平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS 楽しさのあまり翌日会社行くのがめちゃくちゃ憂鬱に…。

<<   作成日時 : 2013/04/09 17:22   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 4/4はとても楽しい日でした。
 会社をお休みし、一家そろって(だんなさんと娘ちゃんと息子ちゃん)ロンドンから東京に遊びにきている(彼女は東京育ちなので里帰りといえば里帰り)弥生さん(ネット名)と朝一番から遊んだのです!!!
 前日前々日と大嵐で「着くなりの悪天…予定びっしりだろうにお気の毒…!」と胸を痛めておりましたが、この日は一転してい〜いお天気に!
 桜は半減したけれど、お散歩大好きな私たち(渋谷でバイトしてたとき知り合ったため、渋谷→青山間など数え切れぬほど!おしゃべりしながら歩いたわ〜春夏秋冬)にとってはお天道様が最重要!!!やった〜。
 当日は終日「弥生さんの旧交をあたためデー」にあてたらしく、だんなさんと子どもたちはお台場めぐりへと。一家とは新橋のゆりかもめ乗換え口付近で待ち合わせです。
 英語がからきしの私は、ご家族ともいっぱい話したいのに到底ダメダメ!で。ロンドンで以前のおうちに泊めてもらった折もひどかったもんなアー。基本の挨拶と、おいしいとか楽しいとか眠いとかだけ…しかも単語の羅列!
 ほんの10分とはいえ、今回息子ちゃん(5歳)とは初対面、娘ちゃんに至ってはかなり成長しているはずなので(2〜3歳以来?)ここはなんとか!「悪い人ではないですよー」アピールをし、だんなさんには「おひさしぶり!また会えてうれしいです〜」的なことを伝えたい!!!
 てんで〜。あらかじめ帰国子女の弟(のち外資で労働等)に「こーゆう会話文をイイ感じでぜひ!丸暗記して言いたいのー!」とたずね、台本のよーにブツブツ覚えて出向いたのです。が!
 ま〜あんまりうまくは言えなかったよねえ〜〜〜〜〜。弟が悪いんじゃなくて(「そっか!こーいう会話ができてこそやな〜簡易な単語と文法で、時制は完璧に!」っつーいかしたやつを教えてくれたので)緊張と笑顔の狭間で…うやむやに…あらかたは伝わったと信じたいですが!!!
 でー(ふりきるように!) ご家族と別れ、私と山手線で恵比寿に向かう弥生さんは車中から「日本はおだやかね〜」とにっこり…。ワカル!外国の地下鉄は24時間緊迫&雑然感であふれてますから〜。それに比べ、昨今物騒になったゆうてもわが国の交通機関や街の清潔で安全で親切なこと…!!!自分が総理大臣やってるわけじゃないですが、そこはほんと誇り!ダダ下がりしないでほしい部分であります!
 と、このあたりですでにおもしろかったのが(メール等でうすうす気づいてたが)弥生さんの「小町でさ〜」てのの頻発ぶり…!!!
 日本のテレビ事情にも私より詳しく(係長の結婚問題など)「結婚したほうがいいとは一概にいえないし、外国人のなかでもA(だんなさん)は子育てにすごく協力的だからさ〜働きながら主婦と母はどこでも大変よ〜。小町見ると日本はさらにすさまじいでしょホラ…!」みたいな感じでなんかもう「自然に現・東京に即している」。なんなら「事情通!」レベルです。
 まあね〜ネットがこんなんなるはるか昔から、世界中どこでも「都会」ならば「日本の田舎」よりずっと「東京に近かった」んですけどね。言葉こそ違うけれど悩みや希望や感覚は似たり寄ったりで、家賃が高いとか隣人がヘンとか満員電車がイヤとか区域によって治安が違うとか〜同じ同じ!
 弥生さんは元来「地方で自給自足を!」とか「癒されたいから海の見える場所に…」とか考える人ではまったくなく、移住先も…ロンドンでなかったらNYだったかもしれないけど〜みたいなのはあっても、カナダとかオーストラリアに住む気は皆無で、(当然努力も苦しみもあったでしょうが)引っ越したその先で仕事も伴侶も見つけて今に至る…みたいな〜都会、というか「都心」で一生を終える人!なのです。
 そんな彼女がこの時代に生きていればこうなって当然なんだけれども、もーなんの特別さもなく会った瞬間からペラペラ日本語を話し(7,8年前のほうが言葉に詰まってた印象)、ネット用語を華麗に使い、ポッドキャストをがんがん聴き(KOKOUやナーメテーターがさらっと出てくるんやで…!)、
 蔦屋書店では「これウタさんが読書特集で薦めてたやつだ〜日本語の高くて原書で読んだけどあまりおもしろくなかったわあ〜」とか…それ、いつも会ってるほかの友達とマジで同じ会話だってーの!!!(や、私、アートスピリット、和訳でもまったく読む気起こらなかったんで…サーセン!)
 要するに。普通〜&平熱〜のまま、ちょう楽し〜い!!!!時間を過ごせた!っちゅう話ですわー。
 例年ならばまだまだ桜の残る時期なので、それを見越して予定をたてた際ナカメでお昼食べようか〜つってたんですが、何度もいうように花はもうなく。
 っても次のお友達との待ち合わせも恵比寿だそうなので、ぶらぶら歩いて予定どおり中目黒まで出て〜(この途中で蔦屋書店に入ったのー)(娘ちゃんの好きなバンドやファッションの傾向もいっぱい聞きました。いろいろ若い!若い話を耳にするって新鮮な!!!)川沿いのカフェでゴハンー!!!
 ここでじーっくり!!!「会社のモンスター」について語り合ったのでした。
 なんの因果か…私たち二人とも現在、職場に狂った(考え方&反応が完全におかしい)人がいて心底悩まされておるものですから〜!!!(冗談じゃなく体調壊す寸前)
 で、一種感心もしたんですけど…青い地球の東西問わず「おかしい人」って似てるんだなアー!!!と。
 明白にみっともない…自分だったら恥ずかしくて(バカだと思われるから)できない行為をヘーキで!やれるっていうねえー。マアだからこそおかしいんだし、そんなことしてまでこっちに打撃を与えたいのかって考えるとまた激しく傷つきもしますが、
 それとは別に!おかしい人には共通の「幼稚さ」「つじつまのあわなさ」「精神の不安定」「焦り」「不満」等があって。すべてにおいて「冷静に考えれば…弥生さんも私もそれらにさほど関与していない」にも関わらず!!!
 些細なきっかけとか、ただそこにいるからとか、大まかにはタイミング…たぶん…としかいいようがないことで!!!ヤツらに八つ当たりされてしまう!こっちは穏便に働きたいだけなのに〜!!!
 はあ〜。せっかく数年ぶりに…何千か何万マイルだかわからんが、遠ーく離れた場所から飛んで来た彼女と暗い話をしたくもなかったんですが、お互いぶちまけあえてある意味よかったよかった〜!!!
 (笑い話にはできるからね…。てか、ほんとにおかしーし!!!小学生? ギャグ? ってことを連日よ〜?)このテのアレは口にするだけで気が楽になるって部分もあるわけだしさ!!!
 そんなこんなで。いーっぱい話したあとはまた歩いて恵比寿へ〜。歩くのが苦でない友人ってすばらしい!
 駅で私も以前お会いしたSさんと次の待ち合わせということで、その時間までベンチでしつこくトークし…ひとこと挨拶もさせてもらって〜!!!(変わってない!キャハハー!!!と言い合い)お別れしたのでした。
 弥生さんの…気持ちよく楽天的なところ、他人のせいにしないところ、安定しているところ、を私は大好きだし、今回あらためて!「話し方もすごい好きだなー」と思ったしだいです。声のトーンとか大きさとか速度とか。
 よいお友達だ!!!またなにかの折に遊びたいわ〜!!!そして、一家の東京ホリディズが満足できるものになるよう、ステイ先に近い千代田区からこうしてる今も祈る自分でありまーすッ!!! 以上!

 といったところでー。ここからは余談ですが。
 弥生さんと恵比寿で別れたあと、私、かねてから行きたかった横浜の古着屋さんに向かいまして〜。生来の方向音痴を発揮しまくってけっこー迷ったんですが、なんとかたどりつけたんです!
 サイト見て「よさそう!!!」とわくわくしてた予感的中!!!でも遠い!!!
 とはいえ。10年通ったお店を失った今、ここに気持ちを移していくしかないナ〜という覚悟もある!!!
 だってさ〜やっぱり古着屋ってアガるのよ!!!かわいいものに出会える喜びや、店員さんといきなり仲良しになれるあの感覚をなくしたくない!!!
 今後はひと月に一回ペースで通ってしまうココロの予定なので、こちらについてはいつか記すとして〜。
 上記の閉めてしまったお店のほうに…実は後日談があり!!!どなたも特に知りたくないかもな話ですが、そこらへんあらためて書きたい!!!ので〜その節はなにとぞ! →人生とは…てマジ考えちゃう内容だけど…!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
まきちゃ〜ん、その節はどうも〜。そちらは黄金週間真っ盛りだね。横浜の古着屋さん、良かったのね。私は入る洋服あるか分からないけれどまきちゃんが絶賛の店、今度は一緒に連れてって〜。見てみたいな。

子供達と夫には気持ちを新たに日本語を強制しているので次回はもうちょっと会話が楽しめるようにと思うわ。特に下の子は日本だったら小学一年生だから余計に力が入っているの。そしてようやく寝室を一部屋提供できる家に越せたので次回ヨーロッパに来る時は是非泊まっていってね。古着屋やマーケット巡りしよう!

小町、現実とは違う歪んだ世界だとは思いつつ怖いもの見たさで読んじゃうのよね。お恥ずかしい。そして確かに今の方がずっと日本人かつ日本関連のネット情報に触れられているわ。でもきっと本場日本在住の人からしたら遅れてたり間違ってたりな用語を使っているとは思うの。ポッドキャストをまきちゃんに教えて貰って本当に楽しい世界が広がった!ありがとう。
弥生
2013/05/03 22:03
弥生さん!こちらこそ楽しい一日をありがとうねー。
おっしゃるとおり、今はゴールデンウィークの只中で、お天気にも恵まれたいい日だけれど、あの日からずいぶん経っちゃってなんか寂しいわ〜。またぜひ!東京に遊びにきてねー。私もそちらに飛んでいきたい!そのためにはマネーを…!

語学に関しては…そうね…私が上達するより御宅の方々がジャパニーズをやったほうが早い気はちょうするけど、ああいう機会があると危機感ハンパなくてさ…それをバネにもうちょっとなんとかせねば!
あとさ、娘ちゃん、結局耳どうしたのかしらー? メールできくの忘れちゃったからここに書いてしまうけども。

それから、小町に詳しい件!あくまで微笑ましいというか、日本の現況に簡単に触れられる時代でよかったねーって感じだったからさ。全然平気!極端な世界、って百も承知なのも伝わってきたし。
んで、Podcastは私にとっても暮らしの支えですし〜!分かち合えてちょう嬉しいよ!ちょうどいいんだよね、生活の邪魔にならずに、でもその気になったらいくらでも…!みたいなところが。文明素晴らしい!

とにかく、基本、ひとの核みたいのって変わらないんだなーっていい意味で感じいったわん。あのときは。話し方も考え方も。
また会える日を楽しみにしてる〜!!!まだまだ遊ぼう!おしゃべりしよう!
まき。
2013/05/05 13:03
結局ピアスの穴あけサービスをやっているお店に行き当たらず空けてないよ。空けてピアス買ってもそんな細かい物の管理ができずにすぐ無くす可能性が大!
弥生
2013/05/07 21:39
そっかそっかー。遅かれ早かれ本人がやりたいことはやっちゃうしねえ〜。ロンドンの医療事情(というか清潔事情)も信頼に足るものかもしれないし!
かわいいから絶対似合うと思うわー。いくつも開けそうなイキオイもあるけれども。今の調子だと。
今度会うときは地毛の色もわかるかしらん? ふふふ。
まき。
2013/05/08 10:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
楽しさのあまり翌日会社行くのがめちゃくちゃ憂鬱に…。 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる