平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS あの子の七五三。

<<   作成日時 : 2012/11/09 11:33   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 そして〜!先週土曜日、11/3は。
 姪っ子の七五三祭りに参加…というか、ご飯だけ食べにいく親戚の人!となったのでした。
 弟に「まきも写真館とか神社に来ればいいのに〜」と誘われちょう嬉しかったですが「フツーおばさんの立場でそんなとこまでいくもんなの…」と腰がひけ、お昼から弟のうちに合流することに。
 そろそろ着くよ〜ん!と電話したらば、母に「**ちゃん、もう着物脱ぎたいっていってるけど、まきちゃんが見たがってるから待っててーって止めてるのー。早くおいで!」とせかされ途中からダーッシュ!!!だってだって…姪っ子の七五三姿が見られなかったら、この日の意義はゼロですものー。
 そんな小走り(本人は走ってるつもりでも、他人からはスキップ程度のスピードしか出ないのがオレのポテンシャル)の甲斐あって!無事!お着物&ベスト…ていうか〜ちゃんちゃんこ的なアレ…を着用する姪っ子を見られて感激〜!!!
 やばい!!!カワイイ!!!「へへ〜」「オセショーしたの〜(お化粧、の意)」なーんておめかししてるのがうれしくてたまらない様子です。
 女の子っていいわね〜。自身はこんなにわかりやすく「かわいい」3歳じゃなかった気がするけど…パンパンだったし〜(両親とも当時「は」ガリガリだったので誰も心配しなかったようですが、私は4つくらいまでDEBUだったのであ〜る!幼稚園まで引きずらなくてよかったヨ…そーゆうのは容易に「いじめ」に転じますからのう〜)
 弟の家にいくともれなくついてくる「犬充!」特典も謳歌しながら、アイホン子で姪っ子ちゃんを激写&熱写!!!
 最近の子は産まれながらに撮られなれてるため、シャッター音がしてもレンズが向いても緊張しないし自然な意味での「変な顔」もしないんだわネ〜と隔世の感を覚えつつ(あえての「ヘン顔」は当然やりまくるけどサ幼児だから!)
 着物姿で両祖父にビールのお酌をするその愛らしさに目じりを下げるなどなど(缶ビールの細い口からジョッキにうまく傾けて注げるだなんて…3歳で、この子天才なんじゃないのー??? と伯母バカ思考も炸裂)楽しいひとときを過ごしました。
 朝早くからの着付け→写真館で撮影→神社で祈祷 をこなしてきた弟夫婦はさぞやお疲れだろうに…我々を歓待し、お寿司までとってくれて…和気藹々遅めのお昼へ突入〜!したのですが、
 その時間帯の環境ビデオだってもちろん!姪っ子の「保育園の運動会」で〜。これまた「立派に育って…うっうっう」と感動せずにいられないもの!!!
 まさに「なーんにもできない!」状態で生まれ出でた赤子が…3年たつと、待てといったら待ち、走れといったら走り、お姉さんぶって周りを仕切ったり、お父さんお母さんを見つけて余裕で手を振ったり、あろうことか!先生に教えてもらったとおり踊ったり太鼓たたいたりするなんて!!!人間はなんちゅう優れた生物や〜!!!
 わけても。私が(贔屓目抜きにしても!)驚いたのがですねえー。姪っ子は3歳だから走ったり踊ったりする幼児集団のなかでは一番チビなんですけれども、
 太鼓をね!両手にバチ持って叩くんですが、「フリ全部覚えて」!!!かつ!「リズムが狂わない」のー!!!!ビデオ見りゃ一目瞭然!!!
 ほかの子は、姪っ子よりお兄さんお姉さんでも…年考えりゃ当然なんですけども「自信がないからおそるおそる」「隣の子を見たりして」るせいで…やや遅れたり、キメの手を左右間違えたりするんですが、
 彼女は一切隣を見ず!!!音楽に合わせ次から次へ間違えず!!!挙句、最後のワ〜みたいな動き(小沢くんのでいうと「パーラーラー」的な〜)の箇所では「とりあえず終わるーよかったー」なほかの子どもらを尻目に、腰までちゃんと!!!リズムに乗って!!!振っちゃってえ〜!!!
 こーれーはー!!!将来有望!!!なのではないでしょうか??? さすがU.S.A.のハイスクールでドラムを始め(ていうとかっこいいけどたまたまだし、ハードロックからだからね〜ちょいダサ系アメリカンティーンお約束の)、大学はおろか、そこからずーっと「現在まで」!!!趣味とはいえドラムを続けている父(弟)の愛娘!!!
 彼自らビデオ指しながら「コレ、走ってるよーに見えるけど周りが遅いんだからね〜!あと前奏が終わりでピタッと入れてんの気づいた??」と説明&ご満悦です。
 私が「リズムセクションに合ってるもんね。血だねえ〜!」というと、すかさず「だろ???」ってー。ハピネス!!!
 なににしろ、歌や運動と並んでリズムの音痴も残念ながら矯正しきれぬものだからして…(中学からベースに憧れ、晴れてベースを始めた先輩と一緒にバンド組んだとき、そのリズム感のなさにゃめちゃくちゃ苦しめられたからサアー。やる気と才能は比例しないんだ!って。ドラムがリズム感なけりゃあからさますぎてバカにもわかるけれど、ベースが乱れると「ほかの人が間違ってるよーに聞こえる」のもメーワクだったし!!!)
 姪っ子はここでひとつ!「他人に誇れる天賦の才!!!」に恵まれただけでもよかったことよ〜★と思いました。(気が早い!&外部から!) 何者かになりたいと願ったとき、障害は少ないほうがいいに決まってますからー。
 ありがたいことに、やさしい弟の奥さんが「お姉さんはゆっくりしてってくださいよー」とそれぞれの親が帰る際言ってくれたので、そのまま私はかわいこちゃんと犬のいる広いマンションに残り、ずーっとずーっとおしゃべりして過ごし〜(主にそれぞれの人間関係とか〜好きな有名人とか〜既婚も独身も大変な話とか〜)。
 女どものおしゃべりについていけない姪っ子や弟はすっかり寝たりしてましたが、自分は大満足!!!!
 さまざまな方面から大満足のよい休日!!!でありました。めでたい方面の儀式っていいですよねえ〜。主催する側は大変だろうけれども、参加するほうは!!!
 以来。会社の帰りなど、今日も姪っ子の七五三姿のアイホン写真を見てはニヤニヤしているキモい&ウザい伯母、の私ですことヨーン!!!てへ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あの子の七五三。 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる