平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS それにつけても喫茶店から通りを見下ろす気分のよさといったらない。

<<   作成日時 : 2012/01/26 12:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 日曜日。Tさんとおしゃべり初めをしてきました。@青山…ていうか、表参道でー。
 おしゃべりは楽しいな。ずっとずっと12歳とかから思ってることだけど、私は本当におしゃべりが好き!!!(いつにも増してくだらねえすべりだしだぜコレ…) ひとりが好きなのとおしゃべりを好きなのは私の中で矛盾しないのです。
 いわゆるひとつの社交っぽい、うわべだけのテキトーな話とかは自分にとっておしゃべりに入らない!!!否、おしゃべりと認めない!!!そんなトークなら無言のほうがずーっとマシ!!!てんで「楽しいおしゃべり」or「ロンリー」て理論になるのだアー!といえば、この気持ちもおわかりいただけるでしょうか。
 タダマアネエー、母体が小さいから。要するに私は友達が異常〜に少ないので、だいたいにおいて「ロンリー」方面を楽しむ顛末にはなるんですけども。でもって、愛するおしゃべりだってやりゃいいってもんじゃなく、5、6人でわいわいよりマンツーマンや3人程度でがっつり!!!!したいのー。集中したいのされたいのー!!!

 といった按配で。中身は限りなくくだらなくても美学だけは一人前以上にある、それがマイおしゃべり。の、「場」。
 年が明けてもその模様は一向に変化することなく、非常に楽しくこの日は過ぎていったのでした。(ありがとーうTさん!!!今年もよろしくね!)
 当日、私が主にTさんに聞きたかったのは「予定は未定だが、いきたいなーとぼんやり思っている旅行先」に去年彼女が出かけてらしたので、その情報!& 大フィーバーだった(はずの)彼女の年末年始の報告!です。
 後者の「師走の祭り」が、もーめちゃくちゃ楽しかったようで聞いてるこちらまでハッピーに…!あれだけきっぱり「すべてよかった!!!悔いなし!!!」と言い切れるのってすごいワアー。エンターテインメント業つーか、愛されてなんぼの人ってすばらしいわねえー。
 Tさんレベルに大感激して大興奮して、日常に戻ってからも冷めやらず毎晩テレビやDVDに見入ってる人が何万人…かける何日分??? もいるだなんて、想われる側はどんな気持ちなのでしょう…。
 とにかく。そーゆうアレを「与えられる側」はとんでもない確率で「選ばれた」人間であるのだけは確実!!!それでいったら私はやっぱり小沢君だけどナ!みたいな感じで、彼の話も(こっちが一方的に!つか、ある意味トレンディーワードだし〜)そこから熱〜くしたしだいなのですけれども。
 (どうやら「小沢君」呼ばわりするのは古いファンの証拠みたいですが…ブギーバック以降のファンはオザケンなんだってよ…や、私だってオザケンと言うときもあるけどサア…基本、心には「小沢君」として君臨してるから彼は…)(うるさい!もういいよ!)
 そんなこんなの会話をするうち、お昼を食べた青山ドンク(手軽においしいパン&お惣菜がいただけるのでオススメよー!専門学校生的な…なんちゅうのー? 目にも耳にもやかましい若者が絶対こない点が私はなにより好き!)も潮時になってきましたので、ちょいと気になってた「ホンマさんのキノコの写真展」につきあってもらうことに。
 て。このぼやかし方でニュアンスを察していただければ幸いなのですが…これは…ひとりじゃなくてよかった!!!敷居が高い…んじゃないんだけど、あの「ハイエンドなオシャレ&アート感」はちょっと…。ひとりだったら前を通り過ぎておしまいにしてたなアー!てのが偽らざる印象でした。
 肝心の写真も、トーキョーサバービア〜なころがひいき!なド・ミーハーである自分には「キレーな写真〜。技術があるってこういうことなのねえー」くらいしか感想がなく…そうねえー、結局南極生きていくってのはそういうアレなんだけども!変容してくんだよ!発信者も受け手もな!!!
 だがしかしもちろん!よいものはよいし、よいものを見ないよりは見たほうが人生のためになる!!そこは絶対!なので、行かれる方はどうぞどうぞ〜!!!
 んで。Tさんおつきあいありがとう〜!つって、そそくさと現場をあとに交差点のところの『大坊珈琲店』へと移動しー。
 ここでTさんの「健康美化計画」を拝聴したのです。いったんやめたジム通いの再開、重ねてナントカ合宿的なものへの参加!などなど、どうやら今年の彼女は「やったるでえー!」モードのよう。
 話せば長くなりますが、ワタクシこの数日前に「ただ焦って走っただけで」「平坦な道で」「派手に転んで」しまい、彼女だけでなく数人から「転ぶ…って?え?」と奇人変人扱いされたばかり!つー極度の運動音痴のため(オトナになって転ぶって相当珍しいみたいね…私はよくやるけど!)運動という運動はすべて大嫌い!!!動くくらいなら太ったほうがマシ!な生き物ですから、
 進んで身体を動かすなんて、それだけでエライなア〜!!!とかって尊敬しちゃうんですけれども(とはいえ。旅行を含めお出かけやらお散歩は大大大好きですし、駅まで遠いので日々まったく動かないってのとは違うんで!そこで許されたいけども!!!要するに「スポーツ色を帯びだすと一切ダメ!!!」て話なのでR!)、
 美容にも健康にもそれ(運動と類されるもの)を導入するのはとってもよろしくてよ〜ん☆なのはいくらなんでも知ってますので、友達の決意は純粋に応援してまーすッ!!!(応援だけかよ…)精進してくだされー!!!

 そしてそして。そうそう、
 件のTさん健康美化計画の一貫である合宿…に持っていくオススメ本とかをついでに訊かれてつらつら答えたんですが、家に帰ってから思い出したものに、アレがあったのよー!!!『和子の部屋』!!!
 合宿に持参する限定で最適!!!てんでもないですし、そういえば書いてなかったのでこの機に乗じて記しておきますけれども、
 ミエコが〜あべさんと〜結婚したときに〜読みたくなって〜図書館で借りたこの本!!(だからけっこう昔!)が。予想してたよりはるかにおもしろかったんです!
 阿部和重さんが徹子のごとく客人を呼びいれ(女性作家限定)そのお悩みに答える、てものですが、そこに!「知人・友人程度だったころの」川上未映子さんが出てくるわけー!!!
 その温度感が知りたくて(ミーハーだなアおい!)手にしたっつーなりゆきなのですが、お目当てのミエコのはそれはそれとして(写真だけでOK☆つー自分の浅はかさ、プラス「想定内の悩みと回答」だったので)…ほかの作家の方々のが妙によくて!
 わけても、絵國さんやもう一人の川上さんや桐野さんといった…年齢層が上のひとたちの「いろいろ重ねた感じ」とか「だからこそ!のそぎ落とされた純度の高さ」とか「和子との差異、あるいは共通性」が大変興味深かったんでした。
 (若い作家さんたちは、お年頃のせいか色恋関係ばっかりで→とくに「それと職業の兼ね合い」問題 「ふうむー。やっぱり恋愛体質のヒトのほーが小説家って向いてるのかねえー」と、総じておばあちゃんみたいな反応しかできない終わってる私!であったことよ…)
 阿部さん…前から思ってますけども、まずもってカッコイーしねええー!!!
 書いてるものはああいった風でもご本人は(見た目がよくて才能があるのに!)非常に謙虚で、相談相手としても(悩みを打ち明けた女性作家全員が褒めたたえるように)なかなか理論派で多角的な視点を持っておられ、おお向いてるなアー!と感心した自分だったのでした。
 おかげさまでなかなかいい時間を過ごすことができ、読んでよかったナアー!と。気持ちよく本を閉じることができました。よろしければ、万人向けと思うのでぜひ〜。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
それにつけても喫茶店から通りを見下ろす気分のよさといったらない。 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる