平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS 先々週のたいしたことない話をいまごろ。

<<   作成日時 : 2012/11/05 11:47   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 こんにちは。急に涼しく…どころか「寒く」なり、体調を崩されている方が多いですね。お大事に…!(浮かぶいくつかのお顔に向けて、念)
 そんな季節のせいか、自分もまた体調がいまひとつすぐれないせいか、日記をあまり書く気が…や、そもそも残しておきたいような日々を過ごしておらぬ悲しみよ、て感じ〜…に加えて!!!ココの編集ページが長期間(1週間とか!)ログインできない状態だった因果でもーテンションだだ下がり〜!!!となりつつ。

 とっくの昔になりますが、先々週土曜日の話をば〜。
 両親がうちのほうに来る用事があり(ゆうても電車で20分)「お店予約しておいてくれればご馳走するわよー!」と景気いいことを言ってくれたのを幸い、家族3人でご飯を食べてまいりました。
 育った家庭はどちらかといえば「食」に寛容で、全員好き嫌いもさほどなく(微妙にはあるけれど、吐くとか蕁麻疹とかはゼロ)、父親だけ!がお酒好きなので(ほかは今後死ぬまで一滴も飲まなくても困らん種族)彼のためアルコールを摂取できるところならなんでもイイ!日本酒でもワインでも!逆にいうと飲めないのがヤ!みたいなー。要するにファミレスから割烹までどこでも大丈夫!
 なものですから〜一部悪名高い「食べログ」的な〜そーゆうアレで〜近所を検索しまして〜「あまり高くなくて、でも一人ではいかないだろうなア〜」くらいのレストランを見つけ、予約〜したしだいです。
 (追記として、どうでもいい…つか、そんなんお前がどうにかせい!情報だけれども、うちのすご〜く近くに隠れ家的に有名?って日本語どうなのよ〜なお寿司屋さんがありましてー。そこがほんとーは自身一番行ってみたいところなんですが、いうまでもなく高価!とともに、意識的に敷居を高くしてるっつうのー??? そげなオーラをびんびん放っちゃってるから〜あたしゃ生涯入らないネ!否、入れない予定〜!なのです。メルセデスの工場で働く男は一生メルセデスには乗れない!つーアレに…違うけど似てるソレよー)
 両親が仲よし、なのは人間形成において激しく恵まれたことだと聞きますが、ラッキーにも親戚見渡して「どう贔屓目に見ても不仲!」な夫婦はいない状態で育った私は、子どものころには「それが当たり前」と思っており。
 もちろん横暴だったり無体な男の人はいたし、自分勝手かつ感情的すぎて「**おじさん、よくアレと暮らして平気だなー」と小5の私すらあきれるような女の人もいたけれど(ゴメン存命)なんだかんだ別れる気配は皆無で、
 わけても私の大嫌いな夫婦が一組いるんですけど、その人たちはその人たちで愛し合っちゃってて〜価値観が異常に一致し(他人とは思えない同一ぶりなんよね〜)ヘンはヘンなりに世界を築き、まともな人らを敵とみなして結束が年を追うごとに固まり…「元来似てる同士が結婚」し、「長い年月ともに暮らすうち、お互いが支えになり、褒めあってさらに判断基準を強固にし、<私たちが正しい!><他人の常識のなさにびっくり!><戦わなきゃ!>」つって〜独自に応援しあい幸せそうですらあったりなんかしちゃってサアー!
 唯一の弊害は「周りが不幸になる」って点!!!ネ!!!それを抜かせば万事OK!なんですけどォ〜ゆうてもそこがマジ重要!!!じゃないですかアー??? 社会の一員としては!!!
 親族ときっぱり絶縁して地球の裏側にでも行ってくれれば問題ないのだが、そーゆうやつらに限ってことあるごとにしゃしゃりでてきて親戚をげんなりさせやがる…(大吉せんせいもおっしゃった、どの一族にもいるアレな!)
 でもでもとにかく!!!その夫婦が登場するたび、疲弊しながらもムカつきながらも!私は思うのです。「結婚ってすごい!!!」と。
 血のつながりがあって…育ててくれたり一緒に学校行ったり旅行に行ったり内緒話したりして30近くまで一緒に暮らした人と徹底抗戦し、憎み合う羽目になってでも!味方でいたい相手に出会うってすさまじくね??? 愛…ていうか「暮らし」「環境」「慣れ」って、なににも勝るのネー!
 要は「文化」ですもんね。文化が成り立っちゃってるから「他人」なぞ立ち入れさせず、話に耳を傾けるわけもなし(意見はすべて「あっちが頭がおかしい!」で片付けておしまい!そーゆう「王国」だから!)…嗚呼、伴侶が見つかるってすばらしい!!!とくに変わり者にとっては!!!!
 つってー。またまたまたまた蛇行してしまいましたが、そーいうためしもありますゆえ、
 私の育った家庭が「まとも」である証左もないのだけれど、ひとつはっきりいえるのは、両親仲良く、母が父を立てる構造の家で育てられてよかったわー!と、正しい正しくないはさておき、自分は今感謝している!ということです。
 母が父を(尊敬半分面倒臭いから半分で)ムダに持ち上げてきたせいでこちらはとばっちりをずいぶん受けたし、超法規的な事態もあったし現在もありますけど、総じて!総じて〜!!「平和」「円満」への近道として「昭和時代」「大企業の滅私奉公サラリーマンが大黒柱の家庭」においてはアレが一等いいやり方だっただろうし、
 現ファミリーにそれが当てはまるかとか今のお嬢さん方ができるかっつーのは別として、私は「割と将来に不安を抱かなくていい家庭環境」でよかったなー!!!と思っているのです。
 なんといっても。こうしてときどき「外で会う」とき、両親の仲が(仮面じゃなく)うるわしい…って気分いいもの〜。純粋に(上記に述べた「スゲエ作用があんだなー」て意味じゃなく!)「結婚っていいな〜」って思えるから。実の親でも。
 ええ、そんなことを娘は主に考えたランチでしたねー。充分おいしく接客もよかったのはもちろんですが!(あと、外だと「将来が不安」とか「結婚をあきらめるな」とかぶちぶち言われないですむから、後味もさわやかだったワン☆)

 んでもって。その(家族とか親族とかの〜)アレで思い出した「最近読んだ本」を一冊挙げておきますと。
 会田誠氏の『カリコリせんとや生まれけむ』!!!!これがちょーうおもしろかった!!!徹頭徹尾おもしろかったで〜す!!!(語彙が少ない…どころか一個!ですみません)
 私は会田氏の美術にも文章にも熱烈な愛情…まではいかねど、慕い続けてきたつもりでしたが…これを今の今までスルーしてたンだからたいしたもんじゃなかったワア〜。出会えてよかった!!!読めてよかった!!!丸ごともっていかれました。
 ソウルが震えたよー。嘘じゃないよー。こういう文章書けるのってうらやまし〜!!!なーんて軽口など失礼に当たってしまうような、「読める自分(のめぐり合わせ)にKANSHA!」の域!!!の書物であった。
 (パンピーの一方的妄想と暴走のなせるわざ!だが)好きな文章を書く異性が既婚だったり結婚したりすると若干がっかりするガーリィ脳(またの名をバカ)の私…とはいえ。氏に関しては以前から「さすがにちょっと勘弁なー!!!」(勝手)だったものですから、
 そっち方向においても!!!奥様との関係や彼女の悩み、そして「星の子」と呼ばれる息子ちゃんの成長(?)に接する両親(会田夫婦)のあれこれには興味しんしん…プラス〜!!!
 それをあの比類なき文章で著されちゃうなんて!!!オモロイに決まってるゥー!!!中だるみ一切ナシ!!!運動神経の悪い者に文章のヘタな人はいませ〜んッ!!!
 てか、なぜ霊長類の長である人類が、もれなく(権力や教育などの名の元に)ボールを人間とか的とか網とかに当てたり入れたり(じゃなかったら身体かけて阻止したり)しなきゃいけないのか??? そーいった慣例に懐疑的になったり憂えたりしなかった人はやはり信用できないわーい!!!とあらためて激しく感じたしだいです。
 このテの人は不況にも強いから安心!!!(?)だし、日本の宝!!!といえましょうー。
 (イキオイのまま) ハイ、そんなこんなで今日はこれにておしまーい!!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
先々週のたいしたことない話をいまごろ。 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる