平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS 「百合子さん」と武田百合子を自然に呼ぶ姿にもシビれました。

<<   作成日時 : 2012/09/04 11:41   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 8/26に行った市川慎子さんと浅生ハルミンさんのトークショーの覚書です。

 ハルミンさんのツイートでイベントを知り、「月島かア〜」とじゃっかん及び腰になりましたけれども(私の住む地域からだと東側は気分的にけっこうな距離が…)市川さんの!お顔を!見てみたい〜!!!という猫をも殺す好奇心が抑えられず(あとハルミンさんの愉快なトークも聞きたかったし!)予約完了ー。
 ええ、ワタクシ、そのご容貌を…いつだったかな〜? クウネルでちらっと見てカワイーイ!!!と感激して以来、興味津々☆だったものですから〜。(ネットの古本屋さんの見た目がどうであれ質には関係ないんですが、かわいいほういいじゃない!かわいいのはいいじゃない!つーガールっ気でつい…)
 なにしろ私の好きな「黒目黒髪色白細め」系の極上のかわいらしさ!!!さすが世に出る人は違う〜(違)!!!文学少女はこうでないと〜(正)!!!
 と。そんな彼女の新刊『東北 おやつ紀行』の出版を記念して行われたトークショーだったわけですけれども、
 もともと市川さんの文章を好きな私は一足先にそれを読み、「お菓子との対峙ってその人の内面を表すなあ〜」と妙に感心していたのでした。(あと、自分は下戸なのであれだけれども、お酒もたぶん…。お酒とのつき合いかたにも人間の中身が良くも悪くも出ますよねえ〜)
 言い換えれば。よくある(ってえとナンだが)「カワイイお菓子☆」「カワイイ手土産★」みたいな安直エッセイと、こりゃかなり違うゾ!!!と。
 …**を食べた。こういう感じ(見た目とか素材とか調理方法とか味とか)で、このお店で購入。この地域によく伝わるお菓子のようだ。でも、今はおばあちゃんしか作れない模様…といった「お菓子についての記述」と、それにまつわる彼女の話(かの地に向かったきっかけなど。つっても格段「制覇−!」みたいなんじゃなくて、お祭りがあるから〜とか温泉にいきたくて〜とかのラフでプリミティブな欲求ばかり)が記されたごく王道の内容なのですが、
 それが「既存の、見飽きた例のアレ」とどう違うかって…一言であらわすならば「ほっこり」「かわいい」「乙女」的ムードがゼロ!!!てところ。
 市川さんが郡山に住んでらしたときめぐった「東北各地」ですから(あちらの人の多くがそうであるように)足は基本「車」。高速や国道使ってバーンと走ってって、どこで下りてどこに止めて(それがたいてい「産直」なのよねん…)野菜やら餅やらを買うついでに「土地のお菓子」を見つける…とー。
 最初は発表する気もなかったとおっしゃるだけあって、実に淡々としたさまです。日常の一部。派手さ皆無。いわゆるスイーツ臭なんてするわけない!売るほうも「これで人気ブロガーに食いつかれりゃ儲かりまんなア〜」とかまったく目論んでなーい!(だっておばあちゃんはブログとか知らないしー)(てか東北弁じゃないし…)
 そんな心構え??? が文章にも表れて「センスいいでしょ???」「カワイイでしょ???」みたいな押しつけがましさは一切!!!感じられず(たとえ本当にかわいくとも!)、
 市川さん自ら素直に触れ、食べ、驚き、感心したままをてらいなく書いているがため、結果的に「東北文化」みたいな面まで浮き彫りにされて…ゆるふわどころか!!!むしろ、かなりの男前…とお見受けしたしだいです。

 そんなこんなで。
 市川さんはどんな人かなー??? ハルミンさんどんなカッコしてくるかなー??? と、ミーハー丸出しで出かけた当日は暑いことこの上ない真夏日でしたが、スタッフの方もみなさん感じよく〜(ABCのとかと違って椅子が不揃いだったりシャレオツ度が低いというかほぼなかったりで…ほほえましかったわ!)、
 なんの前フリもなし!!!に、市川さんとハルミンさんがだら〜っと(だら〜っと…はしてないか。ふらっと?)現れたときなど、こちらがビビったほどでした。(MCとか進行とか…もうちょっと…ホラアー!)
 客層は一瞥するだに「地味」「高年齢」でしたけれども、会場にいらしてた岡崎さん(あの古本の、でっせ〜??)が「今日は女子率が高いなア〜。海月さんハルミンさんパワーおそるべしだねえ!!!」と感嘆の声をあげてらっしゃったものですから…そ、そ、そうなのか〜??? と。勉強になりました…!(?)
 なににせよ。ハルミンさんは自由で独特なペースと発想がおもしろく、市川さんは芯が強そ〜うできらきらした瞳とつやつや黒髪のおかっぱがかわいらしく(ハルミンさんがかわいくないというわけではないですぞ!彼女のチャームは一生ものと思います!)お二人とも文章どおりの魅力あふれる「好みのしっかりした」素敵な女の人でしたことよー。
 暑かったけど…大江戸線大嫌いだけど…行ってよかったでえーす!!!(ハルミンさん→猫 市川さん→犬 や〜!!!と強く思ったことも書き添えておきたいけれども…見た目も!内面も!)
 ハルミンさんの聞き上手ぶりがまたすばらしくてネー。見るからに誰彼となくぺらぺら喋る人ではなさそうな市川さんでしたのに、
 そこは心許した相手ゆえ!!!自然に〜のびのびと〜引越しのこととか〜車のこととか〜こけし界隈には不案内なこととかまでも〜(でもやっぱり目利きはイケてる作家のに手が伸びるのねえ〜!)い〜い感じ〜に蛇行しながらとめどなくお話されていらして、聞いててとても楽しかったワア〜!!!
 あと!読んでて私も気になったし、ハルミンさんもひっかかったらしい、いかにもおとなしくてインドアっぽい市川さんが「バンバン運転するくだり」ねー!!!
 自分がゴールド免許ドライバーだ…つーせいだけでなく!「(イナカの)車派」が生み出すイメージ(ってあるじゃないですかア〜悪いけどォ〜)によって、「その人種」を相当色眼鏡で見まくってきた私…てかハルミンさんもそこらへんずばりおっしゃってたけれども!!!
 ネ??? いわゆる「ヘンな音楽聴いてどこでも車でいって半径数メートル内でケコーン相手を選び一生地域を出ない輩っしょー???」的なアレ!!!アレでしょー???っていうー。
 そんな「決めつけ」こそ!!!偏狭だったと!!!縛られてたのはこっちだったんだナアーと!!!改めさせられましたよねえ〜市川さんの(本来の意味での)「自然体」な物言いで。「ちゃんとした人」も地方で車乗ってんだなアーって!!!(偏見もちすぎ…)
 (そりゃ車便利よねえ〜好きに動けるし〜子どもちゃんなんていた日にゃなおさら〜なに買っても乗せられるしい〜)
 市川さんは「都心は落ち着かない性分」だそうで、震災後福島を離れるにあたっても東京に住むなど考えられず、「ここならいいかな〜?」と思えた大磯に現在お住まいらしいのですが、
 そこもね!!!キーキー言う人たちがいたじゃないですかア〜??? さんざん都会のうまみを味わいながら!(オシャレ業でイメージマージンを吸い上げる冴えたやりかた)原発事故後はさっさと神奈川の太平洋側(ださくない海辺)とか沖縄に移住して、その後「引っ越した理由」とかとうとうと語っちゃうようなさア〜!!!
 ああゆうのを神奈川育ち東京在住の私は「なんなのよもー!」とかってけっこうムカついてたんですけど、そっちの匂いが市川さんにはマジでゼロだったから!!!同じ行動をとってても、胡散臭さとか野心とかいやらしさはにじみ出るんだよ!!!オイ、わかったかーッ!!!(無力な人間の無力な、僻地での叫び)
 あと。「震災」については…ど真ん中の話は本にも出ず、トークでもあえて言及されませんでしたが、
 それが逆に「重み」を感じさせるものになっていた、とだけは記録しておきたいです。本当〜の本当〜につらかったり怖かったり、思い出したくない出来事を、人は簡単に口にはできないですよね。やっぱりね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「百合子さん」と武田百合子を自然に呼ぶ姿にもシビれました。 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる