫とか執念とか…常軌を逸した凄みもあり。「妥協を許さない」という言い回しの具現を見た思いでした…。
 アレを前にすると、こちらの居住まいも自然に正されるすばらしい本だった!!!もっともっともっと現物を見てみたい…触ってみたい…行きタス!!!!と心がみるみるうちに変化していったしだいです。
 ところで、現地ではほかのおしゃべりに夢中になってできませんでしたが、やかもちさんに「ヒラノ本」の感想を、お借りしておいて伝えられなかったので、ここに記しておこうかとー。
 「まーねー、本人以外の誰もが違和感を抱くところだろうけども…<(由美香に)まったく思いやりややさしさを感じられず、頭にきて叩いてしまった>つー箇所とか…<ぼくら夫婦を変わっていると感じる人もいるだろうが、包み隠さず話し合い、そのうえで妻は応援してくれているので、まっとうな関係といえると思う>とかってぬけぬけとお説を唱える部分に関しては…正直<こいつバカじゃねえの〜????>って感じでしたよネー。
 だし、悪い映画だとはぜんぜん思わないし観てよかったけれど、『監督失格』にひときわドーンときたり思いいれたりする率が男性に圧倒的なのは確実にそこらへんのニュアンスの作用なのではないかと…。
 女性はたとえあれだけしか観なくても、100%うっとりー☆とか純愛素敵ー☆とかは考えなさそう…。かくいう私だって仔細をほとんど知らずに観たけれど、始終「こうしている間に、妻は…?」とか「なにいけしゃあしゃあと嫉妬とかしてんの??」と冷静につっこむ自分が存在し続けたからア〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜」
 と。フフフ、そんな感じでしょうかー。でも本はおもしろかったし、由美香さんの文章がかっこよくて色っぽくて楽しめましたよ!ありがとうございましたー。
 そうそう、由美香さんの日記にはどことなく荒木さんとこの陽子さんを思い起こさせる雰囲気があったんだナアー。あの系譜のフェイスと文体、か…。ファムファタルってのは努力でどーとかなるアレじゃないっつーことネ!!!
 と。そんなこんなで。
 うさこーひー店主の青年の自筆地図(心は乙女すぎるほどに乙女でも、さすが男子!地図は正確なのであった)に導かれ、お店を出たあとはTさんとやかもちさんと私とで目白素敵スポット「貝の小鳥」と「ポポタム」へ…(私はついていっただけだケド)
 どちらも素敵☆でした!!!うっかり古本を2冊買っちゃったワ…。
 山手線歩きのときも思ったけど、目白って文化的で落ち着いててすんごくイイ!!!中央線沿線みたいにヤングすぎない風情がまた好き!!!会社の友達が家族で住んでて「落ち着いてて住みやすいとこだよー」って言ってたけど、そりゃそうだろう…治安のよさって空気ですぐわかるものー!(そして家賃に如実に反映される)

 そしてそして。学び舎でもある明日館まで回り道したあと池袋まで歩き、やかもちさんとはお別れしー(また遊びましょうね☆)、
 Tさんと「なんか食べてくかー!」つってうどん屋(彼女、目白では「今日はかわいいものしか見ないよー!」宣言してたのに…ここから先はかわいくもなんともないはしごに…!)で腹ごしらえをし、その後結局南極お茶までして…おしゃべりafterおしゃべり!!!!!!
 いつものごとしの話題でしたが、これまた大変!!!!!楽しかったですー。(自分以外が全員見てるかのよーな大人気番組『カーネーション』に当然Tさんもお熱でしたが、かいつまんだ話もしてもらえてちょっと世相に強くなれた感じ…いやそこまで…だけども)
 つってもねえー。ハアー。
 この日も含め、「点」でいえば「楽しいな!!!」て時間はいくらもあれど、2011年がどうにも冴えない年だったのは動かしようがなく。
 あんなことこんなことがあって腹から笑えるほうがおかしいんですけども、全体に!常に!浮かないベースのままここに至って、それが覆されないまま終わっていくんだろうなーってあきらめに似た心持ちになっている12月なかば現在…っていうー。うーん。そうなのよねえー、要は。
 ふりかえっても…そそそそ、これこれこれ!!!!!!!て感じのトピックがないんよオー。過ぎた望みかもしんないけどサアー、こうして生きてられてるだけでえー!!!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
親に初めて買ってもらったCDは、篠原涼子の愛しさと〜でした。
なんとなく恥ずかしい思い出です。。

明日館は一度、奥さんに連れられて音楽を聴きに行った事があります。建物の事やよくわかりませんが、ああいった所で音楽が聴けるのはすごく良かった。
Dっち
2011/12/18 23:39
Dっちさん。篠原涼子のあの曲、けっこういいじゃないですかー。なので別に恥じゃない! つか若者!としか思えませんわ…。

明日館はこの日会ったお友達との出会いの場でもあるので、せっかくだからーって寄ってみたいんですけども、ライトアップされてて綺麗だったー。
催し、いろいろやってるんですよね。通学してたころもコンサートとか結婚式とかとぶつかったりしてました。そういえば。
あんなところに音楽聴きにいくご夫婦とかシャレオツだなアー。でも気持ちあがっていいですよね。廊下とか窓枠とか植え込みとか大好き〜でしたもん。私も。
まき。
2011/12/19 12:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
かわいさとせつなさとやるせなさと…(語呂が悪い!) 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる