平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS バナナの皮ですべって転ぶのは万国共通。歴史もちょう長い。

<<   作成日時 : 2013/05/24 12:45   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 先週土曜日。ベネルクス三国より帰国した(ビジネスクラスの優雅な旅よ〜うらやましいわ〜身内ながら!)両親から「お土産も渡したいし、ごちそうしてあげるからいらっしゃーい!」と誘われまして。
 プラス!そろそろ実家であまちゃんまとめ見をしとかねば禁断症状が…!なタイミングだったもので、おなじみの通院を午前中に終え、一路実家へと向かったのです。
 家の見える角を曲がると、母と姪っ子が「まきちゃーん!」と玄関の前で手を振ってくれ伯母さん大感激!かわいいのなんの!世のお父さんお母さんはこういうのをかてに働けるんだろうなー。つか、ぶっちゃけ小動物を一瞬にして激しく飼いたくなりましたわ〜。なついてる生き物が迎えてくれる喜びを再び…!って。
 (そーそー余談ですが。いつだったか近所でめっちゃ尻尾振って喜び勇んでほえてるトイプーに会い、なつっこい子やな〜と思ってたら連れてるお姉さんが「もしかしてお客様ですか? 一度でもお貸しした人のこと忘れないんですよーこの子」ってーの!感動!!!私は忘れてたのに!→正直トイプーとかそんな数時間で顔まで覚えられないし、そもそも1年近く前の話よ??? 犬ってすごい!!!裏切るよーなやつは百万回死ね!)
 んで。実家でしばし皆で談笑したののち「蟹食べいこう〜♪」(20世紀ソング)ゆうてそれぞれの車でブーン!!
 (姪っ子が「おじいちゃんおばあちゃんのほうに乗りたい!」とできすぎ愛され発言をしたため、都合私が弟夫婦と一緒に…へへへ楽しかった!車中の主な話題はピーズ。トモが独身でハルが既婚となんの根拠もなく決めつけてたもので「逆だったんかい…!」とそーゆう勘が当たりゃしない己をかみしめたしだいです。別にニブくたって誰にも迷惑かけないからいいんだけどー)
 蟹はおいしかったですヨもちろん!!!毎日食べたいものではないが、たまに食べるとホラア〜!
 あんなおっかねー見てくれ(とても食べ物とは…ウニもですが、堅くて痛くて不気味でなにが入ってるか予想もつかない類)のモンを…よくま〜とっつかまえてかっさばいて口にしたな先人は!の思いはぬぐえませんが。
 おなかすいてたのかなー? すいてたんだよねー。昔(江戸時代とか)の人って信じられないくらい低カロリーで生きてたらしいからサ〜。穀物と、魚一尾一日一回!みたいな。肉とか平民には手に入りにくかったろーし保存もできないし調理方法も限られるししょーがないけども。
 食べすぎも偏りもよくないといわれて久しい現代ですが、「空腹」を本気で耐えられない!私としては、つくづく今に生きててよかったし、戦争に限らず、食物がなくなる事態(ゲンパツの影響等含め、大人ひとりがまじめに働いて食べていけない社会とか許さないヨ!)は勘弁してほしい!おかしいやろ!先進国として!
 と…やや話が大風呂敷になりましたが、ヒコーキとかもですけど〜お子ちゃんがいるとサービスがまるで違うのにいたく感心したしだいです。お子様ランチなんてすっごいおいしそうだしィ〜(正直私はこの量でいい!蟹もプリンも食べたいし!)なんつったって、おまけ!!!ちょう選び放題!うらやましかったわ〜3歳児が。
 最初ビーズのセットを握ってたけど、めったに会わない私ですら「お前のキャラとちゃうやろ!」だったためかすぐ手放し、次フリスビーに興味を持つもいくらなんでも3歳幼女には…ということでプリキュア水鉄砲に決定!
 大人たちものぞきこんであーだこーだ言え、料理がくるまでいい暇つぶしができました。たまにってのが大きいんだろうけど、ちっちゃい子がいる場の華やぎは格別やー。
 でもなんか…私には子どもは育てられなさそうだわー!と、同時にはっきり思ったりなど。子どもが大好きで欲しくて独身で高齢で低収入だったならばひどくつらかろうが、言い訳とか自分をなだめるためでなく、子ども…自分に…??? いやいやいや〜ないわ!!!のみだからさア〜感覚として。目の当たりにすると余計。第一すっごいほしかったことないし。
 ほかにもいろいろいろいろ理由はありますが、<「子育てや子どもを持ちたい欲」が今までほぼない>のも私の未婚の大きな要因だなアー!って。
 「命がけで!」「がむしゃらに!」したい!やりとげたい!事柄ですら可能かわかんない人間の生涯で、全身全霊かけた気迫で取り組む姿勢なしに…ご縁とかあるわけないじゃなーい!と素直に納得できちゃうもんニャー。
 (もっともっと激しく能動的に活動し、きれいで料理も上手で尽くすタイプの女性ですらたどりつけるかわからない桃源郷なのだから、かの地は… →そもそも存在すんの?? 持続して?? て疑惑もあるが)
 みたいな〜シケた話はこの際いいとして!!!
 数日前帰ってきたばかりで疲れてるかと思いきや割に元気そうな両親の、孫見て喜ぶ様子に私も「よかったよかった〜☆」(なにも貢献してないけども)と、とても満足した日だったとゆうことでえーす!めでたしめでたし!

 
 えーくわえて。(ほんのメモ程度ですが)最近読んで記憶に残った本を挙げておきますとー。

● 『トリュフォーの手紙』 山田宏一 
 厚さにひるみ積ン読歴が長かったのを後悔した一冊!読み始めたら一気!!!でした。
 ゴダールもだけど、トリュフォーって若いときかっこいいのヨー。才能と負けん気に満ちた青年はみな光ってる〜☆て話なだけかもしれませんけども。(あと、フランスやイタリアの若者の「くだけてるときでも襟つきの服」ての…「思い出のスナップ」とかで見るとTシャツとかよりやっぱり断然セクシーやなア!とも)
 意気盛んな彼の、膨大な量の手紙(恋に仕事に常に前のめり!パッション込めまくり!)も興味深く、時系列順にい〜い感じで読み進められました。わかりやすく知性あふれる山田先生の文章にもおおいに助けていただき。

● 『ゴロツキはいつも食卓を襲う』 福田里香
 福田センセの…冷静に分析してんだか情熱にまかせっぱなしなんだかわからん独自にぐいぐいくるフード理論集!!!です。
 ちょっとした合間に2つ3つ読むのが暮らしのとてもいいアクセントになりました。アタイもカーチェイスののちふっとばされた果物屋のまわりで住民の一人として肩すくめたいワ!!!とか思ったし〜(とりわけスカイフォールの序盤に出たかったゼ☆)
 オノナツメさんのイラストも、ものによっては相性がありそうですけれども…ここではめっちゃグー!さすがの人選!楽しい本ですよー。

● 『僕たちは絶望の中にいる』 村岡清子
 初期岡崎まんがにも出てくる「才女」村岡さん。私は彼女の『少女のゆくえ』や『私たちは大人少女』がたいそう好きで、これも図書館で見つけて飛びついたのです。が。インタビュイーがここまで若者だと「いわゆるひとつの閉塞感スか…」でまとめてしまいたい気持ちが免れえなかった…。う〜む。
 大変ねえ〜今のヤングは…貧乏とかアタマが悪くなくても暗いことしか言えなくて。(気のせいか昔の若者よりバカっぽいしサー。有名大学の学生でもこんな主旨一貫しない浅い会話しかできないもんかと。口ばっかり達者で理想論をぶつ人とか今は存在しないのかしらん???)
 「桐島、」などで描かれるイケイケの子はここにはまったく出てきません。あいつらがいいかってえと断じて違うけど、もんやりした後味だったわ…!

● 『本人伝説』 南伸坊
 このなかでは純粋に一番!おもしろかったです!!!!(瀧の口ぶりで)
 「顔や髪型・体格を寄せると思考までも似る」のはある程度理解・予想・実感できることですが、ここまで(アナログすぎる手段でしぶとく)長い年月やり続けると…もう本人としか思えない出来になるのネー。くくく!
 ミッチャン型ですね。批判というより「愛」がそうさせる。鳩山夫人や草間弥生などハンパない降霊ぶりでした。口調も内容も。
 シンボーさんとまったく!似てない人でも、雑にメイク&顔マネ&テキトーに撮影(奥様の文子さん、大好き!)すると「CG処理よりそれっぽく」なるところも毎度のことながらほほえましく〜。
 (ただ、政治家の様変わりぶりには感心するやらため息が出るやら…でしたが。ほとんどが「懐かしい…こんな人いたなア〜」って顔ぶれなんだもの)

 近頃はマアそんな感じだったでしょうかねえ…。いずれにせよ、長くなったので〜〜〜〜〜以上!おしまい!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
バナナの皮ですべって転ぶのは万国共通。歴史もちょう長い。 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる