平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS 鍵をなくす人。聞き耳をたてる人。

<<   作成日時 : 2013/04/24 13:08   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 花の色うつりにけりないたずらに〜人を〜愛してはだめ〜って…誰の歌だっけ〜昔のアイドルの〜。と考え、今ネットに聞いてみましたら「渡辺典子」でした。顔もおぼろげだけれど、お元気でいらっしゃるでしょうか。
 とにかく!古今集の時代からそうなんです!人の気持ちは変わる。断然変わる。まったく同じテンションで何十年もいられる人なんていないってうちのお母さんも言ってたもん!!!
 (父へ愛情がそうだそうですヨ。ちなみに離婚を考えたことは1秒もないそうで、夫婦仲は親ながらいいのですが、1年くらい一人暮らしをしたいわ〜とは何度も考えたらしい。わかる〜。子どもが巣立った現在は一人の部屋をもらい、習い事をし、旅行に出かけ、英検とか受けちゃってバンバン合格し、一人でガシガシ出かけてますよ。わかるわかる〜。 以上、身内のひとくちメモでした)
 とくに。相手が自分を知らない場合。一方通行の情熱が続くのはどんくらいが平均なんだろうか。1年? 2年?

 みたいなことを。つい先日(たった一週間前!)単独を見て考えてしまったばかりの!エレキが2ヶ月に一度やるイベントにいってきたんだヨー!!!寒い寒〜い日曜日に。
 いろいろな方角から前回行ければ万事オッケーだったんですが…なにぶんこれまでまったくeプラスにつながらなくて!!!ずーっとチケットを取り損ねてたのです。あまりのアクセス集中ぶりに今回初めて「次の画面」に移ったとき10秒くらい「夢かも…」ってぼーっとしちゃいましたから。その隙にさくさくアレコレ打ち込めっつーの!って話ですけども。
 そんなわけで整理番号はたいしたことなかったんですが、行けるだけでうれしいーきゃー!!!念願かなった!!!って〜「オサエた瞬間」はたいそう盛り上がったもんですわア〜。
 ところがどっこい!時の流れ(超短期だけど)は非情なもの。いきなり彼らへのファン心が降下しはじめ(っても。単独がおもしろくなかったとかラジオで決定的な一言を聞いてしまったとかじゃないんです!そもそも明らかな「壁」が存在してるから〜彼らの場合〜無我夢中になりようもない仕組みだってとこあるし〜)、
 なんでまたわざわざ寒い日曜日に…と自分で申し込んでおきながらダウナーになったりなんかしちゃってー。
 で、も!!貧乏性なのと、もう二度と取れないかもしれないのと(つながったのが僥倖!の思いは消えない)、
 なにより!!!毎度彼らのイベント(逆探知を恐れてタイトルは書きません!)にはサプライズゲストが出るのですが、それが前回!カツキさんだったってゆーじゃない!!!すっげえおもしろかったってさー!(そりゃそうだろうよ)もし彼クラスのゲストが今晩やってきたら??? 欠席なんてしてらんないでしょーがッ!!!
 とまあ〜そーいうフックで…ええ…出かけてきたんですけれども〜。(あっけなくトーンダウン)
 ロフトプラスワンは歌舞伎町にあり、どう控えめにいっても猥雑な、長居したくない場所で。(私にとって)
 開場ぎりぎりに着き「整理番号10番までのかた〜」とかやってんのを横目に(列のあたりにごみが散乱して汚かったから)呼ばれたら行きゃいいや〜つって柱の影でぼーっとポッドキャスト聴いてましたら(エレ片じゃないやつ)とある男性がふらっと現れ、見上げたら知ってる顔だったので条件反射で「いまだちさん…?」とつぶやいたら、呼ばれた彼も見知らぬ女性とはいえ自分の名前だからか脊髄反射で「うぃーす」と言ってくれてうれしかったです。そこそこ。→そこそこなんかい…
 さて入場し…大切なのは席ですが、なんせ番号が悪いため選択肢があまりなく…桟敷の下に一列あるベンチの前から3番目へ。ここはテーブルがないので不便ですけどステージはまあまあ近い。対角線上にでかい人間が来なければ…!!!(来ましたけどね…体が大きいうえ髪が異様にタテヨコにふくらんでいる女が!)
 で。開演までが想像以上の地獄でえ〜「この場だけでなれあう集団」がいてサア〜!!!桟敷(私の後ろ頭上)に「ネットのファンのなかで有名らしい人」が座ってたようで、何人も挨拶に来て落ち着かねーし、
 そいつが隣の女と(これまたネットで知り合ったっぽい「お笑いにうるさい2人組」。初々しさも異性としての意識も感じられなかった…声だけっていろいろ伝わるナ〜)「あそこの…こないだちょっとしゃべった…」「**さん?」「彼女ってけっこういってる?」「知らなーい。年齢って同性は結構聞かないもん。でも30は過ぎてるっしょ」「そっかー。男はけっこう年で近づくときあるけどね。女って微妙〜こええ〜。でも若くはないか。腕の質感とか…それで茶髪はねえだろっつー」「30過ぎのほうが染めるんだよ〜あゆとかひなの世代だから」「あ、腕っていえばさ〜いまだちさんけっこう腕毛濃いの知ってた? 知らないか、君そんな近くで見たことないもんね」…
 みたいな会話を繰り広げててえ〜!!!男とか女じゃなく!!!お前(頭上の男)が一番(いやなたとえとしての)「女みてーなこと」言ってんじゃねーか!!!
 一介のファンのくせにさア〜ツイッターとかFB必死に追いつつ似顔絵とか描いちゃって〜(そこはいいじゃん…)「ホラ仁さーん!!!けっこう似てね???」とかはしゃいじゃって〜。うるせえんだよ!!!
 そいつの顔を見るためにはぐいっと振り向かなければいけないので我慢&放置していましたが(休憩にすかさず見たが!メガネの小太りだった)、
 エレキが登壇し…割と自由に写真撮らせてくれて〜もちろん熱がいつまで続くかわからないミーハーの私は撮ったんですけども、そのときも頭上から「俺らチームは絶対撮らないよね〜」って声が降りてきて…「もーやだ!ヘンなところで無駄な選民意識を持つ輩って!!!」とうんざりにとどめを刺されましたヨー!

 って。そんな男のこたアどうでもいいわッ!!!イベントの内容!!!ね!!!
 前半の二人のだらだらトークは楽しかったでーす☆☆☆ 基本Yは愚痴ばっかでしたけど、客前を意識したそれだから(贔屓目ではなく、流れもオチもあったもの〜)おもしろく!ラジオから入った私は練られたコントよりこっちのほうが確実に好き!!!と思いました。
 いまだちさんの盗み聞き話がまたかわいくてサアー。エレ片では完全に「二枚目」「モテ役」扱いの彼がJUNK大集合ではとくにかっこよくもなくてショッキングでしたけど(あの日の一番は設楽さんね!これはもう…昔見た極楽の加藤さんもだけど、やっぱフツーにかっこいい順でかっこよく感じるんだよ人間の視覚は…自然の摂理だ仕方ない…。それでまた話ずれるけど、この間会社でヒロシで有名なてっぺー君を見ましたが、つくりものみたいにちっさくて人形のよーに愛らしかったです!)、
 Yの横にいると「かっこいいな〜いまだちさん!」ってなるのには(我ながら冷静に)感心いたしました。
 しかしそんな私はY推し!!!つまんねー話題への半笑いとかイケメン舞台を小ばかにする表情とか犬(こぶし)の仕草のまねとかぜーんぶぐっときたわア〜。犬顔の人は犬のモノマネするといいよ!!!犬好きにモテるから!!!(ピンポイントすぎるテクかしらん…)
 Yトークでマンションの鍵をなくした(1年前になくしていまだ管理会社に言えてない)てえのがあったけど、確かに〜何重にもセキュリティかかってると住民1人鍵なくしただけで大変なことになるので〜アレも一種都会の闇っていうか…だからって他人がひょいと軽々入り込めちゃうよーなところに住むのもゲーノージンとしてはアレだと思うが…なかなか大変よねえ〜。うーむ。
 そのほか、キップ切られたり新幹線の乗車券なくしたり水出しコーヒー飲めなさそうで飲んだり、Yのついてないカードがそろった件のおしゃべりは堪能した…の、で、す、けれども〜!!!

 問題は、後半!!!!
 ゲストの方たちに根本的な文句はないんですが(本気で!許可局、前から聴いてるし〜前田あっちゃんのとか3回聴いたし〜)正直マキタさんの偉大さを痛感したネ!!!
 彼がやわらかく(抽象的に)まとめて届ける力が通常すこぶる効いてたんだなア〜!理論理論でロジックの組み立てから声高に説かれる時間が長〜く続くと、疲弊する…つーか、ぶっちゃけ私は「飽きました」!!!
 お笑い論でも演劇論でも聞くのも話すのも好きな人は大勢いらっしゃるでしょうし言論は自由だと100パー思いますけど、やりたい人だけで明け方までやればいいんじゃね??? になっちゃうんだよ自分はすぐ…それを深〜く思い知りました!(思い知って以降も延々となると、それはいつしか拷問にナ!!!)
 当方の祖母が教師で、上からの物言いが当たり前&論理を通せば正義&バカは下等&異論は認めない みたいなパターンに長年ヤラれ続けた身ゆえ余計あのテのしゃべりに嫌気がさしたのかもしれませんが、
 (私、初孫だったけど「つい甘やかしちゃうー」とか1ミリもなかったからね!従兄弟で麻布から旧帝大に進んだ子→これが3兄弟そろってのキャリアだからすごいんだけどさ〜 はかわいがられてたが、その彼ですら「何か持ってって、ありがとうって言われたの晩年だけだった」って…いくら教師として優れていようとそんなババア!血縁はたまらんわ〜)
 インテリは大歓迎だけど「高圧的に教え諭す」体勢の人はダメなんだな!!!とつくづく感じいったしだいです。
 そして「もうその話は聞きたくない!」のチャンネルに入ってからの己の凶暴性もひさしぶりに見た…けれども、この話は長くなるのでいずれ…!!!(否!しません)

 ええ。そんな夜だったのでしたー。
 後味はアレでしたけど、次回も幸運に恵まれ行けるならばいきたいなアー!!!てい〜う〜(例の「むかつく出欠の返事」パターンじゃなく、実際そうだからよ)で、今度はゲストが(自分と)相性いい人を望むわ〜☆(勝手!)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鍵をなくす人。聞き耳をたてる人。 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる